真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

時代は変わる

その日の朝は、本部の唱題会。
母は、組織は違うのだが、唱題会には、誘うようにしている。
しばし会話。
「ここのところ、聖教新聞、やたら、広告多くない?思わず、注文しちゃうのよね」
「それって、文句?」
「アハハハハ。そういうわけじゃないけど」
「じゃあ 何よ」
「昔は,広告とるのが大変だったって、新聞社のOさんが言ってたから、いい時代になったなーと思って」
聞けば、この前もらったお茶も、聖教新聞の広告を見て買ったのだという

夜の会合
大好きなNさんが、派遣で、違うところに行くと聞いた。
10時間唱題を、一緒にやってくれた方です。
地元の文化会館で、たまたま隣り合わせになって、会合の前にしばし一緒に唱題。
当分、一緒にお題目をあげる機会もなくなると思うと、感慨深かった。
会合は、勤行から。
そして、人事紹介。
活動報告
婦人部あいさつ
Kちゃんの、あいさつ
幹部指導
活動報告が、どなたも素晴らしかったのだが、男子部がとってもよかった。
あら あららら あー。
○坊の息子さんなのね。(お坊さんではありません)
途中から納得。
皆さんにも聞かせてあげたかったな。
今は、原稿ゲットできるかどうか、思案中。
kちゃんの話もよかった。
昔、一緒に戦った仲間の、現在の様子が、話されていた。
うーん 素晴らしい
これじゃ、読んでる人、何だかちっとも分からないよね。
ただ、感動して、さあ 今日から又がんばろうと、思ったよ
最後に、聖教新聞の、広告は、宣伝効果 大 という幹部のお話。
広告に載せた、ある商品の売り上げが、大手、新聞の4倍ほどあったという。
朝、母と話していたことと、ぴったり。
その後、聖教新聞の、CM2本見せていただいた。
図書館編と、ブラスバンド(バンガードかな?)編
どっちもよかったですよ。
図書館編は、ここに遊びに来てくださる方のブログで、以前、見させていただきました。
時代は変わったね。
[PR]
Commented by ‡大 野 武 士‡ at 2013-11-27 07:08 x
お早うございます。そしてはじめまして。大野武士と申します。イプシロンさんの掲示板に書き込みをさせて頂いた者です。

私はちよさんの支持者でなければお友達でもありませんが、貴方の振る舞いには共感できると思っています。
本日の記事もちよさんの等身大の日常がうかがえる素敵な記事ですね。
記事の内容とはちょっと逸れるかもしれませんが、無関係な閲覧者であっても、見る人はじっと見つめていますよとの意を込めて、こちらに書き込みをさせていただきます。

これまで、友人との仏法対話を進めていて、ネット上の学会員の言動の粗暴さを批判されることがありました。

私は、一般会員の心ない行為が、創価学会全体の信用を失いかねない事態を招くことがあるのではないかと懸念してきました。
言い換えれば、ネットを観ている相手に、ご自分の投稿がどのような印象や影響を与えるかを考えて欲しいと思ってきたのです。
ネットで自身の信仰を語るのであれば、智慧を働かせ、賢明な冷静さで対処して欲しいと願ってきたのです。
Commented by ‡大 野 武 士‡ at 2013-11-27 07:09 x

その意味において、ちよさんの「言葉遣い」は好ましいものだと感じています。
ネット上で学会のことを調べようとする多くの閲覧者にとって、一つのテーマの前後関係や背景事情などには目を通しません。
ざっとななめ読みする程度です。そういった人々にとって、創価学会員を称する人々が、激しい言動で罵詈雑言の応酬をしていることは眉を顰めること以外の何ものでもありません。

ネットでは「依法不依人」ということが良く語られています。
しかし、大聖人がご存命でいらっしゃらない以上、依法不依人を語る人物の「人間性」は注意深く見つめていくべきだと思います。

法の正しさのみに注目するならば、日顕宗(日蓮正宗宗門)も同じ三大秘法の御本尊をたもち、東日本大震災に哀悼の意を示すなど、「一応の形式」は整えています。
法の正しさと同じくらい大切なのはその人の人間性であり、丁寧な言葉づかいや細やかな配慮が出来るかどうかだと思います。
Commented by ‡大 野 武 士‡ at 2013-11-27 07:10 x
ちよさんは、ご自分に反対する意見者に対しても、まず相手の立場を尊重し、意見を受け止めた上でご自分の考えを伝えるご努力を重ねてこられました。
相手の意見を受け入れないことと、相手の意見を根っこからぶった斬って否定することは似て非なるものです。この違いをきちんとご理解なさっておいでの点が素晴らしいものだと感じています。

もちろん、私もちよさんの意見を全面的に肯定するものではありません。部分部分では考え方の違う部分もあります。しかしそれは瑣末なものです。

広宣流布は、妙法に一切衆生を縁させる未だかつてない民衆運動です。
仏界から地獄界のありとあらゆる衆生を味方にしていかなければならない活動です。
世の中にはウマの合う人合わない人、気難しい性格の人、ちょっと変わった人、実に色々います。

しかし仏は「言辞柔軟 悦可衆心」です。
真心のこもった温かい言葉と笑顔で相手の心をつかんでいく振る舞いをするのが仏です。
他人の心を傷つけ、相手の反発を買う言葉に価値はありません。
Commented by ‡大 野 武 士‡ at 2013-11-27 07:10 x
私たちは皆が「三惑未断の凡夫」です。
もしかしたら、ちよさんにも直すべき短所があるのかもしれませんし、私にも直すべき短所がたくさんあります。
しかし、信仰を同じくする同志であるならば、包み込むような言動の丁寧さをもって相手を導いていくべきであり、それこそが学会伝統の「指導主義」だと私は信じています。

なによりも、一念三千の仏法です。自分が変われば相手も変わると説くのが創価学会の信仰です。
もしもちよさんのあり方を批判するのであれば、ちよさんの心を納得させることができない自身の言動の粗暴さや人格の未熟さこそ猛省すべきだと思います。

突然やってきて長々一方的な書き込みをしてしまい、誠にすみません。
お辛いこともたくさんあるでしょうが、挫けずに頑張って下さい。

どうかちよさんの日々の信心が楽しいものでありますように。

‡大 野 武 士‡
Commented by tomotiyoo at 2013-11-27 09:37
‡大 野 武 士‡さん こちらでは、はじめましてです
本当に、ありがたいです
あちらでのコメントも、見させて頂いて、お礼を言いたかったのですが、遠慮してしました
信心に遠慮など要らない と年中言っているくせに、だめですね(反省)
ここに来ていただく方は、おかげ様で、皆さん 「どちらの味方でもない」と、仰ってくださってます
それがありがたいと思います
喧嘩をしているわけじゃないのですから

大野さんの5つの言葉には、うんうん そうだよね とつぶやきながら、読んでいました
そしてありがとうと言いたかった気持ち、こちらへおいでくださって、それが言える 私の思いが通じたと、またご本尊様へ感謝の題目あげさせていただきます
私は、自称不良学会員でありまして、本当は気も荒く、言葉も汚い
でも、まじめな学会員さんに対して、そのように振舞えないというのが、現実なのです
麻蓬の性ですかね
ネットの世界で、教わっているということでもあると思うのです
Commented by tomotiyoo at 2013-11-27 09:38
顔もわからない、声もわからない、その中で、心を伝える難しさも感じています
先日も、ちょっとした、誤解を生じるようなことがありましたが、おかげさまで、電話番号を、教えていただくことができて、話せばなんと言うことはない と、そんな感想を持った次第です
50を過ぎて、正直に生きようと、できれば素直になりたいね というのが、今の私です
自分の失敗を通して、若い人には、同じ思いをしないですむように、そんな気持ちでおります
大野さんのコメントが、たくさんの人に影響を与えてくれると、信じておりますので、そこ違うぞ、俺はこう思う なんて事があったら、どんどん教えてください
私も、頑固ですので、へーそうなのー と言いながら、ちっとも変わらないかもしれませんが、その時は、祈ってやってください
なんて、他力本願なんでしょうね(笑)

私の場合、厳しい事を言う時は、直接会って言う事にしています
会えない場合は、電話ですかね
それもできない場合は、鍵コメで
Commented by tomotiyoo at 2013-11-27 09:38
でも、私が言われる場合は、できれば、鍵コメでないほうがいいです
そうすれば、私も勉強になるだけじゃなく、読んでいる人のためにもなることが多いと思いますから
これからもよろしくお願いいたします
本当にありがとうございます
by ちよ
Commented by うるとらまん at 2013-11-27 14:38 x
ちょさん、元喜そうでなによりです。私は、自称不良学会員でありまして、本当は気も荒く、言葉も汚いとありましたね。
それでいいんじゃないかなと思うんです。
真面目でなければならない、婦人部らしくしなければならないとなると違和感あります。不良学会員である自分を自然体で語ったほうがいいと思います。ちよさんが信心でこのように変わりました。幸せになりました不良学会員ですでいいと思う。
もちろん、信心は常識豊かにですから人を不愉快にする表現は慎むことも大事です。
創価のブログでは真面目なのが多いけど私は、こんな自分だよと自分をさらけ出しているブログが好きだね。
Commented by うるとらまん at 2013-11-27 14:51 x
続き
信心している人、見てない人で創価のブログをみてどう判断するかは教学に興味ある人は教学のことを書いているブログように人それぞれ。
ちょさんはちょさんらしく、時にはつまずきながら楽しくブログしてほしいな。
うちの耳が聞こえないくくるの乙女は耳が聞こえないから音楽は無理と言っていたけど今では音楽を楽しいんでいるよ。
技術は未熟。だけど精一杯練習し仲間と音楽を楽しむことを一番に考え、それが今度の金曜日は宮崎でライブだよ。
人生は楽しくいかなければ損だと思う。
Commented by tomotiyoo at 2013-11-27 18:10
うるとらまんさん
こんばんわ
ありのままがいいですね
背伸びをしても、どっちにしろ、147cmしかありませんので(笑)
以前、耳が聞こえない人の、千手観音を見て感動し、今は、くくるの乙女のブログで、元喜をもらっています
音楽は、音を楽しむ
完璧でなくったって、人を笑顔に出来ますから、私も、カラオケで楽しんでます
宮崎から、北上するのかしら?
皆さんに、宜しくお伝えください
ブログで、参加します
by ちよ
Commented by ハキム at 2016-01-22 23:54 x
大野さん、ウルトラマンさん、ちよさんの屈託ない素晴らしい&ステキなコメントのやりとり拝見させていただきました~♪
ありがとうございました(´▽`)ノ
Commented by tomotiyoo at 2016-01-23 00:14
ハキムさん こんばんは
もう2年以上前ですね
基本 性格は あんまり 変わってません
変えようとも思いません(笑)
変わったのは 信心の確信と 持続です
これも ブログをはじめたおかげです
コメント ありがとう

by tomotiyoo | 2013-11-27 00:00 | Comments(12)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ