申し込んだ~?

民音担当を おりると どうしても 行く回数が減っちゃうね~
不思議なことに 経済的に大変だったころ 申し込んでも 来なかったりしてね~
面白いね\(^o^)/

京劇は バカボンパパは 3回目かな?

[PR]
Commented by 赤鬼 at 2017-02-24 06:10 x
皆さんお早う御座います。
ちょっと遅くなり申し訳ございません。
はじめます。
Commented by tomotiyoo at 2017-02-24 06:16
赤鬼さん
もっと遅くなりすみません
はじめます
Commented by tomotiyoo at 2017-02-24 07:15
赤鬼さん お先にありがとうございました
Commented by 赤鬼の仏壇 at 2017-02-24 07:36 x
有難う御座いました。
赤鬼の奴、電話があって途中で10分中断しました。

ハピさん、おはよう。
よかったよかった。
Commented by tomotiyoo at 2017-02-24 07:45
皆さん おはようございます

『広布とは「声」の戦いだ。
真実を叫ぶのも声
人を励ますのも声だ。
「心の思いを響かして」
誠実に朗らかに語れ!』
まずは 玄関開けて 飛び出そう
勇気の一歩を!

「歓喜の中の大歓喜」の題目
今日も 送るよ

ブロック6勇士 7勇士
そんなに ハードルあげないで って思うけど
5勇士 やったら 終わりじゃないよね
常に 前へ前へ 上へ上へ アゲアゲでいこう!

「自分の生きる意味、使命が明確になった
社会の「根っこ」を変えゆく もっとも根本の運動」
やらされ信心は もうやめようね(^^♪

「人生の目的は自分と他者の向上に─闘士(マッツィーニ)」
まっつ いいね?(笑)

『正邪は「振る舞い」に表れる
題目で両親を尊敬し、感謝できる自分になっていった
「正しいから勝つとは限らない。
正しいからこそ 勝たねばならない。
悪に勝ってこそ、初めて、善であることが証明されるのだ」
私も 大好きな 先生の指針です

「学会が未曽有の大発展を遂げたのは、常に未来を見すえて、先手、先手と、素早く手を打って前進してきたことにこそある」
私たちも 先手、先手でいこう ネッ

「思うようにいかない時も、くさってはならない」
コロッケの あおいくまだね(笑)
あおいくまの話してくれた人
葬儀の前に うちに来てくれたよ
私が覚えていたことに 喜んでた
もっと 母の地区の 座談会へも行けばよかったな~

凄い体験のようだね
あとでゆっくり読もう

プレミアムフライデーだって~
私は いつもと一緒 朝 晩 唱題会です\(^o^)/

お弁当 一緒につつくね~
微笑ましい(o^―^o)ニコ

では 今日も一日 がんばろうね~
8時から はじめます



凄いな~
少年少女希望新聞の漫画
26年だって~
継続は力
でも 全ての事に 最後はあるんだよね
生命は 永遠だけど・・・
Commented by tomotiyoo at 2017-02-24 07:46
赤鬼の仏壇さん 
akaoni の奴 朝から忙しいな~(笑)
Commented by tomotiyoo at 2017-02-24 09:11
ありがとうございました

時間になったら 行ってきまーす
Commented by tomotiyoo at 2017-02-24 09:18
ここ読んだ人へ
友人が これから胃カメラだそうです
お題目送ってあげて頂戴ね
Commented by 赤鬼のパソ at 2017-02-24 09:58 x
ハーーイ
何もないといいですね

ここ読んだパソでした。
Commented by tomotiyoo at 2017-02-24 12:13
赤鬼のパソさん ありがとう

今朝 バカボンパパは ふなっしーを 送りに
鍵をもっていかなかった私は 締め出し~(笑)
おかげで 本陣長さん宅で お昼御馳走になっちゃいました (o^―^o)ニコ
Commented by tomotiyoo at 2017-02-24 23:02
うさぎさんより
無事終わりました。
怖かったけど、麻酔でわからないまま終わりました。
慢性胃炎で それだけでした大丈夫だぁーo(^o^)o
お題目ありがとうございました(^.^)(-.-)(__)
Commented at 2017-02-25 19:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomotiyoo at 2017-02-25 20:23
非公開さん いえいえ~(^^♪
届いてますよ
また楽しく やっていきます\(^o^)/
by tomotiyoo | 2017-02-24 00:00 | Comments(13)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ