3.11 小樽問答記念日

「1955年(昭和30年)日蓮宗(身延派)と学会の間で、法の正邪を決することになった、あの小樽問答が起こる。
この時、学会側の司会を務めるとともに、運営の指揮をとったのが伸一であった。
彼は、衣の権威を振りかざし、純朴な学会員を見下し、苦しめた者たちを絶対に許せなかった。
邪悪の牙を完全に抜き取るために、この法論は、断固、大勝利しなければならなかった。
この法論は、伸一の司会第一声で、日蓮宗側を圧倒して、勝利の流れが開かれ、学会側の完全勝利に終わった。」
(新・人間革命蘇生 P80より抜粋)
くわしくは、人間革命第9巻「発端」「小樽問答」

先生は、何をしてもすごいよね。
ヤジの対策までしてたんだって。
「師子王は前三後一と申して・ありの子を取らんとするにも又たけきものを取らんとする時も・いきをひを出す事は・ただをなじき事なり、日蓮守護たる処の御本尊を・したため参らせ候事も師子王に・をとるべからず、経に云く「師子奮迅之力」とは是なり、」
先生のお姿に、思わず、この御書を思い出しました。
まずは、3.16そして4.2 5.3を目指して、さらなる前進をしていきましょう。
[PR]

by tomotiyoo | 2014-03-11 00:40 | Comments(5)

Commented by ハピネス at 2014-03-11 14:45 x
“身延の信者が、全国で何千、何万と、創価学会に、日蓮仏法の真髄の教えに帰依していることは、それが正しき証拠である!”
Commented by ちよ at 2014-03-11 16:00 x
そういう事だよね
私の周りには、もと身延の学会員は、いないけど、今折伏真っ最中の2人は、日蓮宗です
いつものSさんのところには、位牌しかありませんが、Hさん(民音に一諸に行き、お琴を誘ってくれた方)は去年旦那さんを亡くされ、戒名に60万円払ったと話してました
仏壇には、オレンジ色の小さめの曼荼羅が奉られてました
もっと早く、折伏してあげればよかったなと、反省
Commented by taicyan0402e at 2014-03-11 23:39
YouYubeだったと思うけど動画があったような(僕は動画で知ったから)
Commented by ちよ at 2014-03-12 05:56 x
太ちゃん おはよー
小樽問答の動画?
見たような気がする
あとで探してみます
Commented by tomotiyoo at 2014-03-12 14:52
先生 ハリのある声してるね
法華講員が、載せているのかしらね
この頃の日蓮正宗は、まだ、先生に護られていたんだね