大河さんへ

どうぞ こちらをお使いください
[PR]

by tomotiyoo | 2014-04-23 10:40 | Comments(60)

Commented by 大河 at 2014-04-23 11:01 x
良い機会だから書いておきます。
皆さんもご覧下さいね。

まずこちらをご覧下さい。↓
http://masacha-ag.hatenablog.com/entry/2013/12/22/033359
そのコメント欄に
>見ていられなかったので
あなたは真面目だと思います。お山の御本尊を知らない世代が増えてきて御本尊に対してのジレンマがあるのは深く考えてるなと思いました。学会員が敬遠する所だもんね。ただ昔からの学会員さんももっと教学研鑽しないと駄目ですね。あなたを説得できる人がいないのだから・・・悲しい現実を拝見いたしましたので一言。三大秘法=一大秘法=自分自身です。

------------------------------

↑これが、先ほどの
★★・・・総別の二義少しも相そむけば成仏思もよらず・・・曾谷殿御返事

大聖人が仰っていることです。

ちなみに正しい「三大秘法」は
http://miraihisyo.exblog.jp/22455632/

知らないのであれば、これから謙虚に学べばいいことで
己義を「悪気が無いとはいえ・知らないとは言え」
己義を指摘してくれる人こそ全知識と、捉えられないのは
自ら幸福への扉を閉ざすことになるのですよ。
Commented by tomotiyoo at 2014-04-23 11:26
大河さん ここに来る方たちは、
「知らないのであれば、これから謙虚に学べばいいことで
己義を「悪気が無いとはいえ・知らないとは言え」
己義を指摘してくれる人こそ全知識と、捉えられないのは
自ら幸福への扉を閉ざすことになるのですよ。」
分かっていると思いますよ
ご自分のブログを紹介したいのなら、そう言っていただければいいと思います
ただ、結論がハッキリしないので読んでもいかがなものかと思ってしまいますが


Commented by 大河 at 2014-04-23 15:54 x
「こ こ ろ」 を
心こそ大切
大聖人が仰りたい事は、教義などではなく、ただ心を観ていきなさい

ーーーーーーちよさん発言ーーーーーー

大聖人は、教義(己義についても)重要だと
仰っているということを伝えたわけです。
もちろん、ここの常連コメント投稿者だけでなく
広く一般ロム者も対象にしていますよ。

Commented by 大河 at 2014-04-23 16:01 x
ランさんについて質問していますね、
以前の「教学の師匠」は後回しにして

最近、広宣流布のために頑張っている創価学会員の
誰かを「僭聖増上慢」と批判というか罵るというか罵詈雑言していましたね、
福島の壮年さんが、遠慮しながら指摘していましたね、
今確認したら、削除したのかな?
消えているから、
削除したのかな?

私も大変な「フライイング」だと、思いましたから、
今それを書こうとしたのですが、消えているようですね。
Commented by 大河 at 2014-04-23 16:07 x
ランさんの「教学の師匠」発言を今更どうこう云々するつもりは
ありません。
私自身のスタンスを書きます。

何年か前の「一般講義」担当は正木理事長でした。
しみじみ仰っていました。
「御書は、教学は、先生から学ぶのでなくては迷路に入る」と
ご自身の実感でもあるのでしょうし、私も全く同感だなと聞いておりました。
当然、日常の御書講義等は、教学部の方であったり地域の幹部であったりしますが、教学部長も常に先生の指導に則っております。
そのものズバリ先生の御書講義も多々あり、今まさに大白蓮華も現在進行形で掲載もされていますし、その他のスピーチ等にも
御書はたくさん引用されています。
もちろん、会内に立派な先輩はたくさんおりますが、
現在のように求めれば先生の指導・著書読みきれないほどあります。
先生から学ぶというのが、私はあまりにも当然のことです。
Commented by 大河 at 2014-04-23 16:10 x
それから、意見に対して意見という件は
みかんさんが、同様のことを詳しく書いて下さっていましたね。
Commented by tomotiyoo at 2014-04-23 16:39
大河さん 私も同じですよ
王仏冥合などは、時期によって、使われていなくて、その時代時代によって、先生ですら、表現方法を変えていることも知り、先生にお手紙をお出しした所、その後、王仏冥合と言う言葉が、何回か使われていた事に嬉しく思った記憶があります
おかげ様で、墨田には、法華経の智慧でおなじみの教学部の方がいらっしゃいますので、その都度分からない事は、教わっています
Commented by tomotiyoo at 2014-04-23 16:41
今それを書こうとしたのですが、消えているようですね。
であるのなら、その部分の大河さんのコメントは、消して頂けますか?
話がややこしくなりますので
Commented by ラン at 2014-04-23 16:44 x
大河さん、こんにちは。

大河さんは仰られましたよね。
福島の壮年さんが『なんとしても大成してほしい』という思いで
イプシロンさんに書き込みをされた、と。
その後、福島の壮年さんはイプシロンさんを包み込むように
して激励し続けでしょうか?やったことと言えば、『なんとも』という名前に変えて『現場を知らないお前に何がわかる!』と、書き込みをされたのを大河さんは見られていたはずですよね。これが後輩の成長を願って『大成してほしい』と思っての激励の仕方なんですか?

表では美辞麗句を並べ、裏では、自分の気に食わない後輩を『生意気だ』とばかりにマルチハンドルをしてイジメる。この姿が聖なる仮面をかぶっている『僭聖』といわずして、何というのでしょうか。
Commented by 大河 at 2014-04-23 21:54 x
ランさん

>表では美辞麗句を並べ、裏では、自分の気に食わない後輩を『生意気だ』とばかりにマルチハンドルをしてイジメる。この姿が聖なる仮面をかぶっている『僭聖』といわずして、何というのでしょうか。

------------------------

あの時のことはリアルタイムで目撃していますよ。
あの時は福島の壮年さんが、やや「感情的」だったのは否めません。
ただし、魚拓を取った人がいるので探せばありますが
私のブログで、ホープさんとやり取りしている時の
氏の真剣さに触発されて私は、ホープさんとの仲立ちを
したのです。

例えば、学会幹部先輩でも後輩の成長を願っていても時として
反抗的な態度を取られ、やや感情的になることもあるでしょう。

それが直ちに「僭聖」とはいかがでしょうか?

普通は「器」とか「境涯」とかの尺度でみるのではないのでしょうか。

Commented by 大河 at 2014-04-23 21:54 x
ギリギリ文字数で、追加送信

但し、ランさんの本心の思いとしては『僭聖』であるというのであれば、私はそのこと自体をこれ以上は云々はしません。

戸田先生ほどの法華経の行者でも、僭聖増上慢に遭遇できなかったことを残念がっていましたね。

いずれにしても、池田先生を求めていきましょう。
それだけが、過つことの無き道ですから。



Commented by 大河 at 2014-04-23 22:15 x
ランさんとちよさん

私や福島の壮年さんを、いくらでも悪者扱いして構いませんよ、
あ、福島の壮年さんは、ご本人でないので、スミマセン勝手に書いて、
但し、ランさんも感動していたように
http://miraihisyo.exblog.jp/22210217/
なんだかんだ言っても、究極的には、「信の一字」で
自身の「宝塔・仏界の生命」をひらかせてあげる方向へ、方向へ以外は、もしかしたら慈悲魔に終わってしまうかもしれないですよ。
正しい教学を、己義はしらずに生命を蝕むよ。
Commented by ラン at 2014-04-23 22:16 x
大河さん、ご意見ありがとうございます。私見を述べさせていただきます。僭聖増上慢といえば、昔でいうと
極楽寺良観や提婆達多。今でいうと日顕。どこか遠い存在のように思っていました。しかし、法華経は生命論で昔話や遠い存在ではない。彼らのような醜い生命は誰のなかにもあるのだと思うようになりました。己心の中の提婆達多や極楽寺良寛、日顕と戦う。それはつまり、『己心の中の人を見下す慢心と戦う』ことだと思うのです。
Commented by ラン at 2014-04-23 22:28 x
(続きです)
【内なる悪を自覚し、外の悪と戦う】
善人とは悪と戦っている人だと。
福島の壮年さんがあの時感情的になりマルチハンドルを使ったというのであれば、そのことを反省し、きちんと謝るのが人として誠意ある行動ではないですか?信心している云々以前の問題ではないでしょうか。『ごめんなさい』どうしてこの一言がいえないのでしょう。
Commented by 大河 at 2014-04-23 22:52 x
違うHNで投稿したのが、感情的な理由かは、わかりません。

確かに「表面的」な振る舞いは軽視はできませんが
私自身は、今現在、実社会でも学会組織でも
相手が上位役職者であっても、欠点・失敗等は「カバー」するというスタンスでやっております。
いわんや、多少の欠点があったとしても、根底の信仰の次元で
正道であれば、なおさら支えます。

「謝れ」と、私自身は、申し上げるつもりはありませんが、
ランさんが、謝罪を要求したいのであれば、
あちらのブログ掲示板に直接書き込むのが、一番良い方法です。

今のように、具体的に書いて
「・・・であるから、謝罪して下さい」と。

それも、ひとつの「たたかい」かと存じます。
Commented by 大河 at 2014-04-23 23:11 x
ランさん、寝る前に
清水の舞台から飛び降りる気持ちで、
思い切りわかりやすく書いてあげますよ。

要するに、彼等が「意地悪」に感じるのでしょ?


ただ、ランさんやちよさんや、あの方たちは、
「危なかっしくて」とても、じゃないけど、肯定しきれないのですよ。

何が危ないのか?

信仰の基盤が、危なかっしい、
そうとしか言いようが無いのですよね。

そのひとつの証左としての、「己義」
ランさん、ズバリ聞きますが
あの方の文章の中の己義が「見分けがつきますか?」
これは、実は重大なことなんですよ、あなたが教学の師匠と
言った方の「己義」が、判断できますか?

あなたから見ると意地悪であろう彼等は、その次元では
盤石なんですよ、
これは、どうすることもできないのですね。
急いで書いたので乱筆失礼しました。
Commented by ちよ at 2014-04-23 23:23 x
大河さんの目は、節穴ですか?
信仰の次元で
正道であれば、なおさら支えます。

信仰の次元で、正直とは、どういう意味でしょうか?
そのような人が、そのような事をしますか?

ブログ一つにしたって、自分で作ろうともせず、何がしたいのか私には分かりません

他人の、ブログに張り付いて、長いコメントを上から目線で書き殴り、ブログ主がどのような人だか探る
そして、自分の主観で、その人を語る
いやらしいよ
感じないの?
ちょっときつい言い方で、ごめん
大河さんのブログでも、最後には、知った事じゃない とのたまう
Commented by ちよ at 2014-04-23 23:25 x
教学がどうであろうと、その人が、信用に値するかしないか、嘘があるかどうか、私は人間をそのように見ます
騙されない為に
Commented by ちよ at 2014-04-23 23:33 x
私は2人共 悪者にしようなんて思っていません
ただ、もし近くにいて、自分の周りの人に何か言おうとしたら、ご遠慮願いたいタイプです
もう寝る時間なので、このぐらいにしておきます
配達がんばって下さい
おやすみなさい
Commented by イプシロン at 2014-04-24 03:29 x
ちよさん、こんばんわ。
ごめんなさい、少しコメントさせてください。

大河さん、あなたいい加減にしてくださいよ。
いくら匿名であろうと、HNを出さなかろが、
あなたのコメントは人を愚弄している。

正面切って私と対話することも拒否し、
私があなた宛てに書いた記事すら読まずに、
勝手になさい、知ったことかかよという態度を取ったんですよ。
つまり、あなたは私からも、あなた自身からも逃げ出したんですよ。

そのあなたが、匿名であろうが何であろうが、
己義だのなんだの今さらまた言いだして、何なんですか。
いい加減にしてくださいよ。

口を開けば、あの人がどうの、この人がどうの。
あれは可笑しい、あれは駄目だ。
あなたの目線はすべて否定から入ってるじゃないですか。
それも以前指摘したように、他人の批判から拝借してきた理論ですよ。
それもきちんと指摘させて頂いたが、
その点(つまり、そこを突かれると都合の悪い部分)には、
あなたは決して触れなかった訳ですよ。卑怯じゃないか。
Commented by イプシロン at 2014-04-24 03:29 x
そもそも、いつまでもこんなことをしている暇があったら、
ご自分のことをすればいいんですよ。
自分の成長が、他者の成長につながるんじゃないんですか?

それをなんですか。
まるで裁判官や検察官のように他人を裁いているじゃないですか。

要するにですよ、
大河さん、あなたや、あなたのように他人のことを
とやかくいう人はね、
自分の中にある不平不満を、
他人にぶつけているだけなんですよ。
そして、それに全く気づいていないという偶を犯しているんですよ。

言葉をいくら飾っても、本質はそういうことですよ。
Commented by イプシロン at 2014-04-24 03:33 x
いいですか大河さん、
ランさんの仰っていることが正しいんですよ。

法華経は生命論で昔話や遠い存在ではない。彼らのような醜い生命は誰のなかにもあるのだと思うようになりました。己心の中の提婆達多や極楽寺良寛、日顕と戦う。それはつまり、『己心の中の人を見下す慢心と戦う』ことだと思うのです。

そういうことですよ。

大河さん、あなたの言った――

「何が危ないのか?

信仰の基盤が、危なかっしい、
そうとしか言いようが無いのですよね」

こういう言葉ことが、そういう生命の表出なんですよ。
人を見下している言葉じゃないですか。

言い方を変えれば、
あんたらは基礎がなってねーんだよ!
そう言ってるんですよ、あなたは。
それを奇麗な言い方をしているだけです。

上から目線、人を見下すのも、いい加減になさい。
本気で怒りますよ。
Commented by イプシロン at 2014-04-24 03:36 x
もうひとつ言っておきます。

あなたのしていることは執着ではありません。
ネットスラングで言うところの、粘着行為に等しい。
言論のストーキングですよ。

いい加減に、口を閉じてくださいよ。
本当の本気で怒りますよ。
Commented by ちよ at 2014-04-24 05:25 x
伸ちゃん おはよー
もう少し待ってね
私も大河さんに まだ言いたい事があるから
Commented by ちよ at 2014-04-24 05:42 x
大河さん おはよー
福島の壮年さんも同じで、あなた達二人は二乗の命じゃない?
教学は信仰に迷った時には道標として必要だし、信を深めるためにも必要でしょ?
だけど、須梨槃特みたいに純粋な信が一番大切なわけ
凡夫だから簡単じゃないけど
少なくとも教学は信を助けるものであって、純粋な信があれば少しの間違いや無知が信仰を壊すようなことはないと思うよ
題目を唱え、真面目に活動していれば、教学的な誤りにやがては気付くって
ランさんだって、教学の師匠は、そういう事で言ってるんじゃない事、頭のいい大河さんだもん
分かってるんでしょ?
そう言えばある人のコメントに、わざわざ、犯罪者がどうのって、書いてきたよね
あべひさんでさえ、そんな事言ってこなかったよ
揚げ足取りの、はた京阪さんに、よく似てるなーって思ってた
それでも、ブログ暦長いだろうから、色々教わろうと思ったけど、最後まで、上から目線だったよね
「相手が上位役職者であっても、欠点・失敗等は「カバー」するというスタンスでやっております。」
わたしもそうしたよ
でも、それって相手をズにのせるだけだと気がついた
だから、私は、あなたからは離れ様と思ったんだ

Commented by ちよ at 2014-04-24 05:43 x
大河さんのように少しでも教学に間違いがあれば、信仰が誤った方向に進むかのように言うのはどうだろう?
信仰は、より人間を高め、人間らしく生きるためのものだよね
その実践において、何が大切か、一人一人が考える必要があるんじゃないかな?

池田先生は、大学等の高等教育を受けながら、その知識を悪用する人を「才能ある畜生」と言われたよね
大学は、大学に行けなかった人の為にあるとも

2人共人を不愉快にされたり、配慮を欠いたり、相手の心が理解できないのであれば信仰する意味がないじゃん
そう思わない?
長々とごめん
Commented by chan-you-chan at 2014-04-24 07:13
あ。∑(゚Д゚)

イプシロンさんお早うございます(^ω^)

近所のコンビニから打ってますv(^_^v)♪
Commented by ちよ at 2014-04-24 07:58 x
佑さん 伸ちゃんのところにも入れてあげてよ(笑)
Commented by えむ at 2014-04-24 08:59 x
ちよさん、おはよ〜です。

大河さん、おはようございます。お久しぶりです。
その節は、大変ご迷惑をおかけしました。
大河さんの貴重な時間を、私の愚痴と不平不満を
聞かせることになってしまって本当に申し訳ございませんでした。

大河さんの
いろんなところでのコメント、また大河さんのブログ等も
すべてではないのですが読ませていただきました。

生意気なことを言わせていただくと、
「人間身」を感じられません。
私は、大河さんの言動で自分を見つめ直しました。
実際はネット上のみなので「言」の部分ですが。
温かさとか、厳しい中にも優しさがあるとか
そういうものを感じないのです。
私自身もそういうところがあるのです。
だから変えようと決めました。
信心をして、心が伴わなければ
なんのための信心かそう思ったからです。

後に続きます。
Commented by えむ at 2014-04-24 09:02 x
例えば、
>>>清水の舞台から飛び降りる気持ちで、
>>>思い切りわかりやすく書いてあげますよ。
大河さんの言葉の端々、
随所にこういう言い方が見受けられるのです。
どうしたって冷たく感じます。
上から目線を感じるのです。
私も気をつけようと思っています。
私は、そういう気持ちではないつもりでも、
そうとられることがあるからです。
北風と太陽の教訓は、
「冷たく厳しい態度で人を動かそうとしても、
かえって人は頑なになるが、
暖かく優しい言葉を掛けたり、
態度を示すことによって
初めて人は自分から行動してくれるという」
何も甘く優しくしてほしいということでは
ありません。
厳しい言葉の中にも人間味や温かさを
感じるから、
人は納得するのではないでしょうか。
そのときわからなくても、
心にとどめておけるのではないでしょか。
Commented by えむ at 2014-04-24 09:04 x
世の中の大半の人は
「私は正しいことを言っている」
「あの人は正しいことを言っている」
もしくは、
「自分は正しい」と思っているのでは
ないでしょうか。
そこに対立や争いが
生まれるのではないでしょうか。
この仏法は何を教えていますか?

何人から、
上から目線、教条的と意見があるように
いつも大河さん自身がおっしゃられているように
謙虚に受け止めてみていただけませんか?
私もこうやって、偉そうに
人のことは言える立場ではありません。
私自身も本当に気をつけようと思います。
一緒に変えませんか?
Commented by えむ at 2014-04-24 09:08 x
それとひとつ質問させてください。
大河さんのネット上のスタンスは
(現実でも)
ちょうど新・人間革命 激闘27に
書かれてあるように、少しでも
「撹乱の恐れのある人を見つめたら
己義を見たら、
問題が小さい芽のうちに潰す、
(言葉が乱暴ですが・・・)
徹底して戦う」でよろしいのでしょうか?

長々とすみません。
よろしくお願いします。
Commented by ラン at 2014-04-24 09:12 x
大河さんの仰る『己義』
あの、教学の師匠の件、みかん。さんにもコメントしたように、『教学面で尊敬する意味』で、お友達との
気軽なやり取りだった、閲覧者に誤解を招くような書き込みをしたことを、私はきちんと謝ったはずですが・・・

Commented by chan-you-chan at 2014-04-24 09:17
横やりすません(つД`)ノ

思うんだけど、大切な話や本当に相手に伝えたいことがあるときって普通は直接会って話しますよね。あるいは電話か手書きの手紙。ブログ上でとかそんなん僕からしたらありえへんし。

なんでそれをせえへんのかよう分からん。
Commented by ラン at 2014-04-24 09:23 x
大河さん、『自身の宝塔・仏界の生命を開かせてあげる方向へ』と仰られていますね。

戸田先生のお言葉↓御思索ください

邪悪を放置しておくのは、慈悲などでは決してない
それは慈なくして詐り親しむ姿だ
悪と戦ってこそ正義なのだよ
広宣流布の最後の敵というのは内にこそある
城者の裏切りが城を破るのだ
あの五老僧を見給え
五老僧は過去の話ではない

""敵は内部だよ""

Commented by chan-you-chan at 2014-04-24 09:29
そうそう。教学の師匠のランさんのコメントは僕も見てた。あんなんランさんが謝る必要まったくないし。あれがダメやったら何の冗談も言われへん。

ユーモアは大切。
Commented by tomotiyoo at 2014-04-24 09:33
同感!
Commented by tomotiyoo at 2014-04-24 09:34
でも、ふざけはいけませんよ(笑)
よく言われるー
Commented by ラン at 2014-04-24 09:38 x
祐さん、ありがとう(*^-^*)☆彡✨そうねユーモアは大切。
Commented by ラン at 2014-04-24 09:40 x
ちょこちゃん、普段事なかれ主義の私だけど、仏道修行させていただいています。ありがとう(*^-^*)✨
Commented by えむ at 2014-04-24 09:40 x
祐さん、おはよ〜です。
いつもこっそりコメントすみません。
もっもしかして、私のコメントのこと?
Σ(T▽T;)
ちよさぁ〜ん、どうしよ〜(TωT)
Commented by ラン at 2014-04-24 09:41 x
えむさん、はじめまして( ^^) _U~~
よろしくお願いします☆彡✨
Commented by chan-you-chan at 2014-04-24 09:45
えむさん

違う違う(笑)

詳しいことは知らないけども、大河さんそんなに言いたいことがいろいろあるならなんで直接会わへんの?ってこと。
Commented by えむ at 2014-04-24 09:46 x
ランさん、はじめましてヾ(=^▽^=)ノ
こちらこそ、よろしくお願いしますd(*⌒▽⌒*)b
Commented by ラン at 2014-04-24 09:47 x
えむさん【北風と太陽のお話】いいですね✨そうですよね、折伏も一緒だと思います。自分が『太陽』になれば、相手も心を開いてくれると思います(^^♪
Commented by えむ at 2014-04-24 09:47 x
祐さん、良かった(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
Commented by えむ at 2014-04-24 09:50 x
ランさん、
私は、主人には北風です(; ̄ー ̄)
ホント反省してます。
毎日が人間革命です(^▽^;)
Commented by tomotiyoo at 2014-04-24 09:51
えむさん らんさんにブログ紹介していい?
Commented by tomotiyoo at 2014-04-24 09:56
元旦那さんには、北風 台風 暴風雨 大雪etc
私、これでも変わったんです(汗)
多分 元旦那さんは 気づかないと思うけど(笑)
2人共 パートナーは大事にしてね
Commented by えむ at 2014-04-24 09:56 x
良いけれど、結構いいたいこと書いてるからな〜(笑)
ホントすみません。
あっこそぉ〜り教えてね(;´▽`)
Commented by tomotiyoo at 2014-04-24 09:59
えむさん 了解
でも、私としたら、みんなに読んでもらいたいよ
Commented by えむ、 at 2014-04-24 10:00 x
ランさん、わかるわかる(笑)
やっと私も北風程度になってきたよσ(^_^;)
よく主人は耐えたなぁって、
ホント先日しみじみと
耐えてくれてありがとうって言いました。
まだ、太陽がサンサンとしてない(^▽^;)
太陽になれるよう顔晴る〜〜〜
Commented by えむ at 2014-04-24 10:01 x
ちよさん、私シャイなの(笑)
というか、ここ大河さんに向けてだから
大丈夫?
Commented by tomotiyoo at 2014-04-24 10:06
すみません(笑)
大河さん ごめんなさい
引っ越します
Commented by ラン at 2014-04-24 13:47 x
大河さん
""要するにあの方たちが意地悪に感じるのでしょ?。。あなた達は信仰の基盤が危なかしくて見ていられない""
それが理由で、人をいじめていいのでしょうか。鼻っ柱をへし折ってやるとか、汚い言葉を使って人を傷つけてもいいのでしょうか。教学は、それはできれば先生から直に学びたいですよ。でも、池田先生の境涯に少しでも近い、素晴らしい先輩ー依処から学ぶこともあるのではないですか?先生は、仰られていますよ。
【大事なことは、学ぼうという求道心です。その求道心さえあれば人間革命が進む】
Commented by ラン at 2014-04-24 13:55 x
(続きです)
【戸田先生はよく言われていた。『わかる』ことより『かわる』ことだと。たとえ八万宝蔵が『わかった』としても、自分が人間革命しなければ、何なもならない。人間革命するための教学です。信心を強くするための教学です。少しでも学び続ける『信心』があればいいのです。】
率直にお聞きします。大河さんご自身は人間革命に挑戦されていますか。人に『教条的』『冷たい』と言われたことを謙虚に受け止め、それを克服されようとしていますか?
Commented by えむ at 2014-04-24 20:41 x
大河さん、
一緒に思い出しませんか?
2012年10月2日の聖教新聞の
「若き君へ」の中で
「仲が良いということは、
信心があるということなのです。」と。
また、
「妙法流布を誓い合い、
今、この時、その使命を果たすために
生まれてきた。三世永遠にわたる誓願で
固く結ばれている地湧の同志なんです。
それを思い出し、自覚すれば、
団結できないわけがない。」と。
ここはネットだからというのは、
ひとまず置いといて、
こうしてネットでお会いしたのは
何かの縁だと思います。
一緒に思い出しませんか?
一緒にお題目あげませんか?
時に感情に走り、理屈に走り
すれ違いや対立したり。
でも、皆人間革命の途上です。
私も大河さんも。皆さんも。
根底では結ばれているって
先生言われてますよね?
物理的に本当に一緒には
無理かも知れませんが
気持ち的に一緒にお題目あげませんか?
Commented by ラン at 2014-04-25 06:08 x
大河さん
師匠は【悪と戦うのが折伏精神です。内部の悪に対しても黙っていてはいけない。折伏精神は万般にわたるのです】と仰っています。
部員さんのために『デタラメ、いい加減な幹部』に怒っていったかつての大河さんを思い出してください。あの時の気持ちを思い出してください。
えむさんが仰られているように、一緒に戦いませんか?自分の一凶を切っていく戦いをしませんか。
Commented by イプシロン at 2014-04-25 09:03 x
大河さん、

私は散々汚い言葉を使って、あなたのことを非難してきました。
それは良く知っていますし、自覚しています。
でも、私の心の奥底にある心は、
えむさんが言葉にしたことと同じなのです。

小生意気で、自分のことさえどうにも出来ない私ですよ。
でも、その部分にだけは嘘はないですよ。

とある会合で尊敬する婦人部の方が、
顔を紅潮させながら言っていました。
「私たちは深き縁(えにし)があっていまここに集っているのです」と。
私はそのご婦人の感じている歓喜の表情と声を一生忘れないでしょう。
ネットでもリアルでも同じはずです。

対話の軸に歓喜なくして何になるのでしょうか。
いがみあい非難しあう。
誰がそんなことを望むでしょう。
私だって望んでいなかったのです。
でもそれを望んでいないことを伝えるには、
汚い言葉を口にするしかなかったのです。

これにて口を閉じます。
失礼いたしました。

ちよさん、コメント欄、使わせてくれて、ありがとうございます。
Commented by tomotiyoo at 2014-04-25 09:22
どういたしまして