桜さんの お薦め!

桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)
カスタマーレビューより

「1999年10月26日の白昼、JR桶川駅前で21歳の女子大生猪野詩織さんが刃物で殺害された。彼女は、ひどいストーカー行為におびえ、警察に訴えていた。だが、悲劇は起きた。
事件はなぜ起きたのか?そして犯人は?衝撃のノンフィクション。

ものすごい衝撃だった。詩織さんはなぜ殺されなければならなかったのか?
一体彼女が何をしたというのだ。若くして命を奪われるようなことは何もしていない。
執拗なストーカー行為におびえながら、彼女は家族のことを思いやり、
そして自分自身の生活を守ろうとした。けれど、限界があった。その限界を悟ったとき、
詩織さんと彼女の家族は警察を頼った。
だが、警察の対応はとても常識では考えられないものだった。
こんなことが現実に起きていたなんて・・・。
結局、警察のずさんな対応のせいで詩織さんは命を奪われてしまった。
だが、ひどいのはこれだけではない。
警察は犯人を探し出せなかった。
警察に先んじて犯人を特定したのはひとりの記者・・・この作品の著者だった。
これも信じられない話
あくまでこちらに非がないと主張したのだ。
どこまで卑劣なのだろうか。
警察の本来の使命は、市民の安全や名誉を守ることではないのか!真逆のことをおこなってどうするのだ。
「いつかは殺されるかもしれない。」そう考えた詩織さんは、遺書を残していた。
その内容に胸が締めつけられる。誰も彼女を助けることはできなかった・・・。
警察の不祥事も、ストーカーによる事件も、いまだに無くならない。
なぜ教訓が生かされない?この胸の中に湧き上がる怒りは一体どうすればいいのか。
こういう悲劇があった。こういう不祥事があった。
このことをひとりでも多くの人に知ってもらいたい。」

「二年前、たまたま取っていた大学の授業で,この事件における埼玉県警桶川署の不祥事の
特集番組を見た。
人が殺されたために開かれた記者会見での桶川署員の対応の酷さ。
ヘラヘラ笑いながら記者たちの質問に答えている。
時にはジョークまで言う始末であった。
何よりも憎むべきは犯人であると思うが、
こういった警察の対応へ激しい怒りがこみ上げた。
本書では、こういった警察の対応から
マスコミの被害者への酷い仕打ち、世間の偏見が事細かに記されている。
この事件がどれだけ不条理で許されざるものかがわかる。
今の日本では、被害者より加害者を守るために法律が存在している。
加害者が罰せられるのは、被害者へ危害を加えたためではなく、
社会秩序を乱したためなのである。
どんどん凶悪な犯罪が増え、いつ自分の身近な人間が巻き込まれるかわからない。
犯人の狂気も警察の冷たさもマスコミの常軌を逸した取材も人事ではない気がする。 」

「一気に読み終えてしまった。
悲しみと共に怒りが込み上げている。
未来ある女子大生の人生を奪った犯人グループに対してなのか、
いや、ストーカー被害にあっていた時から散々家族で訴えていたにもかかわらず「告訴」を「被害届」と改ざんし、一家を守らず、ウソの発表を続けた警察に対してだ。
もちろん一番悪いのは犯人達である。
自殺をした主犯は卑怯だ。
でも、それよりも、市民を守るべき警察は何をやっていたのか。
作者は当時写真週刊誌の記者であり、自ら犯人を特定している。
その努力に対して、そして警察の自己防衛的な発表よりも、家族や周りの証言を信じ最後まで戦った勇気に対して私は敬意を称したい。
この本を読んで私は人事とは思えなかった。
なぜなら、被害にあった彼女が主犯と出合った場所は私の地元であり、当時も仕事で毎日歩いていた所だったからだ。
犯人と、そして被害者の女性とすれ違っていたかも知れない。
もし私が同じようにストーカー被害にあったら、警察に相談するだろうか。
この本を読んで、躊躇してしまうかも知れない、と思った。
当時この記者が書いた記事によって、ひとつの法律が出来た。
彼の努力と彼女の死が無駄でなかったと思いたい。
そして、この本がきっかけで何かが変わってくれていれば、と思う。」


ぜひ一度この作品を読んでほしい。
強くそう願う。オススメです!
by 桜





長崎の日 おめでとうございます

「どうすれば 皆が喜び安心するか。 
 日々祈り、心を砕け! 
 人間味あふれる 誠実のリーダーたれ!」

レオナルド・ダ・ヴィンチ  東北展 おめでとうございます
http://tomotiyoo.exblog.jp/24229881/
「イタリアと日本の共通点 美を追求する心」

富山・射水で 環境展 明日まで
「”今 自分ができること”」


「恐れるな!敢然と突き進むのだ━恩師。
 題目に勝る力なし。」

「よく笑う高齢者は脳卒中・心臓病の危険(リスク)少
 楽観主義は健康の秘訣」

「勇敢に動く事
 眼前の一人を大切にすること
 確信込めて 語りきること」

福岡 顔晴れ! チリ 顔晴れ!
私も顔晴る!


[PR]

by tomotiyoo | 2016-03-20 00:00 | Comments(6)

Commented by tomotiyoo at 2016-03-20 07:07
おはようございます

「悪を罰さないものは 悪を行えと命じているのだ
悪を罰しない者は悪をなせと命じているのだ。」
(レオナルド・ダ・ヴィンチ)
私達の場合は 仏罰だからね
現証は 厳然!
身口意の三業に気をつけよう!

今日は 資源回収と お花見の準備です
お花見で 友好拡大!

今朝は 早めに(-人-) 南無南無・・
Commented by うるとらまん at 2016-03-20 10:46 x
警察機構は一般人からは理解しがたい構造です。
一度出来上がった構造は、惰性の法則と既得権益が働き改善は容易ではありません。
粘り強い訴えが必要不可欠です。
Commented by tomotiyoo at 2016-03-20 15:44
うるとらまんさん こんにちは
惰性の法則と既得権益
これって 形式主義と権威主義に似てませんか?
私は これと 生涯闘っていこうと思います
Commented by tomotiyoo at 2016-03-20 22:08
Commented by tomotiyoo at 2016-03-20 17:02 x

警察機構は一般人からは理解しがたい構造です。
一度出来上がった構造は、惰性の法則と既得権益が働き改善は容易ではありません。
粘り強い訴えが必要不可欠です

粘り強い訴えすら相手にしてもらえなかった
私の訴えが、まだまだ、足りないんでしょうか
しかも警察は縦社会とよく聞きます

様々なことから、世の中に絶望すらしてしまいます

知らない間に「出来上がった構造」のために、真実を話したらいけないような圧力や導きも、あります

実際、どんな話になっているかわからない という恐怖

様々な変えられないとされた問題は、政治に携わる人や、影響力ある人や、多数の民衆の声が変えてきたんだと思います

だけど私は私で、変わらないといけない
もっともっと、がんばらないといけない

もっともっともっと、強くならないといけない

…だけど、どれだけ耐えて強くなればいいんだろう?

それとこれとは関係ない大きな問題だと思うんです
本当ならば、こんなことがなければ誰も苦しまず安全で安心な毎日を暮らしていけるはずなんです
by 桜

Commented by tomotiyoo at 2016-03-20 17:37 x

桜さん
「だけど、どれだけ耐えて強くなればいいんだろう?

それとこれとは関係ない大きな問題だと思うんです」

自分が 納得いくまで 強くなるのです
幸せ って 思えるまで・・・

関係ないと思っているうちは ・・・
すべて 関係があるのです
依正不二ですから
Commented by tomotiyoo at 2016-03-20 22:08
Commented by うるとらまん at 2016-03-20 18:53 x

桜さんへ
私は辺野古移設反対運動の座り込みに参加しています。
内地では、たった10数機のオスプレイ配備でさえ地元の反対運動が起きれば配備は中止されます。
しかし、沖縄はそうではありません。すべての選挙に勝っても10数年間実際に反対運動していても国は県警機動隊を導入して
国家権力で県民の思いを踏みにじってきます。県警がだらしないと今度は莫大な予算を使ってまで東京から選りすぐりの機動隊がやってきます。
もともと内地にあった米軍基地は地元の反対運動で人権蹂躙の無法地帯であった米軍統治の沖縄に機関銃を突きつけられ、ブルトーザーで村町を破壊して
沖縄に基地が建設されてきました。内地では絶対に機関銃をつけつけることはありません。しかし、沖縄なら許される、不合理に沖縄県民はどれだけ虐げられてきたことか分かりません。
しかし、沖縄は負けません。既得権益で貪る人間に負けません。勝つまで戦い続けます。
Commented by tomotiyoo at 2016-03-21 06:21
うるとらまんさん、ありがとうございます。

「しかし、沖縄は負けません。既得権益で貪る人間に負けません。勝つまで戦い続けます。 」

コメントを読むまで、実際、どれだけ大変なのか解らないことがありました。
沖縄は大変な思いを、ずっと未だにされているんですよね。
悔しい気持ちがあるなか、なんとかしたいと戦っておられる方が沢山いらっしゃるんですね。
そういう理不尽な思いをした人しか解らないものはあると思います。

難しいことは沢山あると思いますが、負けないで諦めずに頑張ってください。私も応援します。

私は一人で戦ってきたと思ってしまいがちですが
本当は、ちゃんと話を理解してくれて、応援してくれる人たち、心配してくれる人たちがいます。
その方々に、心から感謝しています。だから私は幸せだと思います。
不幸中の幸いでしょうか 笑

沖縄の問題に対して応援して下さる方は、全国に沢山いると思います!
うるとらまんさん、負けずに頑張ってくださいp(^^)q

ちよさん
ありがとうございます
依正不二
うん、厳しい!笑
だけどがんばります!
本当に苦しんでいる人を助けたいです

今のままでは難しいけれど、人一倍嫌な経験をしたから思えたことです」

by 桜