必死の一人が歴史を変える

「「私がいれば大丈夫!」と
今、ここから
時は1936年の12月━日本軍の非道な侵略が荒れ狂う最中、
30代の若き周恩来青年は、西安に駆けつけた。
当時「西安事件」というげきどうの渦中にあった、この地で、周青年は、
味方のなかにも、敵のなかにも勇敢に突入し、凛々たる声を響かせながら正義の陣列を拡大していった。
「何があっても大丈夫!我らの周恩来が、西安にいるからだ!」
「これで中国は救われる!我らの周恩来が西安にいるかぎり!」
「必死の一人」が歴史を変える
周青年のごとく「わが地域はあの人がいるから大丈夫だ!」と
仰がれる広宣流布の原動力となって光ってください。
誰かに期待するのではない。
自分自身が、その存在になっていくのです。
何か問題があるのならば、自分自身が変えていくのです。
そして、東で、西で、北で、南で「学会の運命はここから変わった!」と
謳われる「勝利、勝利の進撃」を断固として開始していただきたいのであります。
「何か」を残せ!
周総理 指導者のあり方
1.「上からの号令ではなく、個人指導を多くせよ!」。
2.「民衆と結合し、民衆の知恵から多くを学べ!」。
3.「”上から下”ではなく”下から上へ”、多くの波動を起こせ!」。
初代牧口会長もまったく同じ。大事なのは「個人指導」
じっくりと「一対一」で語り合っていく。
偉いのは「上」ではない。「下」で支える人が偉いのです。
「何か」で勝利していきましょう
「何か」を残さずして何のための人生か。
社会は闘争。人生も闘争。
甘えは許されない。同情も必要ない。
勝てば「歓喜」と「幸福」
負ければ「悲嘆」と「不幸」
ゆえに勝ちましょう!
歴史をつくりましょう!
(2000年10月12日 創価大学記念講堂 輝きの明日へ70より抜粋)
厳しいけれど 温かい大好きな先生の激励でした




[PR]
Commented by うるとらまん at 2015-06-19 00:31 x
おはよー!

昨日は大勝利の座談会でした。
主役は4月から数年の冬眠生活から目覚め御書講義をしている某男子部でした。 
[仕事が今、終わった。座談会に間に合わないかもしれない。今から向かいます]と電話があり、講義は座談会最後にしてもらいました。 
皆、彼が間に合うか気になっている様子でした。担当幹部の話が終わりかけた8時20分に作業服姿で到着しました。
玄関先で彼を迎えましたが、とても緊張し青ざめていました。しかし、題目を上げていると感じられるオーロラがありました。
仕事をやりくりし、座談会に間に合わせようと駆けつけた彼に婦人部は感動で目が潤んでいました。
講義の勉強で昨日は夜中の二時半まで勉強したとの話に婦人部の喜びと驚きの声が会場一杯に広がりました。
相当悩んで勉強したとわかる講義でした。
話がうまい下手、幹部であるでない、関係ないと思いました。
人の心を打つのは、、一生懸命である事だと彼の講義を聞いて思いました。一人の男子部が立ち上がっただけで座談会
の雰囲気は一変しました。誰もが彼の講義を楽しみにし、彼の成長に驚き歓喜している座談会、彼が悩みながらもがきながら
信心の確信を掴もうと必死に御書を勉強し講義する座談会はウルトラ最高です。
皆さんにこれが座談会だと言える座談会でした。
Commented by tomotiyoo at 2015-06-19 05:11
うるとらまんさん おはよ~

これこそ 必死の一人が歴史を変える かな~?
うるとらまんさんが いつも 行動していたこと
一人を大切に!
この一念が 花開いた気がします
沖縄の現状を聞いて こんなにも地域格差があるのかと
嘆きそうになったこともあります
でも そうじゃないんだよね
現状を嘆いても何も変わらない
なら私が変えよう!という 一人がいればいいんだよね
わが地区のお題目のリズムも う~んとよくなりましたよ
白馬がかけるような 唱題になりました
一人から一人 感動の輪が広がるのを感じます
うるとらまんさんおめでとう
うるとらまんさんの地区 万歳!
Commented by tomotiyoo at 2015-06-19 07:00
愛知女性勝利の日 おめでとうございます

「誠実に話せば必ず心は通じる。
 正義の語らいには 必ず信頼が輝く。
 さあ 人間の中へ」

人間の中へといえば 吉村元佑さんの本
先生の心がいっぱい!

ボリビアといえば アナタボリビア
http://www.anatabolivia.com/gira2015j.htm
秋元さんの活躍も芸術を宣揚し平和に尽くすことですね
素晴らしい人材です

「恋愛と革命は対立しない」
深いなぁ~!



Commented by 千早 at 2015-06-19 07:19 x
ウルトラマンさんもちよさんも、よい話をありがとうございますm(__)m
Commented by tomotiyoo at 2015-06-19 07:46
千早さんも いつも
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \(例のあはは)な話
ありがとう!

こっちは大雨です
キティーちゃんの長靴履いて 行ってきまーす!
Commented by ハピネス at 2015-06-19 14:43 x
>しかし、題目を上げていると感じられるオーロラがありました。

きっと、うるとらまんさんは、「オーラ」と、言いたかったんだろうなぁ。
Commented by tomotiyoo at 2015-06-19 15:23
ハピちゃん そこか~?
たしかに~(笑)
by tomotiyoo | 2015-06-19 00:00 | Comments(7)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ