真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

私たち抜きに 私たちの事を決めないで

随分前に見たテレビ番組の題名だ
所謂 認知症の方のドキュメント番組だった
私は ヘルパーの資格をとるときに オレンジリングを いただいた
オレンジリングは ここをクリック

普段していないが 講習や 実習を受けたお陰か 認知症の方は 何となくわかる
先日も 仕事の帰り ボーっとフェンスに寄りかかっていた おばあちゃんを見かけた
何となく 気になって 声をかけた
「これから どこへ お出かけですか?」
「それが 分からないんですよ」
「どちらから いらっしゃったのですか?」
「さぁ~ どっちだったかしら?それも分からないんですよ」
「そうなんですか?お名前を 伺ってもよろしいですか?」
「○○こです」
「電話番号はわかりますか?」
「さぁ~ 何番だったかしら?」
「それじゃぁ おまわりさんに来て頂いて おうちまで送ってもらいましょうか?」
「そうですか? そうしていただけるとありがたいです」
会話は ごく普通にできるものの 肝心な 電話番号や住所が分からない

バカボンパパは 私の帰りをまっているようなので まず 家に電話をしてから 110番へ
バカボンパパも 気になったのか その場所まで来てくれた
しばらくして おまわりさんが 到着
私の 名前 住所 電話番号などを聞かれ あとは おまわりさんに託す事にした
その後 気になるも 交番からは電話がない

忘れた頃に 父が行っている リハビリ施設の近くで その方を見かけたという
何でも 冬の寒い日 家の人に鍵をかけられて 家に入れずさまよっていた事があったと近所の方から
聞いたそうだ

番組では認知症の方は 初期の頃 生きていてもいいのだろうかと 不安を覚えるという
できない事を 数えるより できる事に 喜びを見出すことがいいようだ
実は私も ある時期 あまりにも物忘れが激しいので 認知症を疑った
もし ご本尊を忘れ 南無妙法蓮華経を忘れ 先生を忘れ 同志を忘れ 家族を忘れ
自分自身を忘れてしまったら と 考えたら ゾッとした

最近 大山のぶ代さんも 認知症で 闘病という事を知った
台本は読むことができ 仕事も続けるそうだ
認知症というと 何もできなくなってしまうと考えられる事があるかもしれないが
そんな事は無い様だ
もし私が 本当に認知症になったらできない事を嘆くより できる事を探し その能力を 最大限に生かすよう努力したいと思う

介護施設で 入浴介助をさせて頂いた時に 知床旅情を歌詞も見ず 歌っていた入居者さんを 
ふと思い出した
ちよさんといると 歌いたくなるの と よく言ってくださった
どうか 認知症の方を 「何もできない人 」と 思わず その方の残された能力を 最大限に引き出す
お手伝いをして頂きたいと切に願う



私には 将来ちよさんのオムツを替えてあげたいって 言ってくれる人がいる
感謝 感謝です
いつもありがとう
でも オムツを替えてあげるのは 私のほうだよ(笑)
[PR]
Commented by tomotiyoo at 2015-05-14 05:33
おはようございます

sokaチャンネルvoDに!
凄い時代が来たね~

両国国技館と日大講堂が載ってる!
あとでゆっくり読もう
Commented by tomotiyoo at 2015-05-14 06:51
(;´Д`A ```  (;´Д`A ```  (滝汗)

「人間革命の舞台」 読んでみたら
おめ~なんか で~っ嫌いだよ~ って 
言ってしまった人が 載ってた~
いや~ 何というか・・・ 恥ずかしい
もちろん あとで 謝りましたよ
その後 墨文の帰り タクシーを待っていたら
先にひろったその方 私を送ってくださいました
こんな どうしようもない私を このような方が 
たくさん激励してくれて 今の私があるのです
だから その恩返しは 人を励ますこと
私は 一生 恩返しをしていける人になる!
今朝 そう新たに 決意しました
Commented by うるとらまん at 2015-05-14 08:04 x
おはよー!
脊髄損傷の小島(彼のことは上のURLをクリックしてください)さんと老人ホーム
でライブしました。首から下は全く動かない彼のハーモニカに認知症の利用者が
一緒に歌い出した時には涙がでました。
普段は、ほとんど反応ないです。小島さんは、喜んでくれたと幸せー利用者は
楽しんで幸せー私は架け橋ができて幸せでーす。
Commented by akaoni at 2015-05-14 08:59 x
おはー
今日は5:14 碁石  ああ囲碁の日だ。
Commented by 福島の壮年 at 2015-05-14 10:38 x
テレビで知ったことですが、大阪市内の路上で警察に
保護された認知症の男性が、自分の名前も忘れ、
「太郎」という仮名で介護施設に預けられて全国の警察が
照合できるように、写真や着衣なども情報を送っていた
ものの、ご家族からの「行方不明届」を受理していた
兵庫県警は、その情報を活かせず、2年も経過してから
報道機関がその男性を取上げたことで、家族と再会
出来たという話がありました。

ちよさんに声を掛けて頂いたその方は、良かったですね。
「面倒なことにかかわりたくない」という風潮があります。
誰にも気付かれず行き倒れて、脱水症状などで深刻な
状態になってから発見されるというような事例も多い
ようです。

認知症は、他人事ではないんですよね。
自分のの親がなるかも知れない。
若年性認知症というものもありますので、年齢に関係なく、
同居の誰かが、突然そうなるかもしれない。
自分自身が、そうなってしまう可能性も勿論あります。

少子高齢化が急速に進む中、「老老介護」という実態が
あり、80歳代半ばを超えた認知症で且つ寝たきりの母親
(或いは妻)を付きっ切りで介護するために、50歳代・
60歳代の娘さんや息子さん(或いは高齢の夫)が、仕事を
辞めて貯金を切り崩しながら介護をしているという世帯も
珍しくはありません。

介護疲れと生活苦で行き詰まり、親(妻)を殺してしまったり、
無理心中を図ったりという事件が報道されることも眼にする
機会が多くなりました。

これから先、そういう悲惨な状況は、益々増えていくでしょう。
行政として何が出来るか。
どういうサービスを提供すべきか。
各地の状況に合わせて、しっかりと議論し、できることから
実現していって欲しいですね。

それと、うるとらまんさんが書かれているように、
重い認知症の方が、子供の頃に聴いていた歌や、
見ていた景色や・・・そういうことで感情が刺激され、
症状が軽減されていくと言う事例の研究も始まっているようです。
Commented by tomotiyoo at 2015-05-14 13:08
うるとらまんさん こんにちわ
私も別の意味で 架け橋ができて 最高です!
Commented by tomotiyoo at 2015-05-14 13:09
akaoni さん
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
いつも どこで ネタを仕入れるの?
赤鬼さんの 頭~?
Commented by tomotiyoo at 2015-05-14 13:16
福島の壮年さん こんにちわ

きっと 全世界 共通の悩みかもしれませんね
生老病死
誰もが 避けられないことですね

私たちは 信心のお陰で 意味のあること と
捉えられるし 同志が祈ってくれるって言う安心感があるけど
そうでない人は 不安だらけでしょうね

墨田区では 全国に先駆けて 見守り相談という 
窓口があります
我が議員の 発案で生まれ 全国のモデルになってます

まだまだ これからでしょうけど 一つ一つ
安心な街づくりを 心がけていきたいです
Commented by AKKO at 2015-05-14 15:23 x
☆おむつを替えてあげたい☆究極の愛ですよね❤中島みゆきさんの 大好きな歌 あした を思い出しました。
ほっこり。素敵なお話しをありがとうございます!
Commented by tomotiyoo at 2015-05-14 16:16
AKKOさん
素敵な歌を ありがとう
照れるなぁ~
by tomotiyoo | 2015-05-14 00:00 | Comments(10)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ