聖教新聞PR版より

「未来を常に見つめて進むのだ
人生は過去に囚われるものではない。
いな
囚われてはいけない。」

池田先生の言葉に、今日も勇気づけられる


特集はいじめと向き合う

私の、大好きな夜回り先生こと水谷修さんが載っていた
友人にあげてしまったので、手元にないが、「いいんだよ」という本がとってもよかった
水谷さんの講演で購入したものだ。
彼の講演は、涙なしでは聴けない。
以前夜の街で知り合った少女たちを思い出すからだ。
病院の近くで、彼女たちと出会った。
入院患者もいるし、ここでしゃべってたら、迷惑になるよ。
よかったら、うちに来ないかと、話しかけた。
素直に私の誘いにのった彼女たち。
当時、我が家は個人会館をやっていた。
その一室に、彼女たちを連れてきた。ただ、話がしたかった。
1人の少女が言う。おばちゃんとこ、学会だね。うちもそうだよ。
聴くと、中学の時の同級生で、全員高校生だと言う。
夜中の2時過ぎである。
家には居場所がないのだと。
そして、1人の少女には、リストカットの痕が。
私は、何も言わず彼女を抱きしめた。
生きてね。何があっても、生き抜いてね。
あえて名前も聞かなかった。今はどうしているかわからない。
もう一度会えたら言いたい。
おばちゃん 元気で生きているよ。と
[PR]
Commented by peko at 2016-05-15 20:32 x
ちよさん、過去記事でコメント失礼。

なんか泣けてきちゃった。

彼女達、幸せならいいね
Commented by tomotiyoo at 2016-05-15 20:59
pekoちゃん ありがとう
多分 同じ墨田区に住んでいると思うのです
祈っているけど 未だに会えない
忘れないでいたいです
by tomotiyoo | 2013-10-27 00:00 | Comments(2)