真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

消えた!

先日 新婚当時 住んでいた辺りを歩いてみた
そして 気になっていた あるお宅を訪問
話を聞くと 腫瘍が消えていたという


やっぱ すごいわ~
これも 法戦の功徳だよね

お題目を送ってくださった方々 本当にありがとうございました
小雨の中 この後の私の足取りはとっても軽かった! 



[PR]
Commented by tomotiyoo at 2016-06-30 02:31
朝 起きられなかったら (。-人-。) ゴメンネ
Commented by tomotiyoo at 2016-06-30 08:10
おはようございます

ちょっと遅れちゃったけど
はじめます (-人-) 南無南無・・
Commented by tomotiyoo at 2016-06-30 09:28
ありがとうございました

学生部結成記念日 おめでとうございます

ベネズエラは 私が女子部の時 墨田と交流がありました
歓迎のために こきりこ節を歌った記憶があります

『「差異」を 受け止め、理解しよう、応えようとする誠実が、「対話」を実りあるものにする。』

「偉い人とは、お題目を唱える人
折伏弘教に励んでいる人
友の激励に駆けずり回っている人
広宣流布のために汗を流している皆さん方」

「人生は強気でいけ!」

『「無関心」「嘲笑」「避難」「抑圧」「尊敬」
不軽菩薩の見せどころ』
最近 バカボンパパも 変わりました
昨日 久々に会った お○まちゃん
もし 彼女が来るって言ったら うちに泊めてもいいか?聞いたら
いいって言ってくれた\(^o^)/

「死は肉体の衣替え」

今日も語っていこう!
Commented by 福島の壮年 at 2016-06-30 09:52 x
「悪性リンパ腫」は、悪性腫瘍の中でも
転移し易くて厄介だったんじゃなかったかな。
ただ、現在は、早期発見なら治癒率も高いし、
寛解までもっていければ、10年生存率が70%と、
けして、不治の病ではなくなってきているようですね。

それでも、症状も治療も辛い病に「なぜ?」は
思わずにいられないでしょうね。
そして、答え「が
「本人は 5時間の唱題 未活のご主人も4時間」
ここですよね。

すばらしい体験ですね。 
Commented by tomotiyoo at 2016-06-30 18:08
福島の壮年さん ありがとうございます
法戦には ドラマが生まれますね
この話 まだ ふなっしーにできていないんです
彼女も 今頃 自分と戦っている事でしょう
お題目を送っています
Commented by 福島の壮年 at 2016-07-02 09:21 x
今回の戦いに当たり、我が周辺で起きたことに
鑑みて、肝に銘じなくてはいけないと再認識した
御文があります。
共々に気を引き締め、無事故で乗り切って参りたいと
念願致します。


『我並びに我が弟子・諸難ありとも疑う心なくば
自然に仏界にいたるべし、天の加護なき事を
疑はざれ現世の安穏ならざる事をなげかざれ、
我が弟子に朝夕教えしかども・疑いを・をこして
皆すてけんつたなき者のならひは約束せし事を・
まことの時はわするるなるべし』(開目抄)

『詮ずるところは天もすて給え諸難にもあえ
身命を期とせん、身子が六十劫の菩薩の行を
退せし乞眼の婆羅門の責を堪えざるゆへ、久遠
大通の者の三五の塵をふる悪知識に値うゆへなり、
善に付け悪につけ法華経をすつるは地獄の業なる
べし、大願を立てん日本国の位をゆづらむ、
法華経をすてて観経等について後生をごせよ、
父母の頚を刎ん念仏申さずば、なんどの種種の
大難・出来すとも智者に我義やぶられずば用いじ
となり、其の外の大難・風の前の塵なるべし、
我日本の柱とならむ我日本の眼目とならむ
我日本の大船とならむ等とちかいし願やぶる
べからず』(開目抄)

<「身子が六十劫の」以下の意味するところが難しい
と思いますので、創価教学研究室(赤鬼のブログ)を
参照して下さい。(私のHNをクリック)>

『月月・日日につより給へ・すこしもたゆむ心あらば
魔たよりをうべし』(聖人御難事)
Commented by tomotiyoo at 2016-07-02 20:37
福島の壮年さん こんばんは

こちらでも 葬儀があったり 色々あります
魔を魔と見破って いかなくてはいけませんね

ご本尊と自分 御書根本 先生の指導をしっかり読んで あと1週間気を抜かずにいきたいと思います
いつも ありがとう
by tomotiyoo | 2016-06-30 00:00 | Comments(7)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ