真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

12月3日 

魂の独立から5日後
先生は 3か寺ある墨田の地へ 奥様と共に 訪れてくださいました
宗門との事を 矢面に立って 戦われた先生は 週刊誌などで バッシングの嵐

その当時 女子部だった方のお話
車で通りかかった先生は 車の窓から目一杯の激励で 親指を立て (good!)自分たちの方を見てくださったと・・・

墨文に着いた先生は 墨田は 隅田にしても 炭で黒いねと 空が晴れるように 「澄田」 と 仰ってくださったと・・・

私は 子供の頃から 寺が大好きだった
いつでも 何かあると 寺に行き唱題をしていた
その寺が 3か所あることが ある意味 墨田の誇りだった
それが 少しづつ 変わってきた
毎年行っていた元朝勤行
それも 行かなくなった

我が家も 個人会館となり 寺に行く必要もなくなる
それでも まだ 私の心は 晴れずにいたのであろう・・・

25年 経った今 本当に よかった!と心から言える
一昨日は 白ゆり正義会(本部唱題会)
始めた当時は お題目の時間×参加人数
累計をずっと出していたという

女子部当時の部員さんが 今は 地区婦人部長として活躍してくれている
ちょうど その 唱題会で 隣に座った
ふと 25年前を思い出した
紅白グッズで飾った墨文
その時の 高級赤ワイン
先生からいただいて 味がわからないと言いながら 一緒に飲んだっけね
お互い 今 ここにいること
本当にうれしいと思った

宗門に縛られていた 学会
破門になったわけじゃない
こちらから 願い下げだよ ネッ\(^o^)/

今から ここから
先生との思い出は 決して色あせない
先生に感謝! 友(同志)に感謝!

 
(青春桜)



[PR]
Commented by tomotiyoo at 2016-12-03 06:36
おはようございます

「日蓮さきがけしたり」
一人立つ請願の行動から 広布拡大は始まる。
道なき道を切り開く「先駆」こそ 学会魂だ。」
学会魂
久々に聞いた気がする
よく うちの地域は 高齢化が進んでいると 聞く
これは 日本という国自体がそうなのだから 当たり前のことだ
わが団地は 基本 2代目が住めない事になっている
それでも 活気があるのは 草創の方々が 若い人が引っ越してくるのを祈ったり
折伏してきたからだ
嘆く前に まず 祈ろう!
それも 学会魂だと思う

「仏とは 泥沼の如き娑婆世界の真っただ中で、どんな苦難も耐え忍び、
他者に尽くす行動を続ける「忍辱(にんにく)の人」なのである」
忍辱とは 侮辱や苦しみに耐え忍び、心を動かさないこと。
先生が 以前 墨田に送ってくれた詩の中に
「功徳もいらぬ ただ 広布のため」というような一節があった
心のど真ん中に先生がいて 広布のためという奥底の一念があれば
必ず 開ける!
その日まで 自己の目標に向かって 自他共の幸福を祈り続けよう

「他者を思いやる心があれば、おたがいに連帯しあう橋を
いつでも架けることができる─ノーマン・カズンズ」

「余命2か月」
ふなっしーも 治療法がないと言われた肺がん
あれから 約2年
もともと痩せている彼女
また 少し瘦せたように見えるが 治すという一念は変わらない
応援のお題目 よろしくお願いします
Commented by tomotiyoo at 2016-12-03 06:37
「少年少女希望絵画展」よく書けてるね~
昨日マヨール ユネスコ事務局長の話を読んでいたところです
また 紹介させていただきますね
ちなみに 私は絵が苦手 いわゆる図画工作(笑)
苦手なものが 多すぎ~!
それでも 楽しく生きてます(大笑)

「世界の棟方志功展 あべのハルカスで1月15日まで」
行けそうもないな 。:゜(;´∩`;)゜:。
お近くの人は いかがですか?

「かじをとってるのは 母さん」笑った~!
どうやら かかあ天下の方が うまくいくようですね(笑)

若桜鉄道 乗ったことはないけど 小学校6年の夏休み
半月ほど 鳥取の 親戚のところにいました
五右衛門風呂に トイレは 馬小屋の隣
すでに 馬はいませんでしたけど・・・
いい体験をさせていただきました(o^―^o)ニコ

今晩は 御書大学校です
講師はどなただかわかりませんが 25年前のあの場所で
先生の講義を真鍋る身の福運を感じます\(^o^)/

さぁ 今日も元気で
お仕事 お休みの方は 少しゆっくりされてくださいね
Commented by akaoni at 2016-12-03 06:43 x
お早うございます。

長かった一年も、あと少しとなりました。
みなさん、健康には十分に注意して、2017年を迎えましょう。
私の所は畑君も時計君も、仏壇君もパソ君もみんな元気です。

それと、先生は走りましょう。

Commented by 赤鬼の仏壇 at 2016-12-03 07:04 x
オラたちは、久遠元初自受用身・日蓮大聖人の御遺命によって、宗門から離れたのです。
オラはこれを「第二の身延離山」または「平成の身延離山」と呼んでいます。
これによって、本門戒壇の大御本尊様は、謗法の住処を離れ、民衆のもとにお帰りになることができたのです。
すなわち、本門事の戒壇は我ら創価学会の胸中の肉団に儼然とおわしますことを、謗法の輩はわからないのです。

うんうんうん。
Commented by tomotiyoo at 2016-12-03 07:56
akaoni さん 仏壇さん
おはよう
またあとでね

(-人-) 南無南無・・ します(#^.^#)
Commented by tomotiyoo at 2016-12-03 09:25
akaoni さん 生徒なので ゆっくり歩きます
廊下は 走らないで!って
師走は どうするんだろうね(笑)
Commented by tomotiyoo at 2016-12-03 09:29
赤鬼の仏壇さん

「平成の身延離山」いいね!

「本門事の戒壇は我ら創価学会の胸中の肉団に儼然とおわしますことを、謗法の輩はわからないのです。」
言えてる~!
謗法の輩にならなくて よかった
方々へは 行きますよ(o^―^o)ニコ

いつもありがとう
Commented by 創価地区幹事 at 2016-12-04 06:05 x
絵空事を云っていても身にならない。
功徳もいらない,広布のためと言われるが
本末転倒の発想に疑問を感じます。
Commented by tomotiyoo at 2016-12-04 06:14
創価地区幹事さん
おはようございます
はじめまして でしょうか?

絵空事ですか?
そう思われても 仕方ないかもしれませんね
そう思えるまで 戦ってみるといいと思いますよ
そうしたら 本末究竟等になるのでしょうね
私は そうしたいと思います(#^.^#)
コメント ありがとうございます
Commented by tomotiyoo at 2016-12-04 09:11
創価地区幹事さん 改めまして・・・
先生の発想に疑問・・・ですか?

私には まだ早いって 気づきました

今日の8面見たからか 祈りが「欲しい!」になってました
気づきを ありがとう(*^-^*)
by tomotiyoo | 2016-12-03 00:00 | Comments(10)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ