還暦を迎えて(養父の体験より)

60歳で定年を迎え、私が知らないところで、誕生会を企画してくれ、学会の同志をはじめ、会社関係の人が集まってくれました。
すでに退職をした後輩まで、遠方から駆けつけてくれて、びっくりする出来事でした。
今振り返ると、定年まで勤められたことも、信心の大きな功徳だと思っています。というのも、55歳を過ぎた頃から、仕事にパソコンを使うことが増え、ついていけない私は、倉庫番のような仕事に回され、残業代もカット。年齢とともに、給料が、減らされていたのです。
年齢の割には、力だけは若い者に負けないぐらいありました。
57歳の夏には、大型トラックの運転手になろうと思いましたが、免許を取りに行くお金すらなく、借りられるはずの知り合いとも些細なことで喧嘩になり断念したのです。
今までの自分なら、すべてに嫌気がさしていたでしょう。
同志のみなさんから、「残業が無くなったっていう事は、学会活動が思いっきりできるってことだよ。福運をつけよう。」と激励され、定年になりました。
今まで、自分に足りなかった事は、努力と忍耐だという事を、実感しています。信心して、知らず知らずのうちに、自分を見つめることができ、気もかなり長くなりました。
これもひとえに、折伏の功徳だと思います。
連れて行けば、必ず入決は取れる。あとは、祈って結果を出すだけ。
先生の指導に、「体験に勝る折伏なし」
一晩がかりの対話で、当時の本部長に朝一番で面接をしてもらったこともあります。
朝から晩まで、頭の中は折伏の事。
飲みに行っても、次は誰に話そうかと、友人作り。
こんなに楽しいことは、人生で味わったことが、ありませんでした。

つづく

※誕生日会を開いたのは、選挙が近かったこともあり、定年後も交流を図っていきたいという、私の思いがありました。
私の、元旦那さんと、友人で、その店に誘い出し、着いたら皆が集まっていたということで、かなりびっくりしたようです。
当時は、だまされたと、かなり怒っていました。(素直じゃないね)
集まっていただいた方とは、今でも、交流しています。
[PR]
Commented by うるとらまん at 2013-11-07 12:08 x
素晴らしいな。こんなに楽しいことは、人生で味わったことが、ありませんでした。と言える境涯。私は、まだまだ、やらなければいけないという義務感がある。
学生時代はがむしゃらにやったけどね。今は、学生時代のような熱意ない。反省しています。
Commented by ちよ at 2013-11-07 14:09 x
うるとらまんさん こんにちわ
次も楽しみにしていて下さい
いつも、ありがとうございます
by tomotiyoo | 2013-11-07 00:00 | Comments(2)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ