真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

どうして願いがかなわないの?

「その時こそ、御書を開くんです。
御書を拝し、学ぶことは、日蓮大聖人の大生命に触れることです。
勇気がわかないはずがない。
無限に智慧がわき、大いなる希望がわく。
そして誓いも新たに、題目を唱え、現実に立ち向かっていくんです。」と
12月号 未来ジャーナル 先生の未来対話から

そして、先生の好きな御書はなんですかという質問に、「たくさんあります。、「座右の御書」の一つに、戸田先生から、「この御書は、絶対に命に刻んでおけ。学会の闘士は、この一節を忘れるな!」と教わった「御義口伝」の一節があります。」

御義口伝 P790
「いちねんに おくごうのしんろうをつくせば ほんらいむささんじん
「一念に億劫の辛労を尽せば本来無作の三身
ねんねんにおこるなり いわゆる なむみょうほうれんげきょうは
念念に起るなり所謂南無妙法蓮華経は
しょうじんぎょうなり」
精進行なり。」

そして、「またあの地、この地で、皆さんのご家族と共に拝してきた「開目抄」
の一節も大好きです。」と

開目抄P234
「われならびにわがでし しょなんありとも うたがうこころなくば
「我並びに我が弟子・諸難ありとも疑う心なくば
じねんにぶっかいにいたるべし」
自然に仏界にいたるべし」

先生が好きな、大聖人のお弟子さんは、南条時光と聞いた記憶がありますが・・・
(あくまでも記憶です。間違ってたらごめんなさい)

私が好きな、池田先生の御義口伝講義
「第三 阿闍世王の事
仏界があたかも総司令部のごとくになり、一切の性格、一切の執着、一切の欲望、一切の煩悩や苦しみ、怒り、嫉妬も、すべて変毒為薬し、用いていけるのである。
九界を、思うがままに遊戯(ゆうげ)し、人生の醍醐味をば、存分に味わうことができるのである。
総じて、現今の一切のいがみあい、修羅・葛藤も、大聖人の仏法が根底となったときに、しぜんに、全部が心を一つにした、よい意味での競争に変わり、お互いに激励し合い、啓発し合う姿となり、主義・主張の違いも、共通の立ち場を見いだし、人類発展の原因となることを信じてやまない。」と

修羅の命の強い私。
御義口伝講義、50周年の時に、何度も拝したところです。
「真実の仏法、人間性は、煩悩即菩提なのである。
苦境の社会にあって、生涯、常に、衆生所遊楽の、自由自在の人生を、生きゆくことが、最高の幸福というべきである。」 と
何年経っても、先生の、講義は、素晴らしい。
心にしみる。
何十年、何百年、何千年と経った時に、もっと光を増していくのであろう。
そして、またその時、もう一度、何度でも、拝していけるのかと思ったら、
自分自身も、もっと輝いていけると思える今日この頃です
[PR]
Commented by クローバー at 2013-11-27 21:52 x
ちよさん、大野様のコメント、良かったですね。私もとても嬉しいです。私もここのところずっとコメントしたかったのですが、何しろ文章で表現するのが苦手なんです。あれこれ思い悩んでいた時に大野様のコメントを読んで心から納得できスッキリしました。
私は相手を悪者にしてしまう生命の癖があるので、毎日、「人を悪者にしてはいけない」と戒めています。多分、コメントを書いていたなら誰かを悪者にしていたかもしれません。その意味でも大野様には深く感謝しています。
身・口・意の三業の積み重ねが自分の宿業をつくるとのご指導があります。今、心身の病を抱えて、深く自分自身を見つめ反省しています(家ではまだまだ暴言主婦ですが)。
これからも、ちよさんやお友だちのブログで元喜をいただき、健康になって使命を果たしてまいります。皆さんも日々健やかにお元喜ですごしてくださいね。
Commented by tomotiyoo at 2013-11-27 23:45
クローバーさん こんばんわ
おかげ様で、たくさんのいい方が、訪問してくださるようになりました
クローバーさんは、暴言主婦なんですか?
昔の私ですね(笑)
きっと、何か、不安や、不満を抱えているのではないですか?
何でも話せる、いい先輩を、見つけてくださいね
必ず、いますよ
いつも私に、優しい言葉をかけてくれる、幸せのクローバーさんですもの
どうか、スッキリした信心で、いい奥さんになってください
自分の、反省の思いもこめて、心を豊かにしていって頂きたいです
応援のお題目送りますね
いつも、ありがとうございます
by ちよ
by tomotiyoo | 2013-11-27 10:30 | Comments(2)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ