有解無信と無解有信と有解有信

大白9月号 先生の講義には

『「有解無信」教えを理解していたとしても、心では信じていないこともあります。

 うげむしんとて ほうもんをば さとりて しんじんなきものは さらに じょうぶつすべからず
「有解無信とて法門をば解りて信心なき者は更に成仏すべからず、」(p1443)

と 喝破されている通り、どんなに難解な法理を頭で理解していたとしても、それだけでは一生成仏はかなわないのです。』と

 うしんむげとて げはなくとも しんじんあるものは じょうぶつすべし
「有信無解とて解はなくとも信心あるものは成仏すべし、

みな このきょうの こころなり わたしのことばには あらざる 
皆此の経の意なり私の言にはあらず

されば 2のまきには 「しんをもっていることを え おのれが ちぶんにあらず」とて
されば二の巻には「信を以て入ることを得己が智分に非ず」とて

ちえだいいちの しゃりほつも ただ このきょうを うけたもち しんじんごうじょうにして ほとけになれり
智慧第一の舎利弗も但此の経を受け持ち信心強盛にして仏になれり・

おのれが ちえにて ほとけにならずと ときたまえり
己が智慧にて仏にならずと説き給へり、

しゃりほつだにも ちえにては ほとけにならず
舎利弗だにも智慧にては仏にならず」

智慧第一の舎利弗でさえも 智慧だけでは仏になれない
したがって 信ずる心が大事

有解無信 仏法の法門に理解はあるが、信心が無いこと
無解有信 法門における学問や理論の理解に及ばないところはあるが 信心はあること
     有信無解ともいう
有解有信 仏法の法門に理解もあり、信心もあること 

違う御書ですが 




『私たちの「信」の姿勢でもう一つ大事な点があります。
それが、無疑日信(むぎわっしん)です。
無疑とは 「心から納得できる」とも言えるでしょう。
「不疑」とは異なります。
独善や狂信に陥ってしまう危険性があります。』
大白p43を読んでくださいね

無疑日信 過去記事は

「不信と憎悪が渦巻く現代社会にあって、自他共に尊極の生命を輝かせ、真実の喜びの人生を築く道を教えているのが仏法です。
この元品の無明を断ち切る「利剣」こそ信心なのです。
自分の仏性を信じ、人々の仏性をも信じて行動し抜いていく。
このような精神革命の時代を築いていくこと自体が、実は、広宣流布にほかなりません」

確信ある人目指し 頑張ります


[PR]

by tomotiyoo | 2016-09-12 00:00 | Comments(11)

Commented by tomotiyoo at 2016-09-12 05:20
おはようございます
今日は 休刊日です
Commented by 千早 at 2016-09-12 06:46 x
ちよさんおはよう。今日は休刊日か、Iさんゆっくり眠れるかな?
創価の森通信の聖教体験団の記事、7月20日の97歳で亡くなったおじいさんの人生。
すごくよかったので、全文を読みたくて、ずっと7月20日の新聞をとっておいたんだけど、昨日やっとうさぎさんに読んでもらいました。
つくづくとすごい体験だなあと思いました。
唱題と折伏はすごい。
ここで一言言わないといけないよね(^^)
やってやる!折伏!
そこまで威勢はよくないけど、じみちにやっていきます。また励ましてね(^^)
Commented by tomotiyoo at 2016-09-12 07:10
千早さん おはよう
配達員さん 寝坊してるかな?(笑)
うちの方は オリンピックを きっかけに 走り始めました
おいおい 菊川さんかい?
私も 太ってきたので 挑戦しようかと思ってるけど なかなか(笑)

読みたいものがあったら 言ってね
短いものなら(笑)

そうそう 読んでくれたかも?だけど 桜さんが 啓蒙できたって

「 やってやる!折伏!」って 言ってやる!\(^o^)/

Commented by tomotiyoo at 2016-09-12 07:15
今日は 竜口の法難で 教学の日ですね

http://tomotiyoo.exblog.jp/24442342/

Commented by akaoni at 2016-09-12 08:14 x
みなさんお早うございます。そうか、今日は竜口法難・教学の日か。
オら無(偈)有信で頑張るぞ。
Commented by tomotiyoo at 2016-09-12 09:33
akaoni さん おはよう
私は 修利槃特で 顔晴る(*^-^*)
Commented by うるとらまん at 2016-09-12 10:28 x
昨日、数年ぶりに引っ越しして会えなかった後輩に偶然会った。
彼の父は信心に猛反対で私が家庭訪問すると怒鳴られた。
彼の母は関西出身で信心強情だったが旦那の反対で活動が鈍っていた。いつ尋ねても彼は居留守を使って会おうとしなかった。
一年半ぐらい、通い続けたある日、彼の家の前でバッタリ会った。
私は今日は逃がさないと渾身の力を込めて座談会に誘った。
粘ること1時間ぐらいたったのだろうか、座談会に参加することを承諾した。
座談会に参加していると、
〔南無妙法蓮華経とは何か?〕〔信心したら幸せになるのか?〕と彼は質問した。
その日の座談会は式次第がなくブロック座談会で自由トークが中心なのが幸いして
彼中心の座談会となった。未活動の彼がいきなりの仏法の質問に私は驚嘆した。
さらに驚嘆することが続いた。座談会終了し、帰宅の車の中で勤行教えてくれと頼まれた。
彼の悩みはテンカンの持病があることだった。
Commented by うるとらまん at 2016-09-12 10:35 x
酷いテンカンの発作で救急搬送され、仕事がなく家族に迷惑をかけていた。
座談会で質問したことで信心の疑問が解決したのか、信心してみようと思ったようだ。
一年半の無駄な努力と思っていた私が信心の醍醐味を満喫した瞬間だった。
それから毎日、私の家で一緒に勤行した。

勤行を重ねていくうちに彼の題目に力が漲ってきた。
彼はテンカンの持病とどもりがあり、人前で話すことはできなかった。
彼は、そんな自分が嫌いだった。それを変えたかった。
私は彼に座談会の司会をお願いした。彼は承諾した。勤行の持続で彼の生命力、仏の命が開いた事を確信した。
司会の原稿を私は書いた。何度も推敲した。
失敗したら自信を失うと思うと題目に力が入った。
彼は、どもりながらも一生懸命に司会をした。未活動だった、一生懸命の彼の司会に座談会会場は感動の波が広がった。
彼の母は泣いていた。
彼は御書を勉強したいと言い出した。毎朝、勤行の後、御書拝読した。一年半で全編読了した。
彼のおかげで私は御書全編読了できた。
勤行、御書、学会活動の持続は彼を変えた。
テンカンの持病はあるが救急搬送されるような事は勤行するようになってからほとんどなくなった。
仕事は障害者雇用で元喜に働くようになった。
そう言えば、昨日会ったとき、どもりはなかった。元喜あふれる力強い声で〔新聞配達7年〕と言った。
折伏2世帯やりきり、今は地区リーダーだ。

嬉しいな。彼のおかげで私は幸せ気分120パーセントだ。
Commented by tomotiyoo at 2016-09-12 14:25
うるとらまんさん 凄い!
本当の 激励だね
その方の お母さんの 涙
無駄な事は 一つもないと 教えてくれるね
信・行・学で 共に勝ち取った勝利だね
うるとらまんさんも たくさんの信心の思い出があるよね

私も 前の地区は 共に笑い 共に泣き 共に戦う共戦地区
バカボンパパが 入会後は たくさんの人が バカボンパパにいろいろ教えてくれた
その時の感謝の思いがあるから 今の地区で 激励する方に回っている

もう随分と前の話だけど やはり 吃音の人がいて 電車の切符を買うのが 凄く嫌だったんだって
その方 吃音を克服したら 切符売り場が 自動券売機に変わっていたって
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ と 話してくれました
体験は いいよね
また 教えてね(*^-^*)
お題目のリズムが変わった
この感動を 全国の同志(とも)に味わってほしいね
Commented by peko at 2016-09-12 19:41 x
あの歌教えてくれてありがとう(^o^)/

私のなうも見て下さいm(__)m
Commented by tomotiyoo at 2016-09-12 22:37
pekoちゃん こんばんは
やっぱ 私の事だった(笑)
pekoちゃんは アメブロだから たえさんて 書いてくれればいいのにね
なうは見たよ

おやすみ~