真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

バカボンパパの場合

生きてるだけで 素晴らしいのに それでは嫌だという
生命の不思議を考えたら 何もできなくなったとしても 生きているだけで充分ではないかと・・・
バカボンパパの場合は 延命治療は 必要ないというのです
それが 自然の形だからと
かといって 諦めた訳じゃない
だからこそ お題目で治す という 選択をしているのだと
絶対に 病の進行を止める
そうすれば 寝たきりにならないというのである
望む死因は老衰
お馬鹿な会話が多い親子ですが たまには こんな話もするんですよ

ふなっしーは まだ 昨日の段階では 抗がん剤治療は 始まっていませんでした
なんでも 熱が出たのは 肺炎だったそうで それが 完全に治ってからと言う事です
医者からは 治療をしなければ 余命4ヶ月
治療をしても 2年と言われたそうです
医者が 匙を投げたら ご本尊様しかないじゃない と 激励しました
今度 お見舞いに行く時 みんなからのメッセージ 印刷してもっていくからねと言ったら
喜んでました
みんなが お題目で応援してくれている事も 話しました
負けるな ふなっしー
顔晴れ ふなっしー
[PR]
Commented by tomotiyoo at 2015-01-19 05:30
おはようございます
はじめます
Commented by tomotiyoo at 2015-01-19 06:42
ありがとうございます

海外はすごいね~
「SGI平和の道」だって

「僕は根っこになる
 根は見えない
 見えなくてよいのだ」
思わず 思い出しました
Commented by 遠藤為盛 at 2015-01-19 06:49 x
>僕は根っこになる。根は見えない。見えなくてよいのだ
これが価値ある人なのか。目からうろこだ。根があるから大木がある。
Commented by tomotiyoo at 2015-01-19 06:53
「病気は幸福になるための試練
 健康は何があっても負けない自分自身の前向きな生き方の中 にこそある」
真の健康目指して 顔晴ろう

はじめます
Commented by tomotiyoo at 2015-01-19 06:58
遠藤さん おはようございます
(こっちは朝です)
先生の大いなる希望の一節です
http://tomotiyoo.exblog.jp/20652241/

そちらでは 聖教新聞 どのぐらい後に届くのですか?
今日の新聞を ホンの少しだけ 抜粋しました
Commented by 千早 at 2015-01-19 07:30 x
フナッシーさん、がんばれ!!
絶対よくなるように祈っていますよ!
同じ支部だった壮年部の方も、アメリカのビルに飛行機追突のテロの頃、余命3ヶ月の肺がんでした。
リンパから脳にまで転移していましたが、抗がん剤治療をしてお題目をあげ、お題目を送ってもらい、今も元気いっぱい生きておられます。
仕事の功徳も受け信心がんばって生きておられますよ!!
Commented by tomotiyoo at 2015-01-19 07:55
早起きの千早さん おはよ~
ありがとね
バカボンパパが 参加です
行ってきまーす
Commented by taicyan0402e at 2015-01-19 11:31
しばらくぶりに来てみたのだけど。

どういう偶然か、僕もいま関わってる人が癌と懸命に闘っておられる方とやりとりしてる最中なんですよ。

とりあえず癌については再発しなければ大丈夫だろう、という様子見の期間になっていて、他の問題についてのやりとりが今のメインになっているよ。

どうしたものかとちょっと悩んでいたところがあるのだけど、どうやら地元幹部さんがあまり適切でない対応をしてる様子が見えて本人は孤軍奮闘中、というところで、できうるなら『信頼できる同志』と縁した方がいいと感じているところなのだけど。

もしよろしければこちらを紹介させて頂いてよろしいでしょうか?
おそらく互いにメリットがあると感じられるからだけど。
Commented by akaoni at 2015-01-19 11:46 x
それでいいのだ。
Commented by うなちん at 2015-01-19 12:32 x
現代医学、化学療法は大切です。
でも、それよりも心が強い事が生命力に繋がると信じています。
ふなっしーさん、頑張れ!
どうぞ、心が折れませんように!
ちよさんはじめ、同志の皆さんの祈念が病に打ち勝ちますよう。
私も拙いですが、ふなっしーさんへ御題目お送りします。
Commented by tomotiyoo at 2015-01-19 13:53
太ちゃん どうぞ!
Commented by tomotiyoo at 2015-01-19 13:54
うなちん ありがと~
本人に届けます
Commented by うるとらまん at 2015-01-19 14:00 x
こんにちは!わが友に贈る…
苦難にぶつかった時が
   宿命転換のチャンスだ。
        「冬は必ず春となる」
         信心を貫いた人は
          必ず幸福の大境涯に!
          (1月15日付け聖教新聞)楽しく生きましょう!
Commented by tomotiyoo at 2015-01-19 16:48
うるとらまんさん
ありがと~
Commented by 遠藤為盛 at 2015-01-19 20:13 x
>聖教新聞 どのぐらい後に届くのですか?
聖教新聞は届きませんが、現地出版のブラジルセイキョウが週刊で出ています。日本語とポルトガル語を購読していますが、日本語の重要記事は聖教新聞の転載です。昔と異なり、情報到着にタイムラグはありません。逆に、在日ブラジル人のメンバーには個人単位の活動で、ブラジルの会員有志が郵便でブラジルセイキョウ(ポルトガル語)を送っています。組織のサポートはありません。物理的に物体を送るので、到着には一週間から二週間かかります。今では日本からでもブラジルセイキョウのHPを見ることができます。逆もしかり。

多くのブラジル人は日本に長く住むと必要最低限の日本語会話ができるようになりますが(できない人もたまにいますね)、日本語書籍を読むのは大変です。逆もしかりです。日本語ポルトガル語の両方のが読み書きが満足にできる人は驚くほど少ない。最近はスマホが語学習得の大きな障害になっています。日本にいてもブラジルのネットから抜けられないし、ブラジル人ばかりの職場手働くと日本語を話さない。日本語を話せなくてもスーパーやコンビニでの買い物はできる。ネットのおかげで皮肉にも文化の国際化が阻害されています。語学習得は仏道修行の一部であり大切です。
Commented at 2015-01-19 20:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomotiyoo at 2015-01-19 21:50
遠藤さん こんばんわ
そうなんですか
朝 なるべく コメ欄で 新聞載せますね
カギカッコをつけているのが それだと思ってください

私 子どもの頃の夢は チリに行く事でした
詳しくは 明日の記事にします

言語は 大変ですよね
特に 御書を日本語で読めること 日本人でよかった って思います
遠藤さんが ブラジルに渡ったきっかけは 何ですか?
差し支えなければ 教えて頂きたいです

スマホが語学習得の大きな障害になっているなんて 
文明の利器も寂しいものですね
語学習得は仏道修行の一部であり大切とありますが インドでは 英語を話せないと 入会できないと伺いました
日本は 恵まれすぎて 感謝の思いが少ないかもしれません

そうそう おませですが 写真の真ん中の子です
つづく
Commented by tomotiyoo at 2015-01-19 21:55
おませ 関連記事 ここで読めると思います
お時間のある時に どうぞ
http://tomotiyoo.exblog.jp/20646445/

http://tomotiyoo.exblog.jp/21595152/

http://tomotiyoo.exblog.jp/21609044/

Commented by tomotiyoo at 2015-01-19 21:56
非公開さん おめでと~
やっぱ 祈りは叶うね!
早く みんなに知らせたい~~~~~~~~~!
我慢します(笑)
Commented at 2015-01-20 13:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomotiyoo at 2015-01-20 17:51
非公開さん ありがとうございます
精神面 大事ですね
バカボンパパが 病名を筋萎縮性側索硬化症(ALS)と
告げられた時は 医者から 帰りはタクシーで帰ってくださいね と言われたそうです
病気の話を聞かされて ショックを受ける人が 多いのでしょうね
バカボンパパは チャリンコで 帰ってきました
それまで私は ただ何となく バカボンパパが死んだら
私は どうなってしまうのかと 不安で不安で仕方なく
よく泣いていました
それが 病気の話を聞いて ぱったりと 無くなりました
お互い 肚が決まったのだと思います

彼女の事は 彼女でないと分からないけど 10月に
もしかしたら癌かもしれないと言った時よりは
元喜な声をしていました

退院して ご本尊様をいただくという目標が 彼女を強くしているのかもしれません
色々ありがとうございます 
Commented by 遠藤為盛 at 2015-01-21 05:09 x
>ブラジルに渡ったきっかけは 何ですか?
ほかの人々と同じで、日本に居場所がなかったといえば誇張ですが、居場所が少なかったと言ったほうがいいでしょう。少年時代には、海外移住は博徒の人生であり、自分は生家(今は物理的に存在しない)の近くに家を買い、一生日本に住むのだと決意していました。

ところが現実は大違い。地方公務員になって日本で暮らすというオプションもあったのに(広島県の教員に合格していました)、別の国の地方公務員になってしまいました。安定した人生から大荒れの人生になりました。自分の使命は自分自身が一番わからない。物事が起こったからびっくりします。生まれる前に日蓮大聖人に請願を立てたからですね。日蓮大聖人様から許可が出たのだから、自分に実行する能力はあるはずです。今年も大荒れの年になることがわかっています。

>文明の利器も寂しいものですね
いえいえ、マシン自体に善悪はありません。利器になるか鈍器になるかは使い手しだいです。使い手に知恵があれば、ネットやスマホは国際化に大いに貢献できます。ネット上にある日本のラジオ番組の録音を通じて、日本のニュースをフォローすることができます。でも使い手に知恵がなければ、逆に作用しますよ。

>英語を話せないと 入会できないと伺いました
おそらく信心指導の技術問題だと思います。言葉がわからないと書籍が読めないし、信心指導もできません。入会をしても以後放置されてしまいます。統一言語は大切です。先生の初訪米当時の会員の多くは、はアメリカ兵と結婚して渡米した日本人妻でした。先生はアメリカの市民権を取ること、英語を習得すること、運転免許を取ることを指導しました。日本への未練を捨て、アメリカ広宣流布の人材になるべき指導でした。英語を習得しないと、アメリカ広流はできません。

別の話として、私はポルトガル語のおかげで、モザンビーク人やアンゴラ人やギネビサウ人やサントメ人など、一部地域のアフリカ諸国民とまるで自国民のように話をしています。植民地支配の結果ですが、この部分だけはありがたい。モザンビークなんか、国名以外何も知らなかった。この二年間で世界観が広がりました。
Commented by tomotiyoo at 2015-01-21 16:58
遠藤さん こんばんわ

「自分の使命は自分自身が一番わからない。」
深い話ですね
多分 私の使命は 日本にあるのだと思います(笑)

「文明の利器」
その通りですね
「寂しい使い方をしている人もいる」
こう言った方が良かったのかもしれません(笑)
私も 心が病んでいる時 ネットで 悪口ばかりを目にしました
遠藤さんと出会えたのも 創価の森 菊川さんの所でしたね
これも 文明の利器です(笑)

英語を話せないと 入会できない その通りなんです
国際部の友人が言ってました
アメリカ兵と結婚した日本人の話ですね
よく覚えています

貴重な二年間の体験 もし良かったら また時間のある時にでもお聞かせください

私も 心の世界観が広がりました
いつもありがとうございます
by tomotiyoo | 2015-01-19 00:00 | Comments(23)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ