お願い

縁 合って 知り合った婦人部さん
心の病で 苦しんでいます
近いうちに 引越しをする予定の彼女は 一人暮らし
不安から 足が動かなくなったという
引っ越しの前日 地区婦人部長さんが ご本尊様をお巻きするため 訪問してくださるというが 引越し先までは どうなっているのかが 不明
私が 代わりに 地区婦人部長さんに 電話をしてみようと電話番号を聞こうと思ったが
引っ越しの準備で すべてまとめてしまって 書くものがないという
私が目指していることは 組織からはぐれてしまった人を 組織にもどす事
彼女の地域は 法戦で忙しいとの事
遠慮して 何かを頼みにくい状況にあるようだ
それでも 勇気を出して 白ゆり長さんに 電話をして きのうの夕飯は 何とか温めていただいたようだ
今の彼女には 電話で 一緒に 勤行・唱題をするぐらいしか 私にはできない
あまりにも 遠すぎる
「どんな人も見放さない。決めつけない。切り捨てない。
 信じ抜き、手を差し伸べて、仏性を呼び起こす。
 これが仏法の人間主義だ。」と池田先生
どうか 地域から 彼女が 置き去りにされることなく 無事にご安置できるよう そして 勤行・唱題できるように 皆さんにも 祈っていただきたいのです
よろしくお願いします




[PR]
Commented by 匿名希望。 at 2016-02-14 22:33 x
日々お疲れ様です。
僭越ながら、ひとつだけ。

記事、拝見させて頂きました。
ご同志のことですから、私も祈らせて頂きます。

こういう事実関係をちよさんから知ることができました。だから、知ったかぎりはその方の事を祈ることは、何の躊躇もないですし、心からご多幸を祈る気持ちに嘘偽りはありません。

ただ----
ちよさんが「よろしくお願いします」と呼びかけるのは、ちょっと違うと(私は)思います。
勿論ちよさんが、その方をどう大切に思っていらっしゃるかは察して余りあります。
ですから、ちよさんが必死になって祈るのは、ちよさんが決めたことですから、どうぞおやりになればいい。

けれども、それを他人に呼びかけるのはどうかと思います。
あなたは事実関係を紹介するだけにとどめ、
それを聞いた(知った)他の方が、自分でどうするかを決めることなのです。

何故こういうことを言うかと申しますと、
あなたが「お願いします」とまで踏込んでしまうと、それはひとつの「あなた主催の企画」になってしまいます。
少なくとも、「同志が困っている」と知れば、学会員なら誰だって「同士のために祈る」ということぐらい、真っ先に思う「自分にできること」であり、
つれない言い方ですが、ちよさんに言われるまでもなくやり始める行為です。

厳しいことを申しますが、
あなた様がネットを通じておやりになりたいその「意気込み」は痛いほどわかります。
しかし、もうそろそろネットで「あなたを介してする企画」は、打ち止めになさらないと、
変に「後に続く方」を誘発してしまいます。

それは、ネット信心、ネット組織で「こと足りる」と勘違いする方々です。
勿論、あなたがそれを意図していないことは重々わかっております。
しかし、あなたの行為はそれを生んでしまう危険があり、あなたの想定外の「影響」を生むように思うのです。

話を元に戻しますが、
今回の件、ご紹介くださるのは結構なことですが、呼びかけはもう止めましょうね。

失礼しました。
悪くとらないでください。
Commented by 匿名希望。 at 2016-02-14 22:45 x
連投申し訳ありません。
今回のケース、こういう表現ではどうでしょう?

1.「こういうご同志がいます」(事実)
2.「私(ちよさん)は祈りきる!」と結ぶ。(決意)
3.それを知った読者が「私も!」(賛同)

こうして、「お願いします」という呼びかけをやめれば、「ちよさん発の企画」を回避できます。

似て非なるものです。

失礼しました。


Commented at 2016-02-14 22:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ペコ at 2016-02-14 22:52 x
歩けるようになるまで、ヘルパーさんを頼んではどうかとその婦人部さんに伝えてみてください。
ヘルパーさんを頼むのは、お住まいの管轄の保健所(精神障害の部門)です。申請してから三ヶ月ほどかかるけれど。
私はヘルパーさんに創価学会の歴史を語って、新聞の体験談の切り抜きを渡したり、創価学会の取り組みを語りました。結果、私は自分で買い物に行けるまでになりました。ヘルパーさん様々です。
行政の力を借りる事も大事だと思います。
Commented by at 2016-02-14 22:59 x
こんばんは!祈らせてください。私も同じ気持ちになった事があります、一人でどれだけ苦しまれてあるか。目の前の一人が大事ですよね。祈ることしか私にはできませんが!ネットの世界でも同志は同志です。その方が良い方向にいかれますように!
Commented by 幾三 at 2016-02-14 23:17 x
>それは、ネット信心、ネット組織で「こと足りる」と勘違いする方々です。

そんな愚かな人はいません。
皆、懸命に現実を生きております、ご心配なく。

ご提案は一つの御意見ですね。

でも、結局は、あなたはあなたの道、
ちよさんはちよさんの道です。

Commented by tomotiyoo at 2016-02-14 23:24
匿名希望さん こんばんは
あなた様の思いは みなさんにここで 伝わると思います
それで よろしいのでは?
考え方は 人それぞれ
ここに集う方は ほとんど 組織で がんばっている方と思います
その中で 先生が仰る 近くの人も大切だけど 地球の
反対側の人の事も 思いやれる人になってください の言葉を 私の形で させていただいているだけの事です
ご了承ください
Commented by tomotiyoo at 2016-02-14 23:25
非公開さん ここに書き込んだこと きちんと メモに残して頂くよう お願いします
Commented by tomotiyoo at 2016-02-14 23:26
pekoちゃん アドバイス ありがとう
Commented by tomotiyoo at 2016-02-14 23:28
花さん ありがとう
一人の祈りより 2人の祈り
情けないけど みなさんの力をお借りないと・・・
本当に ありがとう
Commented by tomotiyoo at 2016-02-14 23:32
幾三さん ありがとう
字を 変えたんですか ?
いい意味で いつかは 仲良くなれると思ってました
嬉しいです
Commented at 2016-02-15 00:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-02-15 01:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by かずき at 2016-02-15 01:42 x
ちよさん 皆さん、おはようございます♪

ネット(文章)で想いを伝えるのは難しいですね。。
ちよさんは婦人部さんの為に深々と頭を下げ
同志の方々へお願いされたのだと思います。
僕も祈ります。

他人への呼び掛け企画と捉え、祈られてもどうかと?

Commented by tomotiyoo at 2016-02-15 06:41
匿名希望さん ありがとうございます
Commented by tomotiyoo at 2016-02-15 06:44
かずきさん おはようございます
ありがとう
心配してくださることがいるって ありがたいことです
約2週間 悩んで祈って出した結果です
悪くなる事は ないでしょう
Commented at 2016-02-15 06:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomotiyoo at 2016-02-15 07:26
誰よりも努力を
テーマ:メッセージ

本物の成功を手にしたいのなら
誰よりも努力しよう。
成功しないわけが
ないくらいの努力を。
既に成功していても
気がつかないくらいの努力を。
成功することより
努力することのほうが
本当は価値があるから。

直太
Commented by tomotiyoo at 2016-02-15 07:28
非公開さん おはようございます
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
そうなの?
私って 結構 天燃でしょ(笑)
Commented by tomotiyoo at 2016-02-15 07:44
非公開さんat 2016-02-15 00:54
何か 勘違いされているようです
コメント欄 じっくりご覧になってくださいね
私も 勘違いして ごめんなさい
よろしくお願いします
Commented by 福島の壮年 at 2016-02-15 09:12 x
これは、祈らずにはいられない。

いや、これ、他人事ではないんです。
私の息子二人とも現在は首都圏に独り住い。
一人は来年度(本年4月)から転勤で、
何処に移るかは今週中にも辞令が出ます。
もう独りは、新しい職場・新しい住まいでの生活が
開始されたばかりです。

転勤が多い会社・法人では、先ずは転居先の
地域の学会員さんとうまく繋がってくれるか。
それが、親としては最大の関心事です。

私が独身時代は、転居先で組織が分からな
ければ、聖教の看板を探したり、公明党の
看板を探したりと、自ら、地元の学会員さんと
接点を持つために動きましたが、残念ながら、
息子たちには、そこまでの信心がありません。

早く、地元の学会員さんと接触して欲しいと
願わずにはいられません。
Commented by tomotiyoo at 2016-02-15 09:43
福島の壮年さん おはようございます
私も 折伏した何人かの方が 行方不明です
私が 鬱状態で 相手の面倒を しっかり出来なかったこと 統監等 ちゃんと関われなかった事
今は 罪滅ぼしですかね

今の人達って 私達のように(福島の壮年さんがどうかはわからないけど)図太くない
だから 気の毒で・・・
反対に 自分の事を祈って!という人には 他力本願になるので 呼びかけません

いつもありがとうございます
Commented by うるとらまん at 2016-02-15 12:04 x
引っ越しとは心配です。
引っ越し先で良い出愛があることを願います。
Commented by かずき at 2016-02-15 12:33 x
福島の壮年さん ちよさん、こんにちは♪

以前 引っ越しが決まった時、地区のオバチャンに引っ越し日時をこと細かく聞かれ、
当日オバチャンが紙とペンを持って現れました。
忙しいんですけど(怒)!と言ったものの、ものともせず
『ご本尊様の所在だけは明らかにしてから行きなさい!!』と

今 協議会に参加するようになり、引っ越し予定者が居ないか確認し合う中でオバチャンに感謝出来た事を思い出しましたよ。
N地区婦人部長ゴメンナサイ(僕の心の声)

ちよさん もっと図太くなりましょう(笑)
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-02-15 12:41 x
つい最近、善知識の御書講義のときに、昔の人は、公明党の看板や聖教新聞の販売店を探して、組織を自分で見つけてた。という話を聞いたばかりです。

自分は、そこまで図太く無いので、引っ越し直後は、しばらく孤立して、家庭訪問が来るのを待っていました。
自分が、一人でも信心を貫く決意の人だったから、それでも良かったですが、
もし、支えが無ければ風で倒れそうな人なら、不安ですよね。

100人のことを祈る。が101人になっても、大した違いでは無いので、祈らせてもらいます。
Commented by tomotiyoo at 2016-02-15 13:37
うるとらまんさん ありがとうございます
いい出愛があるよう 私も祈ります
Commented by tomotiyoo at 2016-02-15 13:40
かずきさん いいおばちゃんがいて よかったね!
私も 本物の(笑)いいおばちゃん 目ざすわ

でも これ以上 図太くなって いいの?
Commented by tomotiyoo at 2016-02-15 13:44
永遠の凡夫さん 私が ここに引っ越した時は 新聞が入ったので 本陣長(B長)と 白ゆり長さんが 投函が来る前に 訪問してくださいました
御書を 身で読んでいる人は 強いですね
祈ってくれて ありがとう
Commented by tomotiyoo at 2016-02-15 13:47
おかげさまで 彼女 今日は 目医者に行けました って タクシーと車椅子のようでしたが 何とか 今までより いい感じです
みんな 祈ってくれてるよ って言ったら とっても喜んでた
皆さん 本当にありがとうございます
しばらく お世話になります
Commented by チェリー at 2016-02-15 16:51 x
こんにちは、様々な角度からの、ご意見があるかと思いますが、粉動されて、コロコロ意見が変わるようならいけませんが
ちよさんは、ちよさんの信念を持ち
これからも頑張って下さい(^-^)/
応援してます
Commented by tomotiyoo at 2016-02-15 18:12
チェリーさん 応援ありがとう
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-02-15 23:28 x
後から聞いた話ですが、
自分が引っ越してきたときは、そのときは丁度色々あって忙しくて、新聞の件で誰か来たのは気づいていたのだけれど、誰も動けなかったそうです。

私の、この体験を、皆さんに話して、
今は、新聞に動きがあったときは、(統鑑が無くても)即座に誰かが反応して、連絡を取って報告する組織になってます。良かったですね。

(新聞取ってない人だとお手上げですけどね(笑)
みなさん贈呈でいいので一部取ってください)
Commented by tomotiyoo at 2016-02-16 06:12
永遠の凡夫さん おはようございます
スピード 大切ですよね
誰かではなく 私が 動こう!

贈呈でいいので って どなたが 贈呈してくれるの?(笑)
by tomotiyoo | 2016-02-14 21:34 | Comments(33)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ