真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

好きな言葉

気のふさいだ馬を見たことがあるか?
しょげかえった小鳥を見たことがあるか?
馬や小鳥が不幸にならないのは、
仲間に「いいかっこう」を見せようとしないからだ。

(デール・カーネギー)

もし間違いを犯しても、
それが深刻なものであったとしても、
いつも別のチャンスがある。

失敗というものは、転ぶことではない。
そのまましゃがみこんだままでいることである。

(メアリー・ピックフォード)


ご存知だろうか、
1日中礼儀正しく朗かな気持ちで仕事をすれば、
1日中腹を立てて仕事をしたときよりも、
夜寝るときの疲労がずっと少ないということを。

にこにこ朗かにしていれば緊張がほぐれる。

疲れるのは仕事のせいではない。
心の持ちようが悪いのである。
この方法を一度試してみることだ。

(デール・カーネギー)


チャンスは仮面をかぶっている事が多い。
その仮面は一見、辛い仕事に見えるので
たいていの場合、見逃してしまう。

(アン・ランダース)


幸福とは到着する駅の事ではなく
そこに行くまでの道のりの事を言うのである。

(マーガレット・リー・ランベック)

あなたに出来ること、
出来ると夢見たことが何かあれば、
それらを今すぐ始めなさい。

向こう見ずは天才であり、魔法であり、力です。
さぁ、今すぐ、始めなさい。

( ゲーテ )
[PR]
Commented by tomotiyoo at 2015-04-12 07:30
おはようございます

「諸君は「妬む人」ではなく
「妬まれる人」になってもらいたい。
 何が真実で、何が虚偽か。
 何が善で、何が悪か。
 それを鋭く見破る英知の眼を、
 研ぎ澄ましていただきたい。

 生き生きと積極果敢に、
 新しい価値を創造していくことだ。

 決意して行動を開始した人は、現状がどうであれ、
 すでに勝つ因をつくった人である。」

(今日の「今」「ここから」価値創造をより抜粋)
Commented by tomotiyoo at 2015-04-12 07:36
さいたま市大宮
横浜市緑区ほか
お題目を送ります
Commented by akaoni at 2015-04-12 07:50 x
おはよー

今日は412の日=宅急便の日だ

みんなで、題目を段ボールに詰めて、贈りましょう。
Commented by tomotiyoo at 2015-04-12 08:34
akaoni さん なんで~?
Commented by akaoni at 2015-04-12 09:02 x
412 よい荷
Commented by tomotiyoo at 2015-04-12 12:21
うおぉ~(笑)
Commented at 2015-04-12 19:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomotiyoo at 2015-04-12 20:35
非公開さん 了解です
Commented by 遠藤為盛 at 2015-04-12 22:48 x
>今日は412の日=宅急便の日だ、、、

そうか、黒猫の日だ。ぼく、黒猫大好き。クロちゃん大好き。今我が家にはクロはいません。
Commented by tomotiyoo at 2015-04-13 06:47
 遠藤さん 昔 黒猫も 飼ってましたよ
エドガーアランポーの黒猫は怖かった
うちの子の名前は そのまんま 「くろ」
賢い子でした
親バカか~(笑)
Commented by tomotiyoo at 2015-04-13 06:47
akaoni さん 忘れた~
座布団 座布団(笑)
Commented by 遠藤為盛 at 2015-04-13 13:06 x
>名前は、、、くろ

単純かつ明解な名前ですね。うちでは、猫の名前は大抵の場合色と柄で決まります。黒猫の名前は「クロ」と決まっています(今はいません)。では白猫はというと「シロ」。単純すぎて芸がないですが。今は白猫が二匹いるので、雄は「シロ」、雌が「エカテリーナ」になりました。かみさんはロシア語が全くダメで、「エカテリーナ」が発音できません(ィエカチィェリーナに近い)。同じ腹から同時に生まれており、年齢は二歳。母親からはぐれた三匹が猫団子を作り、これから餓死していこうかというところで拾われました。三匹目はトラ猫で「シキータ」。トラ猫の場合雄は「モッコ」(今はいません)、雌は「シキータ」。すごく個性的な性格の他の猫とは違い、この三匹は何の変哲もない普通の猫です。実に猫らしい猫です。強いて特徴をいえば、尻尾と手足と身長が長い、体の大きなスタイルのいい猫たちです。特に「シロ」は大きい。猫カフェ用にぴったりです。でも誰にもやらないぞお、俺の猫だぞお。「シキータ」は太りすぎて、窓格子を通れません。朝方私の足元の寄ってきて、足のマッサージをしてくれます。
Commented by tomotiyoo at 2015-04-13 14:16
遠藤さん
窓格子ねぇ~(笑)
日本の古い家は(私の実家 今はもうない)
障子の1マスを開けて 猫の出入り口にしてました
チビという デブ猫は そこを通るたびに ガタガタと
揺れましたよ
そのうち 障子を背負ったチビが歩いてくるかと思いました(笑)
そういえば 私の小学校の担任の先生
私の事を ちよのちは チビのち
ちよのよは 幼稚のよ と言ってました

猫も 現代病には気をつけないとね
by tomotiyoo | 2015-04-12 05:00 | Comments(13)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ