異体同心事 P1463

いたいどうしんじ
異体同心事 
しろこそで ひとつ あつわたのこそで ほうきぼうの びんぎに
がもく1かん ならびに うけたまわる
白小袖一つあつわたの小袖はわき房のびんぎに鵞目一貫並びにうけ給わる、

ほうきぼう さどぼうらのこと あつはらのものどもの おんこころざし
はわき房さど房等の事あつわらの者どもの御心ざし

いたいどうしんなれば ばんじをじょうじ どうたいいしんなれば
しょじかなうことなしと もうすことは
異体同心なれば万事を成じ同体異心なれば諸事叶う事なしと申す事は

げてんさんぜんよかんにさだまりてそうろう
外典三千余巻に定りて候、

いんのちゅうおうは 70まんきなれども どうたいいしんなれば
いくさにまけぬ
殷の紂王は七十万騎なれども同体異心なればいくさにまけぬ、

しゅうのぶおうは 800にんなれども いたいどうしんなれば かちぬ
周の武王は八百人なれども異体同心なればかちぬ、

ひとりのこころなれども 2つのこころあれば そのこころたがいて
じょうずることなし
一人の心なれども二つの心あれば其の心たがいて成ずる事なし、

ひゃくにん せんにんなれども 1つこころなれば かならずことをじょうず
百人・千人なれども一つ心なれば必ず事を成ず、


にほんこくのひとびとは たにんなれども たいどういしんなれば
しょじ じょうぜんことかたし
日本国の人人は多人なれども体同異心なれば諸事成ぜん事かたし、

にちれんが いちるいは いたいどうしんなれば 
ひとびとすくなくそうらえども
日蓮が一類は異体同心なれば人人すくなく候へども

だいじをじょうじて いちじょう ほけきょうひろまりなんと おぼえそうろう
大事を成じて・一定法華経ひろまりなんと覚へ候、

あくはおおけれども いちぜんにかつことなし
悪は多けれども一善にかつ事なし、

たとえば おおくのひ あつまれども いっすいには きえぬ
譬へば多くの火あつまれども一水にはきゑぬ、

このいちもんも また かくのごとし
此の一門も又かくのごとし。

そのうえ きへんは たねん とし つもりて ほうこう
其の上貴辺は多年としつもりて奉公・

ほけきょうに あつくおわするうえ こんどは いかにもすぐれて
おんこころざし みえさせたもう
法華経にあつくをはする上・今度はいかにもすぐれて御心ざし見えさせ給う

よし ひとびとも もうしそうろう
よし人人も申し候、

また かれらも もうしそうろう
又かれらも申し候、


いちいちに うけたてまつりて にってんにも だいじんにも もうしあげて
そうろうぞ
一一に承りて日天にも大神にも申し上げて候ぞ。

ごもんは いそぎ ごへんじもうすべくそうろう
御文はいそぎ御返事申すべく候

ひつれども たしかなる びんぎそうろうは で
いままで もうしそうらわず
ひつれどもたしかなるびんぎ候はでいままで申し候はず、

べん あじゃりが びんぎ あまり そうそうにて かきあえずそうらいき
べんあさりがびんぎあまりそうそうにてかきあへず候いき、

さては おのおの としのころ いかんがと おぼしつる
さては各各としのころ・いかんがとをぼしつる、

もう このことすでに ちかづきてそうろうか
もうこの事すでにちかづきて候か、

わがくにのほろびんことは あさましけれども これだにも
そらごとになるならば
我が国のほろびん事はあさましけれども、これだにもそら事になるならば・

にほんこくのひとびと いよいよ ほけきょうを ぼうして まんにん
むげんじごくにおつべし
日本国の人人いよいよ法華経を謗して万人無間地獄に堕つべし、

かれだにも つよるならば くにはほろぶとも
ほうぼうは うすくなりなん
かれだにもつよるならば国はほろぶとも謗法はうすくなりなん、



たとえば やいとをして やまいをいやし はりたてにて
ひとをなおすがごとし
譬へば灸治をしてやまいをいやし針治にて人をなをすがごとし、

とうじは なげくとも あとは よろこびなり
当時はなげくとも後は悦びなり、

にちれんは ほけきょうのおんつかい にほんこくのひとびとは
日蓮は法華経の御使い日本国の人人は

たいぞくおうの いちえんぶだいのぶっぽうを うしないしがごとし
大族王の一閻浮提の仏法を失いしがごとし、

もうここくは せっせんのげおうのごとし
蒙古国は雪山の下王のごとし

てんのおんつかいとして ほけきょうのぎょうじゃを
あだむひとびとを ばっせらるるか
天の御使として法華経の行者をあだむ人人を罰せらるるか、

また げんしんに かいげをおこしてあるならば 
又現身に改悔ををこしてあるならば

あじゃせおうのほとけにきして びゃくらいをやめ 
阿闍世王の仏に帰して白癩をやめ

40ねんの いのちをのべ むこんのしんとむすぐらいにのぼりて
四十年の寿をのべ無根の信と申す位にのぼりて

げんしんに むしょうにんをえたりがごとし きょうきょうきんげん
現身に無生忍をえたりしがごとし、恐恐謹言。

8がつ6か にちれんかおう
八 月 六 日日 蓮 花 押


※異体同心なれば万事を成じ 
 古い御書は 万事を成し となっています
 誤字脱字は コメント欄で教えてくださいね
[PR]
Commented by saki at 2014-12-09 06:46 x
おはようございます

はじめます
Commented by tomotiyoo at 2014-12-09 06:55
sakiさん おはよ~
はじめます
Commented by ラン at 2014-12-09 07:23 x
ちょこちゃん、sakiさん、みなさん、おはようございます(^^)/みなさま一人一人の大勝利を祈っています✨
唱題はじめます(^^♪
Commented by tomotiyoo at 2014-12-09 07:49
ランさん おはよ~
ごみ捨ててくるね~(笑)
Commented by tomotiyoo at 2014-12-09 07:58
○○の戦いと言えば 異体同心事ですよね
今回は 時間がないので 勉強しなかったと思うけど
出来れば 読んでくださいね
Commented by tomotiyoo at 2014-12-09 08:00
http://ameblo.jp/2014-kc/entry-11959877740.html
ここにも 本年総仕上げの指導が載ってます

はじめます
Commented by tomotiyoo at 2014-12-09 09:15
ありがとうございました

今日は 「星は光りて」が 載ってるね
日曜日に ちょこっと歌いました(笑)
Commented by saki at 2014-12-09 10:32 x
こんにちは
今朝、たくさん泣いて、目が腫れてます。


広布の為に、ちよさん、ランさんが言ってくれたように、同じ方向を向いていけるようにがんばりますね
Commented by ラン at 2014-12-09 10:45 x
「異体同心事」拝読します(^_-)-☆
学会歌、いざというとき、なんでもさっとひけるように練習しておきますね(^^)/
Commented by ラン at 2014-12-09 10:48 x
sakiさん、大丈夫ですか?
今、動かすまいとする魔の働きも相当強いです。
魔は「奪命」、人の生命力を奪い、やる気をなくさせ、広布を
阻もうとします。
sakiさんにお題目をおくりますね✨

Commented by tomotiyoo at 2014-12-09 11:08
sakiさん 顔晴れ~
私も 祈るよ
Commented by tomotiyoo at 2014-12-09 11:10
ランさん お願い~
○○終わったら 弾いて欲しいのがあるの
佑さんが 前にユーチューブにのっけてた歌
よろしく~
Commented by saki at 2014-12-09 12:28 x
ランさん、ちよさん
いつもありがとう
感謝♡

大丈夫^ ^
がんばります
Commented by tomotiyoo at 2014-12-09 15:40
ただいま~
sakiさん よかった!
Commented by tomotiyoo at 2014-12-09 15:43
バカボンパパと バカボンパパの友人の所に
行ってきた~
奥さん入院していたんだけど 退院してて 息子さんが休みで後から来て とりあえず3人にお願いできた
旦那さん あとから 他の家族もやってくるから
ちゃんと言っておくよ だって~
ありがたい 感謝 感謝
Commented by ラン at 2014-12-09 22:40 x
ちょこちゃん、お願いできてよかったね(^o^)/\(^o^)/
私も今、友好活動からかえってきたよん、なんとか一人頼めました。もう体力の限界なので、おやすみなさーい☆
Commented by tomotiyoo at 2014-12-09 23:12
ランさん お疲れ様~
はーい おやすみなさい
Commented by 福島の壮年 at 2014-12-10 11:23 x
ランさんへ

剣さんのところでのコメント、ありがとう。
以前に、こちらで書いた不良仲間のうち、
従兄弟と1つ下の後輩1人は学会員でね。
彼らを「まっとうな高校生」に戻すために
どうすればいいか・・・。

考えて考えて、出した結論が、
「音楽隊に放り込んでやろう」
ということだったんだよね。

いろいろな事情が絡んで、
道を踏み外した奴らだけど、
音楽の才能は、私なんかより余程上だったし。

「眉の剃り込みはやめろ」
「長ランを捨てろとは言わないが、
音楽隊では、普通の学生服を着ろ」
と諭してね。

従兄弟はスネア・ドラムを、
後輩は私と同じくトロンボーンをやり始めた。

やつらは、高等部の活動をすることはなかったけど、
音楽隊での訓練は性に合ったらしく、
面白いことに、演奏訓練だけではなく、
音楽隊の会合では、ちゃんと勤行・唱題も
するようになった。
かなり、足をモジモジさせながらもね(笑

その見返りとして、私は普段はあくまでも奴らと
行動を共にし、共有時間を楽しむとにした。
猪苗代湖のキャンプに誘って、チャリで行ったりもしたし。
高校の勉強は、授業さえまじめ(?)に出ていれば、
少なくとも落ちこぼれることはなかったんで、
「普通の高校生としての生活」
「音楽隊と、高等部の活動」
「不良仲間との付き合い」
と、楽しくも充実した高校生活ではあったよ(笑
Commented by ラン at 2014-12-10 16:16 x
福島の壮年さん
不良仲間を更生させるために、方便であえて『不良』の役を演じられたんですね(^_-)-☆✨あのころ、隊の訓練は相当厳しかったと思いますのでそれが『性にあっていた』とは皆さん、根性の塊のような方たちだったのでしょうね(^◇^)
楽しい高校時代のエピソードありがとうございました(^^)/
by tomotiyoo | 2014-12-09 00:00 | Comments(19)