優しいなかにも、善悪をハッキリさせる強さがあった。

1968年(昭和43年)当時である。
練馬区の井上綾子は香峯子夫人に琴を教えていた。
月に一回、信濃町の自宅を訪問した。
必ず玄関の軒先に立ち、丁寧に迎えてくれた。
稽古の合間に、相談したことがある
「学会の入退会を繰り返す会員がいた。
それを強くとがめもせず「いつでも戻ってきていいのよ」と言っていた幹部がいた。
それでいいのだろうか。
答えは明快だった。
「創価学会は、そんなに簡単に戻ってこられるところではありません」
厳しい表情である。
井上はハッとした。
優しいなかにも、善悪をハッキリさせる強さがあった。」
(世界が見た真実 池田大作の真実より抜粋)

若いころ 生意気にも 池田先生のようになりたいと言ったら 池田先生の奥さんのようになりたいって 思えばいいのにね と 言われたことがあるが 今思えば 本当にそう思う
チャンチャラおかしいと 笑われるのは承知の上だが ここを読んで これなら少しは真似ができていると思った
竹を割ったような性格とよく言われて 私は かぐや姫か?!
どちらかというと 一寸法師?
いやいや 猫娘 ムーミンのミー ブラッシー(笑)

私は 私
今日も私らしく元気に進みます


[PR]
Commented by tomotiyoo at 2016-07-19 07:53
おはようございます
今日も元喜に行ってらっしゃーい
Commented by peko at 2016-07-19 12:06 x
私は誰かにどんな性格かとこか、言われたこつないわぁ

私に私は難しい言葉を使うよねって言われたことはヤングミセス時代にあったけどね。

どの言葉か聞かないできちゃってかなり後悔

Commented by tomotiyoo at 2016-07-19 12:32
pekoちゃん こんにちは

そうなのよ
本音で付き合えば 摩擦も起きるけど 本当の友達ができるよ
言ってくれることは ありがたい事だからね

でも そこに 悪意や意地悪を感じたら 長く付き合わない方がいいでしょう(大笑)
何か言われたら その真意を本人に聞く
大事なことだと思うよ
Commented at 2016-07-19 13:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomotiyoo at 2016-07-19 16:02
非公開さん 了解しました
Commented by peko at 2016-07-19 19:16 x
姉に聞きました。
東京震度4ですって?
大丈夫ですか?
Commented by tomotiyoo at 2016-07-19 20:13
pekoちゃん 心配有難う
昨日だったかの 3より 揺れない感じだったよ
by tomotiyoo | 2016-07-19 00:32 | Comments(7)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ