真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

「生涯 同志の誓い忘るな」抜粋

男子青年部総会での池田先生の誓い
1.世界広布への誓い
2.青年部は生涯、どこまでも戸田門下生として広宣流布実現のための「手駒」として戦い抜く
3.生涯絶対に同志を裏切らない

広布の法戦にあたり、増上慢になったり、小心であったり、臆病であったりして退転してはならない。
また、社会的地位をもち、名聞に流され、広宣流布を忘れ、同志を裏切っていくことは絶対にあってはならないと誓ったわけである。
 今、私は、31年間の法戦を振り返ってみた時、ある人は退転し、ある人は反逆し、ある人は社会に迎合して、信心を忘れ去っていったことが残念でならない。
 私は、一直線に大御本尊に誓ったこと、また恩師に誓ったこと、また同志に誓ったことを裏切らずに、
晴れ晴れとした境涯で今日まで歩んできたつもりである。
 どこの世界でも裏切りということは人間として最低である。
その最低の姿を仏法では「地獄」と説いている。
 世間というものは、ある意味では、残酷である。よい時は人がつくし悪い時は人が離れる。
猫の目がクルクル変わるようなものである。
世間のことのみを気にして、生きることは、あまりにもはかない。
ともあれ人生の行く末というものは分からないものだ。
故に妙法に生き、妙法と共に一生を貫きゆくことが正しいのである。

(墨田区懇談会 昭和59年12月13日)

わが墨田区には 平成元年5月3日に発行された 墨田広布史という本がある
編集後記には
「何回も行き詰まり、意気消沈している時に、はからずも池田名誉会長から写真・指導を掲載することの快諾をいただき、その喜びで多くの難関も乗り越えることができました。」と
なっていました
先生は 広布の為という思いがあれば 皆が喜ぶなら 何でもしてあげようという人なのだと つくづく感じました
私も そういう人になりたいと思う

今日の聖教は ここをクリック

[PR]
Commented by tomotiyoo at 2016-04-29 05:55
おはようございます
今日は 自治会の総会で 8時からは出来ませんので 
よろしくお願いします
Commented by tomotiyoo at 2016-04-29 06:44
今日から ゴールデンウィーク
しっかり 決めて祈って動く!
兵庫 埼玉 愛知
顔晴れ~
もちろん 九州も
私も 顔晴る
Commented by tomotiyoo at 2016-04-29 12:51
ただいま~
よっつさん ありがとう
最後のお勤め してきましたよ~
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-04-30 00:41 x
以前、映画の解説サイトで読んだのですが

インビクタスで、白人のラグビー南アフリカ代表キャプテンを、本格的英国式紅茶の作法で出迎えるのは、
日本人の客人を、千利休のような本格的茶道でおもてなすようなものだ
と書いてあって
そういう場面なんだ。と思いました

ふと
松下幸之助さんが、池田先生をお迎えする際、一体何時に水を撒けば、乾きすぎず、湿りすぎないんだ。という所まで気を使った。というエピソードを思い出しました
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-04-30 02:11 x
インビクタスの、エンディングは「ジュピター」だったんですね
(以前見たときは、民放でバッサリカットだったので知りませんでした)

この歌を聞くと私は「新潟中越地震」のときのことを思い出します
あのとき被災地の人たちを勇気づけた希望の歌でした

映画の途中で、本物のニュース映像が紛れ込むのですが、マンデラ大統領と、主役のモーガンフリーマンの見分けがつきません(笑)
さすが二人は親友同士なだけはあります

ところで、マンデラ大統領と、その親友の池田先生も似てますね
ちょっとした、表情や動作を見た瞬間「先生も、こういうときある!」と思わず叫びそうになりました
Commented by tomotiyoo at 2016-04-30 06:10
凡ちゃん おはよ~
あとでね
Commented by tomotiyoo at 2016-04-30 07:21
凡ちゃんの 親友は どんな方ですか?
私は ほとんどの人が ハッキリものごとをいう人です
たまにケンカになる事もありますが すぐ仲直りしますよ
凡ちゃんも うたれ強そうですね
リアルも 一緒?
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-04-30 23:54 x
え~、私はとっても打たれ弱いですよ~(笑)
何かあると、すぐに自分のほうから頭を下げますし。

戸田先生が、両方がガラスなら割れてしまう。と言ってましたが
相手が、せとものでも、私が綿なら割れませんよね

最近、話をしたら、自分が思っている以上に、周囲の人は「おとなしくて絶対怒らない人」と思っていて驚きました

「身をば随えられたてまつるやうなりとも心をば随えられたてまつるべからず」(撰時抄)

ただ、心の奥底にある一念だけは譲る気は無いです

ネットだと、普段は口に出さない心の本音で話すことも多いので、
もしかしたら綿どころか、「鋼の刀」みたいな発言が飛び出しているかもしれませんね
by tomotiyoo | 2016-04-29 00:00 | Comments(8)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ