お休みします

たまにはゆっくり寝てください

音楽でもどうぞ


[PR]
Commented by tomotiyoo at 2015-04-18 06:04
おはようございます

「民衆の前進あるところ 決意と歓喜の歌あり!
 誉れの同志と 学会歌を響かせながら 感激の劇を共々に!」

北海道江別
東京、文京・世田谷・港
新潟・長岡 長野・塩尻
がんばれ!
全東京 がんばれ!
ああ 感激の同志 がんばれ!
Commented by tomotiyoo at 2015-04-18 08:00
はじめます
Commented by 遠藤為盛 at 2015-04-18 08:34 x
フィフィが突然いなくなってしまいました。好奇心が強く家を出てからそのまま三日帰ってきません。以前もう一匹の三毛猫が一週間姿を消したことがありましたが、かえってきました。心配だな。

近所の(どこか不明)の黒白雄猫が餌を食べに我が家に来ました。以前から時々我が家に現れていたので、ムムギという名前をつけました。ムムーファとよく似ているので間違えましたが、他の猫が警戒態勢だったのでわかりました。シロは追い出そうとしてウーッとうなっています。ムムギは無事食事を終ました。、我が家にしばらくは居たいらしいのですが、結局出て行きました。
Commented by tomotiyoo at 2015-04-18 09:04
あらら 遠藤さん
それは 心配ですね
お題目続けたいのですが 私 病院へ行かなくてはいけません
狭窄性腱鞘炎と言われて 治療に行ってきます
戻ってくるように 胸中題目します
Commented by 遠藤為盛 at 2015-04-18 09:30 x
これは猫どころではありません。親指の付け根が痛いでしょう。題目を贈るのは私です。中年女性のキーパンチャーに多い職業病らしい。昔は、スーパーのレジのチェッカーによく起こった。3が月くらい指を固定されるかもしれない。無理して使うと腫れてきます。だからしばらくは、人差し指だけのポツポツ操作。キーボードをたたく数を少なくして、それもゆっくりたたくようにして、頭の速さではなく、手の速さでキーをゆっくり打ってください。また、パソコンにデスクトップ用の高級品のソフトタッチキーボードを買って、それで操作するのもいいでしょう。ノードブックのキーは健康によくありません。

私は十本の指を全部使って激しくキーボードを打つので、気をつけなければいけません。キーボードのほうが明らかに手書きより速い。我が家ではキーボードは高級品にしています(何が高級品かよくわからないのですが)。IBMかDell ComputerかMicrosoftのキーボードが負担が少ない。日本製のミツミのキーボードが最高ですが、21世紀になってから市場で見ていません。職場にあるキーボードはミツミ製で、二十世紀に買った物が今も壊れず働いています。
Commented by 福島の壮年 at 2015-04-18 10:07 x
遠藤さん

>フィフィが突然いなくなってしまいました。
>・・・そのまま三日帰ってきません

それは、心配ですね。

昔、私が小学校低学年の頃だったと思いますが、
飼っていた猫が1週間戻ってこなくなり、心配していましたが、
学校の帰りに道草をしていたら、近所の川辺の草むらで
死んでいました。
繁殖期だったんで、おそらく、猫同士の争いに負けたのでしょう。
齧られた跡がありましたので。

子供の時でショックでしたが、動物を飼うということは、
その死と向き合うことでもありますのでね・・・。

猫は気まぐれですので、それが魅力でもあるんですが、
出て行って3日以上というのは、気懸かりですね。

ちよさん

あらら、「狭窄性腱鞘炎」とは、痛そうですね。
病名が確定したのなら、あとは適切な治療を受け、
治すだけですね。
少しでも早く治りますように。

私は、手足の至るところがしょっちゅう攣っています。
足は、まあ、運動不足なので分かるのですが、
手の指が攣るって・・・。
キーボード叩くのは、運動にならんかな?
結構使っているつもりなんだけど・・・
Commented by tomotiyoo at 2015-04-18 10:08
ただいま~
そう言われれば 中指で打ってますね
人差し指に 変えました後
それと 仕事で 慣れないお掃除をしているものですから その関係もあるんじゃないかと思います
マウスも薬指に今 変えました(笑)

それより大変だったのは 出かけようとしたら バカボンパパが 鼻血を出しました
よくある事なので そのまま出かけちゃいました(笑)
猫と人間に 胸中唱題でした

遠藤さんも エンターキーは強く叩く方ですか?
日本では 壊す人が多いらしく エンターと書かれたクッションが発売
売れているそうですよ
それを叩くとエンターキーを叩いた事になるようです
面白いものを 考えますね

Commented by tomotiyoo at 2015-04-18 10:14
福島の壮年さん あららら~
悲しい思い出ですね
そうやって 命の大切さを知るのですよね

攣る~?
バカボンパパもしょっちゅうです(笑)
今度お会いする機会があったら みんなで 病気自慢しましょうね
こんなんだったのが こんなんなったって
こんなんて打ったら困難って 出てきました
そう 困難も乗り越えればいいんですよね~(笑)
Commented by 福島の壮年 at 2015-04-18 13:09 x
あはは、バカボンのパパさんもですか。

普通、「足が攣る」というと、殆どは「ふくらはぎ」のことを
指しますが、私の場合、「すね」も攣ります。

「ふくらはぎ」が攣ったときは、足の指先を手前に曲げて、
「ふくらはぎ」の筋肉を延ばすことで解消できますが、
私は、そうすると今度は「すね」が攣ってしまうので、
「イテテイテテ」といいながら、足の指先を伸ばし、
「すね」の筋肉を延ばさないといけません。

そんなことを繰り返してると、今度は足の指が攣ってきます(笑

一度、御書の講義を依頼されていて会場に入り、
御本尊に向かってお題目を上げさせて頂こうと思ったら、
正座したとたんに足の指が攣って、慌てて立ち上がり、
醜態を晒すところでした。
早めに会場入りしていて、どなたもおられなかったのが幸い
でしたけど。

でも、パパさんの鼻血は気になりますね。
私も軽い鼻血は結構ありますが、私の場合、鼻炎持ちなんで、
しょっちゅう鼻を強くかんだり、ティッシュを被せた指先で
鼻を穿ったりしているせいですが(笑
パパさんの場合だと、医師の処方で服用されている薬が
原因のことも考えられますので、一度、かかりつけの医師に
相談された方がいいかも知れませんね。
Commented by tomotiyoo at 2015-04-18 15:16
福島の壮年さん
転んだところを 人に見られるのって 恥ずかしいですよね

バカボンパパの鼻血は 鼻の骨が曲がっていて 粘膜にあたるようです
治療をしてもらって おさまりました
原因がわかったので よかったです
ご心配かけました
Commented by 遠藤為盛 at 2015-04-18 23:16 x
>「足が攣る」、、、「ふくらはぎ」、、、「すね」も攣ります
両方経験があります。ごくたまにですが。主に冷え込んだ夜に寝ているときにおこり、痛くて目が覚めます。跳ね起きて柔軟運動で足の筋肉を伸ばすのですが、思ったほどは早くは直らず、とはいっても自分以外には誰にも助けることはできず、しばらくは痛さを我慢するしかない。

>エンターキー、、、壊す人が多い、、、エンターと書かれたクッション、、、
わはははは。さすが日本、商魂がハンパではない。都市伝説みたいなものでも利用して販売拡張をやるのしょう。エンターは右手の小指でたたくので、キーを壊すことはありませんが、小指が疲れて痛くなることはあります。「なんでエンター(実はReturn)を小指にしたんじゃああ」とタイプライターの発明者に不平を言っても無駄。すでに死去していて、もはや変更不能。人によってはスペースキーを叩打するひとがあります。しかも左右両方の親指ですから力が強い。でも、このキーは大きいので壊れません。長時間原稿を書くと(6時間以上連続がしょっちゅう)、左手の肘の前の外側の筋肉が痛くなります。AとかSとかのキーで、大して力が強くない左手の薬指や小指を酷使するからです。こういうときは空手の訓練が有効です。手のひらを握ったり開いたり。素人なら百回、ベテランなら五百回ですね。

キー全体が軽く、タッチが確認しやすいソフトキーボードがほしいですね。余計なキーがわんさかついているキーボードは多いのですが、タッチのいいキーボードはなかなか見つかりません。我が家でのキーボーどの寿命の終わりは、コーヒーをこぼしたときです。猫がコップをひっくり返すこともある。うちの猫どもは四本の足を使ってキーボードを打ちます。ごくたまに、キーボードの上に座り込む。「こら、いけません、おりなさい」と怒鳴るのですが、無効。日本語ではわからないのかな。

福島の壮年さん。雄猫は死ぬまで戦い続けます。帰ってこなかった雄は、出て行ったのではなく、帰れなかったのでしょう。家の扉の前で死んだ雄もいました。せっかく帰ってきたのに。猫を飼っているものにはつき物の経験です。



Commented by 遠藤為盛 at 2015-04-18 23:31 x
「転ばぬ先の杖」。このことわざの本当の意味が最近までわかりませんでした。「転ぶ」の意味です。骨が弱くなった老人が転ぶと、大腿骨の付け根の関節が壊れ、寝たきりになり、そのまま死んでしまうことがあるという意味です。だからそうなる前に、「たとえかっこ悪くても杖を使え」といういみです(映画の水戸黄門みたいに、かっこいい杖もある)。メンツを忘れて意地を張らず、道具があるなら利用しなさいという教訓ですね。そのための道具ですから。何人といえども、元ヘビー級ボクサーのムハマドアリでもマイクタイソンでも、ランボーを演じたシルベスタースターロンでも、アーノルドシュヴァルツネッガー元知事でも、ひげ男のチャックノリスでも、老齢になると体が弱くなるのは道理です。ショーンコネリーは老人になってから、若いころとは別人格でヒットした。本物のプロですねえ。痛風の老人が無理をして車椅子から立ち上がり、痛い足を引きずりながら寺院内を歩き回ると、、、、 前世紀の古い動画がYouTubeにあります。
Commented by tomotiyoo at 2015-04-19 07:17
遠藤さん おはようございます

私も 以前 よく足が攣った事があります
バカボンパパは そんな時 大きく深呼吸をするといいと言ってました
確かに 治った様な記憶があります
本人は やっているのかなぁ?
今は 全然攣りません
バカボンパパが攣った~って言う時は 魚でも釣ってきてよ!と 私は言います

私の姉は 和文タイプを昔やっていて 法律事務所に勤めていました
やはり 腱鞘炎になって 手術
術後の 痛がったこと・・・
それを考えると 手術は嫌ですね(笑)
なんとか 電気治療と薬と妙薬で治したいものです

今は 猫 飼ってませんのでいいですが よく 電話をかけていました
相手からの もしもし もしもし~~~~~という声で気がついて 申し訳ありません
猫が~~~~~~~~~~~と お詫びした事があります
新聞の上も好きですね
開くと すぐ乗ってくる
読ませたくないんでしょうかね?(笑)

昔は 去勢を知らなかったので 増えるからと 雄猫しか
飼わせてもらえなかった
怪我をして 病院へ連れて行くと しっぱから 頭に怪我が移ると お医者さんに 出世したね~と 褒められました
弱い猫は 逃げた時にやられるから しっぽを怪我するそうですね
のらさんですが 犬にやられて 抱っこしてたら 近所の人が死んでるよ だって
子どもの頃の話ですが 泣いて帰ってきました(笑)
おませが死んだ時も いい大人ですが(笑)泣いて帰ってきました
いい大人って表現も 面白いね
Commented by tomotiyoo at 2015-04-19 07:20
「転ばぬ先の杖」そういう意味だったんですね
勉強になるわ~
また一つ お利口になっちゃった
これだから ブログはやめられない(笑)

千早さんの杖は 折りたたみ式です
もちろん 白ですが もっとお洒落な色があったら いいな~って 思います
白が一番 見やすいのかな~
Commented by 遠藤為盛 at 2015-04-19 10:36 x
>出世したね~と
うちのシロの怪我は頭だけです。かなり深く詰め傷がつくことがあります。相手はおそらくムムギ。

>おませが死んだ時も
ココタはもうすぐ16歳の長寿猫です。まだまだ元気ですが、姿がだんだんとおばあちゃんになってきました。シャム猫の茶色が少し薄くなってきたのです。「びいびい」と鳴いていた子猫のときが昨日のように思い出される。いずれその時が来るのでしょうね。猫ごとではありません。今いる若猫の最後を私が見取るのか、その逆なのか。私も長生きして、学会に貢献したい。

>いい大人って表現も、、、
最近は衆議院の婦人議員にこの表現が使われているようですね。もっとひどいかな「いい年をして」とか。おおーっ、恥ずかしい。

>白が一番 見やすいのかな~
黒だったら見えにくいので、都合が悪いですね。

>新聞の上も好きですね。開くとすぐ乗ってくる
わはははは、どこの猫でも同じです。

今日はポルトガル語原稿の自分の役目を完了し、英語に戻りました。30分でできると思った仕事がなんと6時間。毎度のことなので慣れてはいますが、自分の無力さには呆れています。世の中に甘いことなど何もない。しかもできた内容には心配事ばかり。でも他人の目には10分の仕事に見えるのだろうな。とにもかくにも、できたからまだ良い方と満足すべきかな。腹が減った、晩飯を作ろう。
Commented by tomotiyoo at 2015-04-19 13:53
遠藤さん
私も長生きして、学会に貢献したい。
同感!
猫に負けてられませんよ~~~~~~~

そう 仕事は 自己満足かもしれないけど 自分しか分からないもんね
だから 時間がかかろうが 一生懸命する事が大切ですよね
いつも 時間を 私のコメ欄に使っていただいて 感謝してます
いつも ありがとうございます

by tomotiyoo | 2015-04-18 05:00 | Comments(16)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ