ご報告

おはようございます

報告が遅れましたが 蓮子さん

http://tomotiyoo.exblog.jp/24691196/

10月20日に お亡くなりになりました
初7日法要させていただきました

ここでは蓮子さんでしたが ご自身のブログでは凛子さんとなっています





彼女のブログ コメ欄で 純子さんとなっていたので 私も 普段は 純子さんと呼ばせていただいてたので
純子さんと 書かせていただきます
10年 頑張りました
不思議なことに 11月21日に ここで紹介させていただいて お亡くなりになったのが 10月20日
私が ブログをはじめて(実際には違いますが)まる3年たった日です

皆さんも 純子さんのメッセージ しっかりと受け止め 早期発見 早期治療 お願いしますね

昨日 ふなっしーにも 亡くなった事 伝えました
純子さん ふなっしーとも 電話で 励まし合いました

ふなっしーは 一昨日の地区セミナーで 先生の話をいっぱい聞いて 昨日の検査は
一番体調がよかったと 帰りのバスを待つ間に 電話をくれました
会合での話が また 自分の業が切れた気がする と
声が 本当に 今までになく元気だったので 純子さんが 亡くなった話をしました

「そうだったんだ~
10年だもん 凄いよね~
よく頑張ったよね
みんな 意味のあることだもんね
永遠の生命 お疲れさんだよね」と・・・
彼女らしい 返事でした
私も 同じ気持ちです
悔いはありません(*^-^*)

[PR]
Commented by 福島の壮年 at 2016-10-27 14:02 x
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

長い闘い、お疲れ様でした。
暫しの間、悠久の大宇宙の胎内で
ゆったりと安心してお過ごしください。

生前の闘争で、悪業は全て断ち切られたことでしょう。
大聖人からは、労いの言葉をかけられましたか?
しっかりと休まれたら、
清新なる心身にみなぎるエネルギーを満々と蓄えて
また広布の庭に戻ってきてください。

いずれは、生前に知己を得た同志も皆、
必ずそちらに参ります。
来世また、一緒に戦いましょうか。
待ちきれませんか?
私などは、すぐにでもそちらに行けそうですよ。

ああ、ご主人を待たなければいけないのでしょうか?
だったら、まだ長くかかりますね。
あなたに教わった使命を果たさなければいけないでしょうから。

待ちきれない時は、遠慮せずに、
いつでも次の戦いを開始されますように。
Commented by tomotiyoo at 2016-10-27 21:08
福島の壮年さん こんばんは

今日 お嬢さんと 初めて電話で 話ました
とても しっかりした 明るいお嬢さんのようでした
まだ 電話は そのままにしてあるようですので
たまに 連絡を取っていきたいと思います

うちの 本部でも がんと闘っている婦人部さんが
がん友さんを 折伏
ご本尊様は いただかず お亡くなりになったのですが
そのお子さんとつながりができました

その婦人部さん 病院までちょっと交通の便で大変なんです
車で 送ろうかって 話したところ 駅から病院までの間に
友達ができるんだって
なるほど~ 同苦できる相手だからこそ 友達になるのが早いんだな~って思った

ふなっしー 明日から 支部の唱題会に挑戦するって言ってた
25日の 会合の前 電話で 行けるかどうかわからないって言うから
行くって決めな!って 言っちゃったのね
反対に それがよかったって
会場 うちだから 調子悪かったら 横になってて いいからね って・・・

いい話が いっぱい聞けて 元気になったって
みなさんの お題目の お陰だね(o^―^o)ニコ
本当に ありがとう
Commented by tomotiyoo at 2016-10-28 06:35
福島の壮年さん おはようございます
純子さんのブログコメに
コピペさせていただいても よろしいですか?
Commented by 福島の壮年 at 2016-10-28 08:14 x
どうぞ、ご自由にお使いください。

ただ、私は、ご家族や親しい方々の状況を
把握しているわけではありません。
もしかしたら、ご本人やご遺族の皆さんに
失礼な追悼文になっているかもしれません。
そこをお含みの上、ご判断ください。
Commented by tomotiyoo at 2016-10-28 09:14
福島の壮年さん おはようございます

そうですね
旦那さん 純子さんが 亡くなられる前 新聞配達を始めたようなんです
その旦那さんに 娘さんから伝えていただくように あえて コメ欄でなく
直接 伝えたいと思います
ありがとう(*^-^*)
by tomotiyoo | 2016-10-27 09:36 | Comments(5)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ