登用講座

以前の生死一大事血脈抄の記事はここをクリック

思わず 法水写瓶という言葉を 思い出した
大聖人から 日興聖人へ
ここをクリック

幼い頃の私 どうして 日興聖人への御書がないの?(笑)
いつも一緒に戦っていたのだから わざわざ お手紙を書く必要ないよね

「然れば久遠実成の釈尊と皆成仏道の法華経と我等衆生との三つ全く差別無しと解りて
妙法蓮華経と唱え奉る処を生死一大事の血脈とは云うなり」

ここを読めば 血脈は私たち一人一人にあるってこと 明確なのに
日顕宗の人 お気の毒!

信心の姿勢は 正しく受け継ぐ事
三つ全く差別無しと解りての 解るとは 確信だと言う事
①頭ではなく 心の底っから 信じる 信じぬく
②生涯不退転
③広宣流布の信心
 師弟不二 異体同心 自他共の幸福 心の絆

今世も来世も広宣流布の為に行き抜き 臨終正念の祈りで
学会員として生きていける幸せを 噛み締めている真っ最中です



[PR]

by tomotiyoo | 2015-08-24 00:00 | Comments(13)

Commented by 糸吉 at 2015-08-24 07:08 x
おはようございます。
登用講座参加できませんでした。
ここで勉強できます。
ありがとうございます。
Commented by tomotiyoo at 2015-08-24 08:29
糸吉さん おはよ~

久々の寝坊
起きたら 8時ごろでした
温泉一人で 満喫!

思えば 食べるのさえやっとだった親子
安いビジネスホテルですが 温泉つき
甲府の山(広布の山ではありません)を眺めながら
ゆっくりと(と言いながら カラスの行水)

ここの温泉は 施錠されていて 暗証番号を入れて入浴
朝 うっかりと忘れてしまったけど ちょうどスタッフの方がいて 部屋に戻らないで済みました
今日も ラッキーな一日の始まりです
Commented by 福島の壮年 at 2015-08-24 11:42 x
おはようございます。

暑すぎて、お風呂タイムでも湯に入らずに
ひと月間ほどはシャワーで済ませていましたが、
先週半ば頃から暑さが和らいだこともあり、
ゆっくりと湯に浸かって体をほぐしたくもなり、
久し振りに浴槽に湯を張って入る今日子この頃。
家のお風呂でさえ、体だけではなく、心までも
解放されていくようで。

心までも
心の底から。

そう、『心の底から 信じる 信じぬく』
そうしているようで、そうではない人が
結構いますね。
そういう人は、いくら綺麗ごとを並べても、
いくら確信のあるようなふりをしていても、
いざと言うときに、簡単に退転しちゃう。
不信の愚痴が噴出してくる。

命の底にしっかりと信が打ち込まれ、
何があろうと微動だにもしない。
「不退転」を貫くことは当たり前。
そういう方は、草創の大先輩にこそ
多くおられますよね。

苦労を重ねて幾山河。
苦労を乗り越え、乗り越えた先にまたひとつ。
何が起ころうと真っ直ぐに。
鋼のように強くしなやかですよ、本当に。
Commented by うるとらまん at 2015-08-24 11:48 x
おはよー!
温泉は良いな! 楽しんでね。
こちらは台風真っ最中楽しんでます。
(やせ我慢だけどね))
Commented by tomotiyoo at 2015-08-24 13:16
ただいま~
あっつい~ 蒸すぅ~
東京は ジメジメしてるね~(笑)
Commented by tomotiyoo at 2015-08-24 13:19
福島の壮年さん こんにちは
私たちも そのうち 草創の人になれるんでしょうかねぇ~?(笑)
Commented by tomotiyoo at 2015-08-24 13:27
うるとらまんさん
やせ我慢 お疲れ様です
そういえば ダイエット どうですか?

台風被害 ないように祈るね~

久々の うちのご本尊様
懐かしい!
Commented by 福島の壮年 at 2015-08-24 15:45 x
沖縄といっても石垣島・八重山地区が
大変なことになってるようですね。

沖縄本島に向かってるようです(もう着いた?)けど、
ダイジョウブですか?
風が物凄いようですが・・・。
Commented by tomotiyoo at 2015-08-24 22:00
東京も 風が強く すっかり涼しくなりましたよ
今日は 先生の入会記念日
そして 壮年部の日でしたね
遅くなりましたが おめでとうございます
Commented by 久遠の凡夫 at 2015-08-24 22:38 x
将来、アメリカ人さんとか、外国人の会長さんが誕生する時代には、すっかり草創期の人でしょうね。
(本来は、こんな時代が早く実現しないのは、先生に申し訳無いことですが)

全国で台風の被害がありませんように
Commented by tomotiyoo at 2015-08-25 05:26
久遠の凡夫さん おはようございます
未来を想像すると 楽しいですね!
Commented by 凡ちゃん at 2017-05-09 01:40 x
過去の因を知らんと欲せば、現在の果を見よ
未来の果を知らんと欲せば、現在の因を見よ

人間革命や新・人間革命を読んで、「昔はこうだったんだ。へ~。」で終わってしまったら、ものすごくもったいないことですよね。
過去はこうだった。今はこう。じゃあ未来は? まで思いを馳せることで、
先生がその先に言いたいこと。まで見えてきますよね。それに気づくともっと感動出来ます。

>どうして 日興聖人への御書がないの?(笑)
>いつも一緒に戦っていたのだから わざわざ お手紙を書く必要ないよね
そういや、そうか。佐渡でもずっと一緒でしたしね。
と思ったけど、熱原の法難のときはどうだったんだろう?
あのときは大聖人様は身延で、日興上人は熱原だったような?

きっと、弟子が師匠にあれこれ教わる時代はいつか卒業しないといけない。とか、そういう感じで、
御義口伝とかそういうことがあってからは、大聖人様は日興上人を完全に信頼して、わざわざお手紙を書いたりしなかったのかな?
Commented by tomotiyoo at 2017-05-09 06:38
全て 自分はどうしていったらいいのか?
そう問いながら 読むといいんでしょうね

熱原の法難のときはどうだったんだろう?
私も地元の方に聞いてみますので 凡ちゃんも 先輩に聞いてみてね