枝葉(しよう)の論議に走らない


『教学を学ぶ際に、”ホシ”を外してはならない。
戸田先生は、要点を忘れて枝葉の論議に走る教学を戒められ、四条金吾を例にあげて、こう語られた。
「きちっとした教学をしっかり身につけていきなさい。
中務三郎左衛門尉が一人であったか、二人であったかなどということは、戸田には何の関係もない。
私の教学は、四条金吾がどのように信心をしていたか、大聖人が信心についてどのように教えられ戦われたか、という戦う教学だよ」
 先生の教学は、どこまでも「実践の教学」であった。
「師弟の教学」であり、「広宣流布の教学」であった。』

(黄金柱の誉れ p243)

今日から 12月ですね


菊川さん おめでとうございます
9周年に向けて 頑張ってくださいね(#^.^#)




[PR]
Commented by tomotiyoo at 2016-12-01 06:44
おはようございます

千葉婦人部の日 おめでとうございます

「さぁ師走の12月。
本年の総仕上げへ 朗々たる勤行・唱題で一日をスタートしよう!
歓喜の凱歌を共々に!」

「少年の”決意の一言”を忘れなかった同志。
人を励ますための小さな気づきや心配りは、大きな責任感から生まれる」
大事なことですね

「必要とする一切は君自身の中に─作家(ヘッセ)。
己を信じ祈れ。壁破る力はそこに。」

「人を健康で幸福にするのは良好な人間関係─研究(ハーバード)
信頼結ぶ同志の姿が証明」
本当に 体の調子がいい(o^―^o)ニコ
歳を重ねるごとに 健康になっていくのがわかる\(^o^)/
みんなのおかげだね 感謝!

『周囲の環境に染まることなく、自らの心情を突き詰めた時、”内なる声”はどうなのか─。
争いや暴力を断固として否定する、力強い声でしょう。
牧口会長と戸田会長は、人間の尊厳と自由を根本から取り戻す選択
「美」「利」「善」である物事への奉仕によって、私たちは反目を乗り越え、互いに連帯することができる
この善は会わずして生まれない。
対話を通して互いの可能性を引き出している。
自分自身が人間味を豊かにしていくこと、他者と共に人間主義を深めていくこと
希望とは「順風満帆であること」を意味するのではなく、忍耐と奉仕への責任に生き抜くこと、
そして閉ざされた時代にあって、開かれた心を持つことだと教えてくれています。」
Commented by tomotiyoo at 2016-12-01 07:19
103歳 母は まだまだやね~(笑)
10遍でマッチ移動
ここ持って行ってあげよう(o^―^o)ニコ

私は 子供の時 お念珠 一回りして 珠を一個 移動してた
そう考えると 合掌していなかったってことだよね
それでも 祈りは叶ってた
ホント 形式じゃないんだよね
でも 今は ちゃんと合掌してますよ(笑)

私は 笑っていることが 折伏かな?
いつも楽しそうだね って言われたら 
(合掌して)これのおかげじゃ~\(^o^)/

今日も一日 顔晴ろう!
Commented at 2016-12-01 11:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomotiyoo at 2016-12-01 13:04
非公開さん いえいえ
消したら 教えてくださいね(o^―^o)ニコ
Commented at 2016-12-05 22:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomotiyoo at 2016-12-05 22:54
非公開さん 了解です
仏道修行 (o^―^o)ニコ
ですね~\(^o^)/
by tomotiyoo | 2016-12-01 00:00 | Comments(6)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ