心の病で悩む同志(とも)へ 2

愚痴になっちゃうけど・・・
あれだけ、先生が、近隣に配慮とか、拠点の方に配慮とか仰ってくれてたけど、
結構悩みました。
もともと私は、ハッキリものを言う正確なんだけど、旦那さん 優しすぎるんです。
いろいろな事、「言うな」と一言。
ストレス溜まりましたよ。
そして、バカボンパパ入会の前の年の12月。
叔母の、死がありました。
http://tomotiyoo.exblog.jp/21440963/
通夜のあと、一晩中飲みながら、一人で、お題目をあげていたと思います。
途中、10円玉をたくさん用意して、バカボンパパに電話していたような気がします。
とにかく、私の話を聞いてくれました。
愚痴ばかり言ってたんでしょうけど、そのうち、信心の話になっちゃうんですよね。
こんな、どうしょうもない私でも、ご本尊様は功徳をくれる。
そんな話だったと思います。

バカボンパパは、入会当時の事、あまり覚えていないようで、私の記憶によると、その前、同報に一度行き、我が家で、書類を書き、ポラロイドカメラで写真を撮ったような気がします。
新入会員の、会合は、楽しかったですね。
体験が、すごい。
功徳がバンバン出ている。
バカボンパパも、体験発表をしました。
この頃地区には、神戸から、震災でこちらに引越してきた、家族がいました。
バカボンパパは、ここの旦那さんと、仲良しになり、毎日のように会合後 通っていました。
とにかく、楽しかった。
折伏も、片っ端から、声をかけて、相手がやろうがやるまいが、そんな事はお構いなし。
最高にノってました。
旦那さんも、相変わらずいい人で、飲みに行くと、全て払ってくれて、3人分のタバコも買ってくれて、そのあとの飲み代まで、くれました。
自分は、仕事があるからと、先に帰り、私達は、いつものスナックへ。
そこで知り合った人を、うちへ連れてきて、折伏。
とにかく、どこでもなんでも、折伏しか頭になかった。
どちらかというと、折伏が苦手な旦那さん。
少しづつ、私達の距離が離れて、酔っ払って、私の口から出るのは、おじちゃんちの子になる おじちゃんちの子になる。そればかりだった。
旦那さんは、それでも、このわがまま娘(私の事を子供のようにかわいがってくれていました)最後に帰ってくるのは、自分のところ。そう信じていたようです。
他の人に、私のお守りは勤まらないと・・・

バカボンパパとは、随分喧嘩もしたけれど、私が酔って暴れていた時、かわいそうだと泣いてくれた。
おなべはへこむし、大変なことになっているのに。

躁鬱から、解離性同一性障害のような症状が、現れだした。
歌を作るのも、そんな部分なのかもしれない。
今の地区で、地区歌を作ろうと思っているが、もうそれから1年以上経っている。
ある程度の、歌詞やメロディーは出てくるが、そこから先が進まない。
以前は、1時間もかからなかったのに、どうして?と思う。
最初は、夢と現実が、分からなくなってきた。
朝起きると、旦那さんに文句を言っているそうだ。
最初のうちは、戸惑っていた旦那さんも、ああ また夢の話ね と 相手にしてくれなくなった。
それでも、私のことを心配な旦那さんは、仕事に行く時、バカボンパパに、私を預けることになった。
バカボンパパ曰く。キティーちゃんのぬいぐるみと、布団を持ってやってきて、そのままばたんと寝て、目が覚めると、赤ん坊のように手をグーパーした感じで、ぐずる。
寝たかなーと思うとぐずる。そんな事があったようです。

秋が苦手で、10月ごろになると、必ずといっていいほど、寝込む。
何もできなくなる。
それがいつまで続くのか分からない苛立ち。
今思い出そうとしても、それがいつごろの事だったのか、定かでない。

そうだ。バカボンパパが、信心する前、寝込んでいた時期があった。
その時の、私の頭の中は、辛いのは、自分の頭なのか、心なのか、そんなことを考えていたような気がする。
もし、先生が死んでしまったら、この学会はどうなってしまうんだろう?
そんな、心配をしても仕方のないこと、余計なお世話を心配して、もし私だけ生き残ってしまったら、と不安にかられ、眠れない日が続いていたんだ。
苦しくて苦しくて、助けてーと、心の中で叫んでいたような気がする。
あー 思い出してきた。
結婚して、6畳一間のアパートに、住んだ時、天気が悪いと、家の中に洗濯物を干すしかなく、げじげじみたいな変な虫が、出てきて嫌だったこと。
旦那さんが、朝に弱く(結婚前は、早朝勤行に通ってたんですがね)起こすだけで疲れてしまったこと。
新聞の、集金ができなくなった事。
折伏した、Fさんが、元喜かと家に来ると、気持ちが落ち込んで、元喜かと聞かないで欲しいといった事。
朝は、旦那さんに、がんばれーって言ってと、何度もお願いしたこと。
周りに、心の病の人が多かったこと。
そう、女子部の時の部員さんのお母さんが、入院されていて、お見舞いに行ったとき、ショックで、一晩泣いていた。
船橋、練馬、草加、越谷と3人の方の、お見舞いに病院へ行っている。
私は、入院して、病気が治るものではないと、直感した。
この病は、信心でしか治らないと。
旦那さんにも、それは、ずっといっていたと思う。
しかし、私が、病院へ行くといった時、よかった と一言。
バカボンパパに話したら、病院へはやらない、うちにいればいいと言ってくれた。
私が、唯一安らげる場。
それが、バカボンパパの部屋だった。
たまに、洗濯もできるようになった。
洗い物もできるようになった。
そうだ。また思い出した。
おませと言う、うちの猫が、猫エイズにかかった。
この子、母にこの子はどこでもかわいがられるから、捨ててきなと言われたような気がする。
それを、バカボンパパが、引き取ってくれたのだ。
それが、最初だ。
猫が行って、そのあと、私がバカボンパパのうちに行くようになったんだ。
そうそう。まだ、夜のバイトをしている頃、旦那さんは寝てしまって、待っててくれない。
そもそも、どうして、夜のバイトなんかしたかだ。
当時、友人は、子育ての真っ最中の人が多かった。
私は、子供が嫌いだった。
だんだん孤立していくような気がした。

今日は、このへんにしておこう。
きっと、読んでくれた人、よく分からないよね。
自分でも良くわからない。
分かっているのは、今 元喜だって事。

[PR]
Commented by taicyan0402e at 2014-03-20 09:16
船橋も草加も居たことあるよf^^;
Commented by ちよ at 2014-03-20 09:44 x
太ちゃん 久しぶりー
そうなんだ
草加は、近くにおしゃれなレストランがあって、外出許可もらって、その人と食べに行きました
その人は、今、とっても元喜ですよ
2月だったかな?
引越し先の地区で、体験やるって言ってた
彼女は、未遂もしてたんだけど、お題目で、乗り越えました
Commented by ラン at 2014-03-20 09:53 x
ちょこちゃん
元旦那さんて、本当に優しい人だったんですね☆彡✨
過去世では本当の親子だったかもしれませんね。
バカボンパパにちょこちゃんを託したのですね。
娘(ちょこちゃん)の今の活躍をみて、お父さん(元旦那さん)も安心しているでしょう✨
【先生が亡くなったらこの学会はどうなってしまうんだろう】
↑このことは、私が常に考えていることです。
先生がお元気なうちに先生とお約束した誓いは必ず果たしたい。絶対、後悔したくないと思って。。
師匠がいるうちは師匠に守られているけど、本当は先生が
亡くなられてからが本当の勝負なのかもしれませんね。
Commented by *cranberry* at 2014-03-20 10:51 x
こんばんは☆
バカボンパパさんの心の広さに感動しました
おいちゃんちの子になりたい人がもう一人
出現した意味が分かってきたような気がします^^
私は心の病を経験していないので
想像することしかできませんが・・・
両腕を広げて「飛びこんでおいで」と言って
シッカリ受け止められる人って、なかなか居ないと思います

私はちよさんと逆で、学生時代の友達は
結婚してない人が多いし
結婚してても子供がいない人が多くて
だんだん縁遠くなったような気がします
私が遠い場所に住んでいるというのも理由の一つだけど
お互いに住む世界が変わって
話題が合わなくなるんですよね^^;

昨夜、久しぶりに旦那と二人で
パット・メセニーのコンサートへ行ってきました ♪
生演奏は最高だと思いました^^
ちょっとバタバタしていてネットする時間がなかったので
プチご無沙汰しちゃいました(汗)
Commented by さくら at 2014-03-20 11:32 x
ちよさん。こんにちは!
>分かっているのは、今 元喜だって事。
過去があるから、今がある 今が元喜であるならば その過去も意味がある。
ならば、未来も・・きっと大丈夫!
ちよさんが「あなたなら大丈夫」って言ってくれたこと嬉しかったですよ。^^

午後から 学習会に行ってきます(^^)/
Commented by ちよ at 2014-03-20 11:56 x
ランさん こんにちわ
「師匠がいるうちは師匠に守られているけど、本当は先生が
亡くなられてからが本当の勝負なのかもしれませんね。」
うんうん
我こそは、真の弟子なんて人が、出てくると思います
惑わされないように、いなくちゃね

元旦那さんいい人でしょ
実は、伸ちゃんと電話で話したことがあるの
伸ちゃんの祈りが、通じたんでしょうね
もと牙城会ってとこかな?
知らない人に、電話 代るなんて めったに無いんですよ
不思議な出来事でした
私との距離は、なかなか変わらないけどね
早く、先生の下へ、戻ってほしいです
Commented by ちよ at 2014-03-20 12:04 x
*cranberry*さん こんばんわ ですね
いつ、息子になるんだ って言ってますよ(笑)
私が、伸ちゃんと兄弟になるのはやだ って言った事 ちょっとショックだったんだって(笑)
2人で遅くまで、サンタナとか、録画見てますよ
私は、いつも、お先におやすみですけど・・・

友人と離れたのと、心が壊れたのと、ワープロが壊れたのが同時ぐらいで、人との付き合いが、ぱったり無くなりました
でも、元喜になったと同時に、相手から、連絡くれました
それと、昔の電話番号って、結構覚えているもんなんですよ
間違えてたら、謝ればいいや なんて かけてみると ちゃんと連絡取れたり
すべては、自分自身なんですよね(笑)

パット・メセニーはじめて聴いてみました
カッケー!
Commented by ちよ at 2014-03-20 12:06 x
さくらさん こんにちわ
ならば、未来も・・きっと大丈夫!
そうそう
そうなんですよ(笑)
私が大丈夫なら、さくらさんも大丈夫
だよねー(笑)
Commented by ラン at 2014-03-20 12:40 x
ちよこちゃん
おかえりなさい(*´▽`*)
元旦那さん、伸ちゃんと話したことあるんだぁ☆彡✨
牙城会の話で。。。
伸ちゃん祈りすごいですね☆彡✨
Commented by tomotiyoo at 2014-03-20 15:24
ランさん
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
Commented by 糸吉 at 2014-04-06 23:31 x
こんばんは、何だか読んでて涙がでます。
私はちよさんがいろんな事を経験されて、もこの信心で幸せになってるそれが、すごくわかりました。
偉そうなことは言えません。
私の息子の彼女(もうすぐ結婚します。)も精神的な病があります。息子は3才の時に入会させたのですが、未活です。今の私に出来ることは息子にご本尊様を持たせること、そして彼女も一緒に信心してほしいことです。
とにかく祈っていきます。
ちよさんが幸せになってる、この信心でです。それが全てに現されてますよね。すごく力づけられます。
ありがとうございました。
Commented by tomotiyoo at 2014-04-06 23:43
糸吉さん
私も祈ります
by tomotiyoo | 2014-03-19 23:30 | Comments(12)