久々の戸田先生



治るよ!この戸田先生の 言い方が好き!
思わず だよね~って 言いたくなります

うちにあるレコードは 箱が紺色なの
ここに書いてある題字は 池田先生の文字らしいよ
今と ちょっと 違うよね




東京「杉並の日」おめでとうございます

東京学生部 日本一の弘教 おめでとうございます

「人のため、社会のために力ある人間になれ━恩師」

「広げゆく覚悟と実践」
3代の会長の言葉では尽くしきれない思い
それを 継承していくのが 私達の使命!

「何事においても、皆の気づかぬところに目を配る努力を怠ってはなるまい」

「題目で なまけ心を たたき出す」(板橋区・金沢祐子さん 55歳)


[PR]

by tomotiyoo | 2016-03-18 00:00 | Comments(24)

Commented by tomotiyoo at 2016-03-18 05:38
よっつさん おはよ~
バカボンパパも 戸田先生も池田先生も 治るって言ってるんだから 治るんだよ!って いつも言ってます(笑)
いつ治すのかは 本人次第 だよね~
Commented by tomotiyoo at 2016-03-18 08:00
おはようございます
はじめます
(-人-) 南無南無・・
Commented by 法華美人 at 2016-03-18 09:13 x
おはようございます
私も、絶対治す! 絶対治る!の大確信でお題目あげてますp(^_^)q

今日は座談会です。
一人一言コーナーがあるので、人の心に届くお話ができるよう、しっかりお題目をあげてのぞみたいと思います!
Commented by tomotiyoo at 2016-03-18 09:23
ありがとうございました

法華美人さん おはよう
座談会 ガンバってね

確信が 大事だよね
私も 言うよ!
治るよ~\(^o^)/
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-03-18 15:23 x
「迷ったら負け」ですからね。
先生は、相談者さんの迷いの生命を断ち斬りたかったから、即座にスパっと快刀乱魔のごとく「治るよ」と、おっしゃっていますよね。
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-03-18 15:26 x
あ、そういうことか!

これは、病気と戦うご本人だけでなく、周囲で祈る人も「迷ったら負け」なんだ。

絶対治る。私が治す。という確信じゃないといけないんですね。
Commented by 地区リーダーのユリ子 at 2016-03-18 16:04 x
『この子の目は絶対に治る』との、確信に満ちたご指導を思い出します。
鹿島建設副社長の体験では、自殺を目前に戸田先生から一喝されたことで入信しましたね。
Commented by tomotiyoo at 2016-03-18 18:07
永遠の凡夫さん こんばんは
どうせ祈るのなら 叶うように祈らなきゃね
病気なら 治る 試験なら 受かる
幸せになる!ってね
Commented by tomotiyoo at 2016-03-18 18:08
ユリ子さん
鹿島建設副社長の体験 教えて~
私 知らないと思う。:゜(;´∩`;)゜:。
Commented by 福島の壮年 at 2016-03-19 08:12 x
こちら(私のHNをクリック)のお話ですよね。
私も聞いています。
有名な体験談ですよね。

ご紹介のブロッグでは、「副社長」となっていますが、
いずれにしても後の話。
副社長 → 副会長へ
というのは普通にあることです。
Commented by 福島の壮年 at 2016-03-19 08:15 x
上コメント、誤表記訂正です。

(誤)ご紹介のブロッグでは
(正)ご紹介のブログでは

失礼しました。
Commented by 地区リーダーのユリ子 at 2016-03-19 08:58 x
一家心中をしようと橋に来た時、死ぬ前に美味しいものを食べようと、川沿いの赤提灯を目指したら、そこは座談会会場で、そこで戸田先生に会いました。
『私でも幸せになりますか?』との質問に、先生は烈火の如く『御本尊は、そんなちっぽけなものでは無い!』
すぐに優しい表情で『朝晩の勤行を20年続ければ、必ず皇居を見ろ下ろせる境涯になれるよ』
Commented by 地区リーダーのユリ子 at 2016-03-19 09:01 x
池袋にサンシャイン60が鹿島建設によって完成しました。
完成の日、副社長になったその人は、最上階で文字通り皇居を見下ろしながら、『戸田先生、有難うございます』と、涙を流したのです。

これは会合で聞いたお話です。
Commented by tomotiyoo at 2016-03-19 09:55
福島の壮年さん おはようございます
一言 あ~! これか~!(笑)
感動です
ちゃんと残してくださっているブログがあることにも 感動しました
ブログって ありがたい
福島の壮年さん ありがとう!
Commented by tomotiyoo at 2016-03-19 10:00
ユリ子さん ありがとう
思い出しました
鹿島建設だったんですね
私は 途中 サボってますので・・・ですが
スカイツリーを見上げる境涯になりました(笑)

確かに 私も 個人会館を持てましたけど・・・
過去の話です
先生からの感謝状と 直筆の色紙が 私の唯一の自慢です
Commented by 福島の壮年 at 2016-03-19 10:57 x
先にご紹介したブログに載っている
この体験(私のHNをクリック)、
涙なくしては読めません。

生命の実相を正しく知ること。
それが生死の苦を乗り越える鍵ですが、
それはやはり、お題目を「真剣に」唱え切る
中にしかできないのでしょうね。

戸田先生の獄中の悟脱も
牢獄の中での唱題行によって
成しえたことですしね。
Commented by tomotiyoo at 2016-03-19 11:18
福島の壮年さん 
素晴らしい お話ですよね
この話は 私がまだ 配達員をしていた時
配達員会で聞きました
話してくださった人 壮年の幹部なのですが 涙ながらに 話してました
私は この話も素晴らしいと思いますが それを話してくれた人の 人柄をみました
その方 2人のお子さんを 創価教育の道に 進ませました
そのお子さんの一人が 我が家に坂口さんをお迎えした時に
「困っている人の役に立つ人になりたいです」と言った事を
思い出します
意地悪な私は おばちゃん お金に困ってるんだけど 助けてくれる?って言ったら 困った顔をしてました
今は 立派な社会人です

この 中等部の方の話は 千早さんも 話していました
生死即涅槃
途中どうであれ 悟りって こういうものなんでしょうね

我が家は まだまだそこまでいかないので 生に執着して 治す事を 使命として ガンバってます\(^o^)/
Commented by 福島の壮年 at 2016-03-19 14:29 x
そういや、感動的な体験談をご紹介できたのも、
地区リーダーのユリ子さんが、鹿島建設社長の体験談を
載せてくれたからですね。

地区リーダーのユリ子さん、ありがとうございました。
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-03-19 18:44 x
〉私は この話も素晴らしいと思いますが それを話してくれた人の 人柄をみました

〉そういや、感動的な体験談をご紹介できたのも、
地区リーダーのユリ子さんが、鹿島建設社長の体験談を
〉載せてくれたからですね。


「遣使還告(けんしげんごう)」ですね。
当事者だけでなく、代弁者という善知識は、とても大事な存在だとわかりますね。

そして、皆さん一人一人が、末法の四依。つまり、地涌の菩薩なんですね
Commented by tomotiyoo at 2016-03-19 19:44
ユリ子さんのブログは ここです
http://ameblo.jp/1985-yuri/
Commented at 2016-03-19 22:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomotiyoo at 2016-03-20 06:22
非公開さん おはようございます
祖父母さん 退転してしまったのですか
そういう事もありますよね
「まことの時はわするるなるべし」
忘れてしまったんでしょうね
残念な事ですが 中等部員の 立派な信心は 三世永劫に輝くでしょう
中等部担当の人も 立派でしたね
足が生えてくる 私だったら言えたかな?
Commented by 親族ですが at 2017-03-31 16:03 x
該当者親族であるが
彼の家族がそうだった事実はない
20年以上前に創価学会に抗議して
このような嘘を流さないとの約束をいただいたが、また亡霊が蘇ったようですね。

やめなさい
Commented by tomotiyoo at 2017-04-01 06:00
親族ですが さん おはよございます
それは 鹿島建設の方の話?
中等部の方の話?
「彼」がよく分からないのですが・・・
もう少し 詳しく教えてください
よろしくお願いします