辧殿尼御前御書(変更あり)

「べんどのあまごぜんごしょ
辧殿尼御前御書

ぶんえい10ねん9がつ 52さいおんさく
文永十年九月 五十二歳御作
 
 あたう にっしょう はは みょういち
与日昭母妙一

しげければ とどむ
しげければとどむ、

べんどのにもうすだいしこうを おこなうべし
辧殿に申す大師講を・をこなうべし・

だいしとて まいらせてそうろう
大師とてまいらせて候、

さぶろうざえもんのじょうにそうろう
三郎左衛門尉殿に候、

ごもんのなかに ねはんきょうのこうぶん 2かん・もんぐ5のほんまつ・
御文 のなかに涅槃経の後分二巻・文句五の本末・


じゅけつしゅうのしょうのじょうかんとう・みずいじんあるべし
授決集の抄の上巻等・御随身あるべし。

 さだとうは 12ねんにやぶれぬ まさかどは 8ねんに傾ぶきぬ
貞当は十二年にやぶれぬ・将門は八年にかたぶきぬ、

だいろくてんのまおう・じゅうぐんのいくさを・おこして・
第六天の魔王・十軍のいくさを・をこして・

ほけきょうのぎょうじゃとしょうじかいのかいちゅうにして どうこえどを・とられじ
法華経の行者と生死海の海中にして同居穢土を・とられじ・

うばわんと・あらそう
うばはんと・あらそう、

にちれん そのみにあいあたりて たいへいを・おこして20よねんなり
日蓮其の身にあひあたりて大兵を・をこして二十余年なり、

にちれん 1ども しりぞくこころなし
日蓮一度もしりぞく心なし、

しかりといえども でしら・だんなとうのなかに おくびょうのもの だいたい あるいはおち
しかりと・いえども弟子等・檀那等の中に臆病のもの大体或はをち

あるいはたいてんのこころあり
或は退転の心あり、

あまごぜんの いちもんふつうの しょうしんに・いままで・しりぞかせたまわぬこと
尼ごぜんの一文不通の小心に・いままで・しりぞかせ給わぬ事

もうすばかりなり
申すばかりなし、

そのうえ じしんの つかうべきところに げにんをひとり つけられてそうろうこと
其の上自身のつかうべきところに下人を一人つけられて候事

さだめて しゃか・たほう・じっぽうぶんしんのしょぶつも ごちけんあるか きょうきょうきんげん
定めて釈迦・多宝・十方分身の諸仏も御知見あるか、恐恐謹言。

 9がつ19にち にちれんかおう べんどのあまごぜに もうさせたまえ
九月十九日 日蓮花押 辧殿尼御前に申させ給へ」

先生の講義より抜粋

本抄は、この尼御前に辧殿が読み聞かせるためのお手紙です。

1000人のうち999人は退転したといわれる迫害です。

十軍のいくさとは
①欲
②憂愁(憂えること)
③飢渇(飢えと乾き)
④渇愛(五官を通して起こる欲望に愛着すること)
⑤睡眠
⑥怖畏(おそれること)
⑦疑悔(うたがいやこうかい)
⑧瞋恚(いかり)
⑨利養虚称(利を貪り、虚妄の名聞に執着すること)
⑩自高蔑人(自らおごり高ぶり、人を卑しむこと)
━すべて自身の心に起こる魔の働きです。

「魔」とは「奪命者」であり「奪功徳者」です。
つまり、善く生きようとする生命のエネルギーを奪い、それまで積み上げてきた福徳を奪うものです。

たとえ財産が奪われても、病気や怪我をしても、信心の心さえ壊されなければ、再び立ち上がり、
挑戦し、勝利し、幸福を築くことができます。
「心こそ大切」であり、その最も大切な心を破壊しようとするのが魔の本性なのです。
戸田先生は、「広宣流布の戦だけは、絶対に負けるわけにはいかない。
たじろぐことは許されない。
負ければ、人類は、永遠に闇に包まれてしまう。
民衆救済の尊い使命ある学会は、何があろうと負けてはならないのだ!」と、
強く言われていました。

大聖人は、退転の主たる原因を、鋭く見抜かれています。
それは「臆病」です。」と

臆病風に吹かれることなく 「挑戦と応戦」の闘争に 断固と勝っていきましょう
[PR]
Commented by tomotiyoo at 2015-03-12 05:15
おはようございます
不退転を誓って はじめます
Commented by tomotiyoo at 2015-03-12 06:51
ありがとうございます

「信仰の真価は 振る舞いに表れる。
 友の幸福を願う 誠実な行動を貫き 信頼の絆を広げよう!」

喜多区女性の日 おめでとう
東北がんばれ!
大阪がんばれ!

福島青年平和文化祭の写真が載ってますね
この時 私も誘われていたのですが 断わってしまいました
残念な 女子部当時の思い出です

Commented by 福島の壮年 at 2015-03-12 13:47 x
「私も誘われていたのですが 断わってしまいました」
残念なことですね・・・でも、その写真を見ながら、
「あの頃私は」と言う感慨に浸ることは出来ますよね。
そういう意味では、ちよさんにとっても良い思い出のひとこま
なのではないでしょうか。

私は勿論、参加者の一人ですので、写真集を持っています。
子供たちに具体的に伝えられるという意味で、写真はいいですね。
Commented by 福島の壮年 at 2015-03-12 13:54 x
本日の『名字の言』

『名誉会長が「日本最初の広宣流布の地帯」とたたえる沖縄。
その礎を築いた草創の先輩の、次の言葉が忘れられない。
「足が鉄板になるまで、歩いて歩いて歩き抜くことです」』

足が棒になるのを通り越して、鉄板になってしまう。
「それは鉄板だよ」=「それは、間違いなく(必ず)そうなるよ」

友のために、「足が鉄板になるまで」歩き通す。
そうすれば、必ず友は起ち上がる。
必ず自身の誓願の道は開けていく。
そう、そのことは、鉄板である。

沖縄、やっぱりすごいな。
Commented by みかん。 at 2015-03-12 14:00 x
こんにちは。
おととし勉強した時、「大兵」は「たいへい」と習いました。
色々読み方があるんすかね?

「とられじ・うばはんと・あらそう」
「生命は、無明か法性かのどちらかになるんだよ」と当時聞いて、えーそうなんすか?!と驚いた記憶があります。
100%/eachだと思ってなくて、無明と法性は命の中で何割かずつの割合になっていて、法性の割合を大きくするのがよいのだ、みたいに漠然と考えてました(゜ロ゜;)
Commented by うるとらまん at 2015-03-12 15:06 x
福島の壮年さん、沖縄の紹介ありがとう。
微かにある草創期の思い出は米兵のメンバーです。
幼い頃は基地の町コザに住んでいました。
センター通りは白人 照屋は黒人の町でした。
照屋でおじいちゃんが洋裁店を経営していました。
その洋裁店の近くに拠点があり白人黒人沖縄の人が
仲良く勤行していました。
その当時は人種差別が激しく考えられない事でした。
人間革命に紹介された米兵のメンバーの体験を
本人から聞く機会ありました。
明日、ベトナムにいかなくてはいけない。死にたくない。殺したくない。
題目で可能なのかと、彼らの命をかけた信心に、信心の究極を教えてもらいました。
米兵メンバーからみた沖縄、安保、日本国憲法には考えさせられる事多いです。


Commented by 福島の壮年 at 2015-03-12 15:27 x
>拠点があり白人黒人沖縄の人が仲良く勤行していました。

この言葉に、やぱり創価家族は・・・とリコメしようとしたら、

>明日、ベトナムにいかなくてはいけない。
>死にたくない。
>殺したくない。
>題目で可能なのかと、彼らの命をかけた信心

これは・・・深く考えさせられますね。
私なりに、自分なら・・・という答えはあるにはありますが、
軽々にコメントできない「重さ」というか・・・。
それを実体験として学ぶ機会のある沖縄の人たちは、
やはり、「平和」とか「生死」に対する捉え方は、
私たちとは違うのかも知れない・・・と、考えさせられます。
Commented by 福島の壮年 at 2015-03-12 15:40 x
>「生命は、無明か法性かのどちらかになるんだよ」

ふーむ・・・。
これもまた、いろいろなことを示唆しているように思え。

「十如是」の「本末究竟等」の原理からすれば、
確かにそうだね。

如是
相・性・体 ・力・作・因・縁・果・報は、全てが
始めから終わりまで、究竟するところは、等しく現れる。

と説かれているわけで。

たとえば、何か嬉しい出来事があって
「天界」にいる人は、「天界所具の九界」の生命状態
だから、表に現れている心身の様相は全てが嬉しさに
満ち満ちながら、厳然と他の九界の生命状態は
冥伏している。

その時々の境涯が、、無明か法性か、僅かでも
どちらかに傾いたときは、表に現れる生命状態は
「無明(悪性)」か「法性(善性)」かのどちらかになると、
そういうことだろうかね。
Commented by tomotiyoo at 2015-03-12 16:39
福島の壮年さん 
学会の行事は 誘われたら 素直に行ったほうがいいよ と
若い人に伝えたいです
Commented by tomotiyoo at 2015-03-12 16:43
みかんさん どっちかは 定かでないです
ごめんなさい
Commented by みかん。 at 2015-03-13 14:26 x
ちよさん、了解っす~。
おととしの大白蓮華には「たいへい」とルビがありました。
まぁ、読み方もちょこちょこ変わりますもんね(・ω・)

福島の壮年さん。
自分には、まだよくわからないんすよ~~(>_<)(>_<)
その時にそう言われて、「どういう事ですか?詳しく教えて下さい」という時間がとれなくて、今の今までずっと引っかかってます(・∀・;;)

冥伏と言われると、なるほどそうなのかなとも思いますね!

100%無明か、100%法性か。
そう聞いてびっくりしたんすけど、よくよく考えると、お題目上げて祈っている時に、大きな確信を抱いているのに反面「ムリなんじゃないかな」という気持ちを同時に抱いてる事ってないよなぁと。
単純かもっすけど、お題目をあげてガンガン祈っている時の生命を考えると、大確信と同時にミジンコでも迷いを抱え込む事はないという実体験にたどり着きました。
まだまだ思索が必要ですなぁ。
Commented by 福島の壮年 at 2015-03-13 14:54 x
>「生命は、無明か法性かのどちらかになるんだよ」
これ、少し考察を加えてみようかなと思っています。

熟考の必要があって、考察の公開には時間がかかると
思われるけど、公開できる段階になったら、
自分の掲示板に書き込んでみましょうね。
Commented by tomotiyoo at 2015-03-13 17:43
みかんさん
では たいへいに変えますね
情報 ありがとう
Commented by tomotiyoo at 2015-03-13 17:47
「生命は、無明か法性かのどちらかになるんだよ」

単純に考えていい?

祈っていて ホンの少しでも これは無理じゃないの?って思ったら もうそれは 無明なんじゃないかなぁ?
Commented by みかん。 at 2015-03-13 18:34 x
福島の壮年さん(・∀・)☆
考察して下さるとの事、ありがとうございます!
自分ももちょっと思索してみようっと。

ちよさん(・∀・)
そうそう、そういう事っす。
大確信(=法性)と、迷い(ムリなんじゃないかな=無明)は、同時に存在しない。
ミジンコでも迷い(ムリなんじゃないかなという気持ち)があれば、それは100%無明の状態。

壮年さんのコメントを読んで、改めてチラッと考えてみたら、お題目(祈り)の時の生命状態にピキピキ~と辿り着きました。
考え出すと、細胞分裂みたいに色々と思考が巡っていく感覚になります(゜∀゜)
細胞分裂で脳みそドッカーン。
ドカーンさん、また会いたいなぁ~(結局それかい)(o^^o)
Commented by 福島の壮年 at 2015-03-16 17:16 x
みかん。さん
「生命は、無明か法性かのどちらかになるんだよ」
の件。
13日(金)帰宅して仏壇の前に座った途端に
解答が分かった。
私の掲示板に加工と思っているうちに、仕事のトラブルで
時間がなくなっちゃたので、ヒントだけ。

「一念三千」の「一念」とは、「瞬間の生命」のこと。
『刹那』とも表現されるけど、瞬間の生命は、間違いなく
如是相から如是報まで、全てが同じ生命境涯に染まっている。
しかし、私たちの眼で観察する認識世界は、短い時でも、
或一定時間の経過を追って認識されている。

もう一つ。
「法性」の生命境涯は、「仏界」と「菩薩界」に現れる。
「無明」の生命境涯は、「三悪道」「四悪趣」に現れる。

「人」「天」及び二乗は、いずれをも指向し得る。

いずれにしても、「一瞬の生命」は、十界のいずれかを
基底として一人の心身に現れ、そしてまた、その環境世界
さえも、その境涯に染められていくということ。

何も難しくない、基本中の基本なんだね。
Commented by みかん。 at 2015-03-17 16:05 x
こんにちは。
福島の壮年さん、ヒントを頂きありがとうございますm(_ _)m
マイ講師さんと地区の人と一緒に思索の材料に致します!(^o^)

人、天、&二乗は法性、無明のいずれをも……。興味深いです…。
Commented by みかん。 at 2015-03-23 13:28 x
こんにちは。
「無明と法性」の事、おとつい個人講義を受けに行った時にKさんと地区の婦人部員さんに聞いてみました。
福島の壮年さんのコメント内容を全部メモして持って行って、
「生命境涯が天界の時は、他の九界の生命状態は冥伏している」
「その時々の境涯が、無明か法性かわずかでもどちらかに傾いた時は、表に現れる生命状態はどちらかになる」
という内容をお二人に聞いて頂きました。

すぐにKさんにある程度説明して頂いたんすけど、メモした壮年さんのコメントの内容をKさんもほぼほぼおっしゃって、うおぉ…と思いました!

法性というのは、そもそも「仏としての目覚め」で、「仏界の生命以外は無明である」と聞きました。
「法性の生命境涯は仏界と菩薩界に現れる」との壮年さんのコメがありましたが、「仏界だけでなく菩薩界も含まれるのは、仏の命で行動するのを“仏菩薩”と言うから」とのご説明でした。

私達の生命には十界の生命境涯が存在しているけど、表に出てくる一瞬の生命状態以外は隠れている(=冥伏)という事なんすね。
確かに、基本的な事なのですね。
「大きく分けると、生命は、無明か法性かのどちらかになる」。
人・天&二乗はいずれにも向かう、という部分は、話を聞いても「はぁ??(゜ロ゜)(゜Д゜)」でした。「魔は天界に住む」と関係あるんすかね??
Commented by みかん。 at 2015-03-23 13:33 x
どうも理屈?(言葉の説明)で聞くと自分なんかにはわかりにくいんすけど…

やっぱり、お題目をあげている時の心・一念で考えるのが、一番実感を得やすいっす。

せっかく教えて頂いたのに、なんだかグズグズっす~。
Commented by 福島の壮年 at 2015-03-23 16:56 x
1.「法性の生命境涯は仏界と菩薩界に現れる」について

先ず、現実世界に現れた「仏」の存在は、凡夫の眼には、
「仏」として認識できず、仮にその尊貴な境涯を観じ取れた
としても「菩薩の姿」として認識できるに留まるんだね。

※私が男子部の頃に使っていた『観心本尊抄講義』の中で、
 確か、日寛上人の言葉として同様のことが記載されていた。

釈迦仏法においては、菩薩の五十二位の中で最高位の
「妙覚」の位は、一切の煩悩を断じ尽くしたとされ、
それは、「仏」の異名。

更に、本門下種の日蓮仏法においては、菩薩の五十二位
の中で、「初住位(発心住位)」(=五十二位の十一番目。
「十住」の最初の位)に入れば、成仏と同義になる。
「初住位」とは「不退位」とも言い、菩薩道から退転しない位
とされるんで、生涯不退を貫ければ、そのままの姿(無作)
で成仏できてしまう。
仏の境涯とは、その姿を通して、祈るべき対象者を、
その生死に関わらず、成仏させ得る存在でもある。

大聖人のお言葉を拝してみよう。

『目連尊者が法華経を信じまいらせし大善は
我が身仏になるのみならず父母仏になり給う、
上七代・下七代・上無量生下無量生の父母等
存外に仏となり給う、乃至子息・夫妻・所従・檀那・
無量の衆生・三悪道をはなるるのみならず
皆初住・妙覚の仏となりぬ、故に法華経の第三に
云く「願くは此の功徳を以て普く一切に及ぼし
我等と衆生と皆共に仏道を成ぜん」』(盂蘭盆御書)

更に、『御義口上』伝第四得仏法分の事
『惣じて迹門初住分証と云うは教相なり
真実は初住分証の処にて一経は極りたるなり』

つまり、我ら創価学会員として、生涯、『地涌の菩薩』の
使命を全う出来た人たちは、その世間的な地位や学識や
身分などに差別なく、全ての人がその身そのままで
『仏』であるということ。

『地涌の菩薩』の身のまま『仏』だから、
「法性の生命境涯は仏界と菩薩界に現れる」。

他は、後日。
Commented by 遠藤為盛 at 2015-03-23 21:11 x
先日「菩薩」という漢字を紙に書こうとしたらかけなかった。あわててワープロを起動して復習しました。菩薩だけではありません。慈悲もかけなかった。漢字の忘れがひどいことに気がつき、自分自身の頭の中を調べてみると、日本の地名が書けない。那覇が書けなかったし、札幌も書けなかった。京都府や奈良県の地名は難しすぎる。わあっ、どうしよう。漢字変換に頼って字書きをサボった罰だ。このままだと、そのうち東京も大阪も書けなくなるかもしれない。ローマ字しか書かないので、それ以外何も書けなくなるかもしれない。そこで、日本語を書くときは(今やっているように)、紙とペンを机に置くことにしました。書けない字をチェックし、見つかったら紙の上に五回書く。那覇は五回では不十分だったので、十回書きました。これを毎日やると、そのうちかなり思い出すでしょう。
Commented by tomotiyoo at 2015-03-24 05:34
上七代・下七代
僕は 果たしてどこにいるんだろう?と言っていた男子部も
今は 地区部長として 活躍中です
でも そう思う気持ちも分かる~(笑)
Commented by tomotiyoo at 2015-03-24 05:36
ワープロの普及から 字を書く機会が めっきり減りました
読めても書けない
多いです
辞書も 開く事がなくなりました
開くとしたら 今は 仏教哲学大辞典ぐらいですかね~(笑)
Commented by 遠藤為盛 at 2015-03-24 05:48 x
ちよさん、こんな時間からおきていらっしゃるのですね。おはようございます。

今日は仕事で飛ばしすぎてかなり疲れてきたので、頭がぼーっとなってきたので、手を休めて職場からブログを見ています。この時刻は大渋滞なので、バスしかない通勤路であり、そう簡単には帰宅できません。今週から八月まで、毎週木曜日は五時起きです。七時五十分から仕事なので、六時以前に家を出ないと大渋滞に巻き込まれます。
Commented by tomotiyoo at 2015-03-24 07:55
遠藤さん おはようございます
どこの国も 大変ですね

気をつけて 帰ってくださいね
私は 行ってきまーす ですが(笑)

Commented by みかん。 at 2015-03-24 09:33 x
おはようございます!

福島の壮年さん、ご説明ありがとうございますm(_ _)m!
理解力乏しいみかん。でも、わかりやすいっす(^o^)なるほど!
このコメントも全部メモして教学のノートに貼っときます☆
嬉しい!
by tomotiyoo | 2015-03-12 05:00 | Comments(26)