真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

学会歌で もっともっと 元喜になろう!

好きな順番というわけじゃないけど 思い出が沢山つまっているもんね
先生の思いがいっぱい!

青年よ広布の山を登れ



いかなる妨げがあろうとも だよね~

友よ強く



先生は みんなの事分かってるよ!


嗚呼黎明は近づけり



君が愁いに我は泣き
我が喜びに君は舞う
ここが特に好き!
[PR]
Commented by tomotiyoo at 2015-04-03 05:38
おはようございます
「信心とは「行動」だ!
 深き祈りを根本に
 智慧の限りを尽くして
 勝利の日々を刻もう!
 限界突破の歴史を綴れ!」

名字の言も 学会歌と共にだって
朝から嬉しいな!

さいたま市中央区・大宮区
神奈川川崎区
がんばれ~~~~~~~~~~~~~

全国の同志の大勝利 祈ります!
Commented by tomotiyoo at 2015-04-03 06:17
唱題 再開です
Commented by tomotiyoo at 2015-04-03 07:23
ありがとうございます

創価大学・創価女子短大 入学おめでとう!
「向学の決意」「友情の心」
私も 学ぼう

「私と一緒に、不敗の東京を作ろう!」
先生の声が聞こえてくるようです
九州・鳥取に 負けていられませんね
いえいえ 自分との戦いですね
はい 顔晴ります
Commented by akaoni at 2015-04-03 08:28 x
おはよー。

今日は43の日です。大事な衣服を汚さないよう注意しましょう。
Commented by 福島の壮年 at 2015-04-03 09:41 x
へえー・・・今日は「シミ」の日なんですか。

私、手先が不器用で、首(頭)も手術の後遺症で、
真下に曲げられないんで、結構、食い零しや粗相で
衣服に染みを付ける事も多いんですね。

より一層気をつけよっと。
Commented by akaoni at 2015-04-03 10:11 x
福島の壮年殿。おはようです。
オラだって、自己を起こした(15年前)から、指先は不自由です。
食事も箸を持てないので、folk&spoonです。

文字もきれいに書けないので、rehabilitationでパソならいはじめて、御書全編を網羅した資料を作ることもできました。

まさしく変毒為薬、お互いに頑張りましよう。
Commented by akaoni at 2015-04-03 10:13 x
修正
自己 ×
事故 ○
Commented by 遠藤為盛 at 2015-04-03 11:12 x
akaoniさん、誰にでも厳しい現実があるのですね。私は左目です。13年前に部分失明しました。原因はウルトラ高血圧と熱中症の複合で動脈が詰まり網膜梗塞。今年は疲れすぎで右目が危なかったけれども、危険域を脱出しもう大丈夫です。手を大切にしています。やけど、凍傷に気をつけています。幸いにも、今は考えるよりも打つほうが少し速い。
Commented by tomotiyoo at 2015-04-03 16:34
akaoni さん そうでしたか
ちっとも 知らなかった
Commented by tomotiyoo at 2015-04-03 16:35
福島の壮年さん 
みんな 何かしら 不自由な事がありますよね
Commented by tomotiyoo at 2015-04-03 16:45
あらら 遠藤さんも~
学会では 障がい者のグループが ありますよね
バカボンパパも 入れてもらいなよと言いながら
まだです
箸がつかえないのは akaoni さんと一緒です
外食をすると フォークを借りるのですが ついつい
頼むのを忘れてしまいます

「いかなる病さはりをなすべきや」 ですね
「わざはひも転じて幸いとなるべし」

信心って ホント いいですね
Commented by akaoni at 2015-04-03 17:39 x
ひと言断わっておくが、染みの日とは、オラが勝手に決めたんだぞ。ほんとにあるかどうか、わからないぞ。
Commented by tomotiyoo at 2015-04-03 20:32
akaoni さん ちゃんとわかってますよ
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
お茶目!
Commented by 遠藤為盛 at 2015-04-03 22:03 x
私の場合幸いにも訓練が成功し、日常生活にはほぼ不自由がなくなりました。まだ見える部分を利用して立体視もできます。部分失明時はたまたま日本に滞在中で、診断した眼科の先生が「わっ」と声を出してしまいました。網膜が血まみれだったのでしょう。「命が危ない、すぐ内科に行け」と五回言われました。血圧が200もあれば危ないですね。内科の先生は専門だから決してこういう言葉を言わないのですが、眼科の先生は専門外だから経験に基づいてつい本当のことを言ってしまったのでしょう。内科に行くと「次回は専門家の先生に診てもらいます」でした。担当のお医者さんでは手も足も出ないと言うことでしょうか。その専門家の先生も苦労しましたが血圧は下155くらいまでしか下がりません。その日、SGIで信心のご指導を仰ぎました。超危険ではないにしても依然赤信号領域ですが、頭が楽になったことを感じました。薬の処方をもらって帰国したら、血圧が一気に110位まで低下しました。こんどは低血圧で元気がなくなりました。日本での仕事がいかに精神的緊張と負担を強いていたかですね。眼科のレーザー治療の継続には設備が必要ですが、私の住んでいる町に眼科専門病院がありました。マシンは日本の病院のより新型だった。担当医は珍しいことにナカムラ先生(日本語は話せない)でした。二年間の治療の後完治、すなわち出血と新生血管の発生が止まり失明はこれ以上進行しないところまできました。ナカムラ先生は治療中に研修で訪日しました。血圧は以後、上がったり下がったりしながら、安全領域にあります。当地の薬は日本製ほど効きませんが、ぐっと安い。冬場には日本に行かず、家で猫と戯れていれば安全ということでしょうか。現在外見上は老けましたが健常者に見えますし、肉体体力は同年代と比べると優です。アルコールは禁止で、おいしい食べ物が制限されるのは、仏道修行の一部と理解しています。サツマイモくらいならばOKですよ。早く花が咲かないかなあ。
by tomotiyoo | 2015-04-03 05:00 | Comments(14)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ