東 晋平(ひがし しんぺい)さん

私が 彼を知ったのは 山下彩花ちゃん(当時十歳)のお母さんの手記だったと思う
その頃 私は 仕事の傍ら 夜 スナックでアルバイトをしていた
神戸で起こった残虐な事件
それが 少年が起こしたことと ニュースで流れて お客さんとその話題で もちきりとなった
いわゆる 神戸『少年事件』とも『酒鬼薔薇事件』とも よばれていた
それなのに 山下京子さんの 手記には 恨みがなかったように思えた
何故?
20年程前の事で 私の記憶も定かではないが子どもを殺された母の話なのに 読んだ後に 爽やかな気持ちにさえなったような気がした
その後 私は 神戸の交流で その現場の近くを訪れる事になる
震災から 立ち上がった神戸
綺麗な町並みだった覚えがある
 
5月号大白P70
この数年間1日1万遍の唱題に挑戦
入会して 50年目の節目に題目をあげてあげてあげ抜いたおかげで、心底から
「池田先生と共に、世界広宣流布の道を開いていく」
「あの日の自分の誓いを、必ず果たしてみせる」という腹が決まりました。と
あ~ 私は まだまだだな~と 反省 そして また 前進の日々を祈る!

聖教オンラインは ここをクリック





[PR]
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-04-26 00:53 x
あー、創価新報の、まっとくんの法華経ツアーの原作は、この人だったんだー!
こんな人だったんだー!なるほど

(厚田村は「母の祈りに鳳雛も、虹を求めて天子舞」ですね)

〉こんなだらしない自分を、池田先生は待っていてくださった

ここで共感しました
自分が、暗黒時代を乗り越え、その数年後に、当時を思い出し、思わず涙した御書があります

「行者は必ず不実なりとも・智慧はをろかなりとも・身は不浄なりとも・戒徳は備へずとも・南無妙法蓮華経と申さば必ず守護し給うべし」(祈祷抄)

このときのことを思い出しました
私は先生に直接会ってはいませんが、先生からご本をいただきました
Commented by tomotiyoo at 2016-04-26 05:47
そうそう その人(笑)

先生が 仰ってたよ
 「私と口をきいたこともないし、会ったこともない、そういう人のなかに、本当に学会を守って、がんばってくれている人がいるんだ。
そういう人の信心が、私は本物だと思っている」って
 
『潮 2012年7月号』

嬉しいね



Commented by tomotiyoo at 2016-04-26 07:57
よっつさん おはよう
あとで 私も 探してみようかな?

ちょっと遅れるかもだけど はじめます
Commented by tomotiyoo at 2016-04-26 08:02
はじめるのだ~
by バカボンパパ
Commented by tomotiyoo at 2016-04-26 09:27
よっつさん こちらこそ ありがとうございました
Commented by peko at 2016-04-26 11:02 x
ちよさん、さっきは本当にありがとう

山下京子さんの事知らなかった、当時私は次男の不登校で苦しんでいたもんだから。

教えてくれてありがとう。
Commented by tomotiyoo at 2016-04-26 11:48
pekoちゃん いえいえ

凛子さんも 本気だすかな~\(^o^)/
http://ameblo.jp/gintyann1113/entry-12154103259.html?frm_src=favoritemail
Commented by ちよ at 2016-04-26 20:32 x
3月1日付の少年少女きぼう新聞
ひがしさんの記事
テーマは東日本大震災の被災地
「もっとも苦しんだ人が、もっとも幸せになれるように、池田先生と奥様は、きょうもお題目を送り続けています」
だって
Commented at 2016-04-26 21:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by tomotiyoo | 2016-04-26 00:00 | Comments(9)