21年目の対話

私が初めて 青年部講座に行った時の話が 大河内清輝君の事件
だった

クリックした中には 大河内君の遺書も入っています
心の病の方は 自己責任のもと お読みください
大河内君の事件は ここをクリック

先日テレビの再放送で 清輝君のお父さんが出ていた
学校側は 調査中と言っていた 
自殺の4日後 遺書が見つかる
新聞で遺書を公表してからマスコミが動くようになる
加害者は 校長や親に連れられ謝罪に訪れる
なぜ?との問に いじめるのが楽しかった 面白かったと・・・

4万6万12万と・・・合計114万円も取られていたのだ
お父さんは 分からなかった自分が悪いと自分を責めながらも
いじめに悩む子供たちから 清輝君の言えなかった言葉を捜すため
交流を図る
寄せられた手紙は1000通以上

その後お父さんは なぜ息子が言えなかったのか?を子供たちから知る

「いじめられている事は かっこ悪い
 親に恥ずかしい思いをさせたくない 
 心配させたくない
 でも 一緒に気づいて 一緒に泣いて 一緒に戦って欲しかった
 大丈夫?じゃなく 辛かったね よく頑張ってきたね」と

現在35歳になる主婦も いじめを受けていた一人である
中学時代 函館から愛知まで大河内さんを訪ねた
言葉の暴力や 友達のふりをして 追い込む
家まで迎えに来るから 逃げようがない
そんな彼女を大河内さん夫妻は支えた
彼女は21歳で結婚
2人の子どもに恵まれる
夫が そんな彼女の辛い過去を知ったのは 10年後
彼女の心は 彼に打ち明けたら嫌われるんじゃないか?
という不安があったのだ
彼は 「人の痛みの 分かる人になれたんじゃないか」 と
これで 区切りをつけることができた
今 大人になって考えると心配される事は
「恥ずかしいことではない 乗り越えらるることなのだ」 と

私の中にも イジメの心は存在する
そして いじめられる方も悪いという心が・・・

先生の
「いじめた側が100%悪い」
ここをクリック
希望対話を はじめて読んだ時は 衝撃的だった

それから私は 自身を反省し 今までいじめたかもしれない人たちに
一人一人 謝罪をした
ただ 高校時代の同級生は もう誰とも付き合いがない
会う機会があったら しっかり 謝罪をしようと思う



[PR]
Commented by tomotiyoo at 2015-10-11 09:19
おはようございます
久々の 寝坊です

昨日は楽しかった!
おじいちゃんによろしく~
Commented by tomotiyoo at 2015-10-11 09:39
文化本部 女性部長 おめでとうございます
この方のお話は とってもいいですよ

『「道理証文よりも現証にはすぎず」
 体験に勝る力はない。
 大確信の言葉で 友に勇気の波動を!』
体験 随時募集中で~す(笑)

任用試験 まだ 受付中なんですね
誘ってみよう

E━1グランプリ
この前言った 26年前折伏した人のお孫さん
出てたんだけど 残念だった
愛知は知ってる?
糸吉さ~~~~ん

『「原点をもつ人」とは「感謝の人」』
いいね!
「知恩をもて最とし報恩をもて前とす
世に四恩ありこれを知るを人倫と名づけ知らざるを畜生とす」
畜生にならないように さぁ お題目あ~げよっと

Commented by Minnie405i at 2015-10-11 23:28
今日は支部総会に行って来ました♪笑いあり涙あり、総県婦人部長さんの福運は題目で積むしかないとの指導に今日からまたさぼらず題目をあげきります(*˘︶˘*).。.:*♡
Commented by tomotiyoo at 2015-10-12 05:56
Minnie405i さん おはよう
そちらは 支部総会なのですね
そうかいと入れたら 爽快と出てきました(笑)
爽快な総会いいですね
私も 顔晴るぅ~!
Commented by 糸吉 at 2015-10-12 11:45 x
糸吉です。
愛知ですがしらにゃーよ。
ちよさんも寝坊することあるんですねぇ笑
Commented by akaoni at 2015-10-12 12:16 x
糸吉さん
寝坊することもあるぎゃーな。
Commented by tomotiyoo at 2015-10-12 12:44
糸吉さん しらにゃーか~?
今日も 実は 寝坊しました
うるとらまんさんに 5時30分に起きるよ って言いながら 目覚まし 6時30分になってました
でも 自力で起きた
ちよの目覚まし時計かわいそう!
Commented by tomotiyoo at 2015-10-12 12:44
akaoni さん お昼の勤行?(笑)
by tomotiyoo | 2015-10-11 00:00 | Comments(8)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ