修羅のスイッチ 2

女子部の頃の話です
当時の全国幹部に 女子部からも とても人気のある人がいました
ある日 その方が わが支部の会合にやってきた
その方は 会場の準備の時からやってきて 照明やいすの並べ方など 何やら指示
その姿を見た私は 修羅てんこ盛りに
どうにもこうにも 心が落ち着かず 責任者に一言残して 家に帰ることにしました
ただひたすら どうして こんな気持ちになってしまうのか ご本尊様の前で 泣きながら お題目をあげました
あの 偉そうな態度が 気に入らない
なんで みんなは あんな人が好きなの?
私は あの横柄な態度が気に入らない
とうとう その会合には 出ることができず 時間は過ぎました

いかるはじごく むさぼるは がき おろかは ちくしょう てんごくなるはしゅら よろこぶはてん たいらかなるは にんなり
瞋るは地獄・貪るは餓鬼・癡は畜生・諂曲なるは修羅・喜ぶは天・平かなるは人なり
(御書 如来滅後五五百歳始観心本尊抄 241ページ)
と・・・
私の心は 曲がっているが故 ものの見方が 変だったのです

その後 しばらくして 本部の代表で 先生から押印入りの本をいただくことが決まりました
その時に 先生の代わりに 本の贈呈をしてくれたのが その方でした
私は キッと その方を睨み付けるような態度で 本をいただきました

それから 何年かたって 法戦の戦いで その方を応援することになりました
目いっぱい 戦い その人が 好きになりつつありました

本当に その人が好きになったのは 浅草キッドが司会をする深夜番組
その人の 人間味に惚れました

修羅の命が強い私の目には その方が 横柄にしか見えなかった
しかし その方は 会合の準備段階から その会場で皆と共に動いていた
現場主義の素晴らしい人だったのだと 今は思います

修羅の命は お題目で 昇華していくしかないと気づいた 若き日の経験でした




[PR]
Commented by tomotiyoo at 2016-06-16 06:10
おはようございます
はじめます (-人-) 南無南無・・
Commented by tomotiyoo at 2016-06-16 07:11
ありがとうございます
Commented by peko at 2016-06-16 07:54 x
ちよさん、ご無沙汰で~す。おはよう(^o^)/
今朝は楽な気分です。
久しぶりに8時から参加しますね、宜しくお願いしますo(^o^)o
Commented by tomotiyoo at 2016-06-16 09:42
ありがとうございました

pekoちゃん おはよう
それはよかった!

名字の言 井上靖さんの事ですね
よかったら 読んでね
http://tomotiyoo.exblog.jp/25250126/

福島女性の日 おめでとうございます

「時は 宝なり。
 限りある時間を 最大に価値あるものに! 
 強気祈りを根本に 聡明な行動を!」

午前中 本部唱題会です
有意義な日でありますように

今晩 遅くから 交流に出かけます
絶対無事故を 祈っていきます
Commented by ハキム at 2016-06-16 13:19 x
素晴らしい体験談ありがとうございます

自分次第ということですね

日々の勤行唱題で生命力UP↑や~!(≧◇≦)
Commented by tomotiyoo at 2016-06-16 13:49
ハキムさん ありがとう
お恥ずかしい話です
いっぱい 恥をかいて 今がありますよ
全て 自分次第!
ですね~\(^o^)/
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-06-16 14:29 x
北海道の函館のほうで地震ですね
今後何もなければいいのですが
Commented by tomotiyoo at 2016-06-16 14:56
凡ちゃん そうなんだ
知らなかった
祈ります
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-06-16 17:15 x
たびたびすみません

たまたまテレビでNHK流れていたら、ドラマトットてれびの、徹子さんと渥美清さんの回の再放送やってたんですね

私は以前「「寅さん」こと渥美清の死生観」の著者の人の講演を聞いたことがあるんです

本当は闘病中だったのに、それを隠してたときの渥美清さんが、徹子さんに「星の王子さま」の話をした場面で「あっ」となりました
この頃は、既にこの方と対話をしていたんだろうなとしみじみ思いました

それにしても徹子さんすら家の場所教えなかったんですね
自宅にまで招かれた、この方は本当にすごかったんですね
Commented by tomotiyoo at 2016-06-16 17:54
凡ちゃん
寺沢 秀明 さんが 凄い人って言いたいのかな?
とっとちゃんにも 家を教えないのに 家に招いたから 凄いって事なのかな?

私は この人知らないから よく分からない
どうして凄いと思ったのか 教えてね

Commented by 永遠の凡夫 at 2016-06-16 18:30 x
かなり仲の良かった徹子さんにすら場所を教えなかった自宅に、招かれた寺沢さんはすごいなあ。です。
わかりにくくてすみません
「至誠、天に通ず」って大事ですね
Commented by tomotiyoo at 2016-06-16 18:40
なるほど~
Commented by 東大阪のヒデ at 2016-06-17 09:27 x
おはようございます。
35年前、当時の御山の塔之原グランドで全国学生部夏期講習会に参加させていただいた折、相撲大会が行われました。関西チームは弱くって負けてばかりでした。応援団をしていた私は、やけくそになり、負けた負けた、また負けた、常勝関西また負けた、と踊りながら歌ったのですが、その方は、大笑されていたことを思い出します。そして、そのあと、当時ええじゃないかという映画が公開されていたこともあり、当時の関西学生部長を車座で担ぎ、ええじゃないか(念仏踊り)をみんなで踊り、坊主らに怒鳴られた記憶があります。(笑い)
Commented by 福島の壮年 at 2016-06-17 10:14 x
東大阪のヒデさん、こんにちわ。

全国学生部夏期講習会での塔之原グランド・相撲大会、
私も参加していたかも・・・ですね。
はっきりとした年を思い出せないのですが、
東大阪のヒデさんが言われたその年の前後1年の間に、
間違いなく、塔之原グランドでの学生部相撲大会には、
神奈川応援団の一員として参加しています。
強かった人は、たぶん、柔道の有段者なんだろうなと。
結構、迫力のある取組みが多かったですよね。

ええじゃないか(念仏踊り)は・・・当時、それも宗門総本山
内ですから、そりゃ怒られるでしょうね(笑
by tomotiyoo | 2016-06-16 00:00 | Comments(14)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ