書いたり消したり

読んで頂いている皆様
書いたり、消したり、忙しいブログで、申し訳ありません。
創価学会員である以上、よき市民であろうと思うのは、当たり前の事ですよね。
だから、自分の行為に自信のない時は、謙虚に記事を消して、考える時間を下さい。
そして、自分で調べて、指導を受けて、自信をもてるまで、お待ちいただくこともあります。
上から目線の、私。
謙虚に謙虚に、そうしていきたいと思っています。

池田先生の随筆 広布の賢者の壮年部(P28)に                
「仏典には、仏を指して、「出世の長者」と言われ、この長者には、「魔(ま)を降し外(くだしげ)を制す(せいす)」力があるとも示されている(御書818ページ。)
 仏の大力を出せ!卑劣な魔の蠢動を打ち破り、外にも厳として勝て。
そして、健気な婦人部や女子部を護り抜け。   
これこそ、”男の戦い” である なかんずく地域や職場で信頼されゆく壮年の戦いだ。」

婦人部の私が、壮年部の指針って、違和感がある と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、何だかしっくりいくんだな。
折伏する相手が、男性が多いので、地元の男子部・壮年部には大変お世話になっています。
四者仲良くが、いいですね。


出世の長者は、仏は三世の真如実際の中より生ず、功成り、道著われて、十号極り無し、法財万徳、悉く皆具に満せり、十力雄猛にして、魔を降し外を制す、

私も早く出世の長者になりたーい。
[PR]

by tomotiyoo | 2013-10-29 13:30 | Comments(1)

Commented at 2013-10-31 03:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。