希望の虹 最終回はゲーテ

「ゲーテは、1749年 8月ドイツの大都市フランクフルトに生まれました。
ゲーテのお父さんはとても物知りで ちゅうとはんぱがきらいな人でした。
お母さんは、太陽のように明るい人でした。
5人の弟や妹を相次いで亡くしました。
さらに5人のわが子も全員、自分より早く亡くなっています。
でも、悲しみに負けませんでした。
「勇気ある人はやれるだけやってみるのだ」と、ゲーテは記しています。
どんなことがあっても、立ち止まらない。
今、できることを一生けんめいやりきる。
その人が、最後に勝ちます。

ゲーテは、人との出会いを大事にしました。
シラーという大詩人と結んだ友情も有名です。
実は2人の考え方には、たくさんのちがいがありましたが、対話を重ね、手紙をやり取りする中で友情を深め、互いに高め合ったのです。
人から学ぼうとする人は、相手からも尊敬されます。
すばらしい人には、すばらしい友だちができます。
ゲーテは、「他人の長所について考えることに慣れると、知らぬ間に自分の長所も明らかになる」と言っています。

ゲーテは亡くなる直前、「もっと光を!」と言ったと伝えられています。
この言葉を通し、戸田先生は私に語ってくださいました。
─もっと世界を見つめたい」
「もっと世界から学びたい」
「もっと世界と対話したい」
「もっと世界のために生きたい」
「もっと世界のために行動したい」
そんなゲーテの叫びが、聞こえてくるじゃないか!─と。

題目という、いのちの太陽の光で、最高の宝であるみなさん自身が、もっともっとかがやきながら!
みなさん方の、ますますの健康と、これからの活やくを祈りつつ。」
(少年少女きぼう新聞より抜粋)

4月で 新学期になるのですね
私が 少年部の頃 偉人伝がポケット版で 出ていたような記憶があります
先生は 偉人に学んでほしいという思いが 強かったのでしょうね
「どんなことがあっても、立ち止まらない。
今、できることを一生けんめいやりきる。
その人が、最後に勝ちます。」
この事を 何度も 何度も言われていると思います
そして 人生には 友情が欠かせないという事も・・・

今回で 最終回になるようですが また 4月から 楽しみにしたいです


[PR]

by tomotiyoo | 2017-02-26 00:00 | Comments(6)

Commented by 赤鬼の仏壇 at 2017-02-26 05:58 x
皆さんお早う御座います。
赤鬼の奴がオラの前に来たらはじめます。
Commented by tomotiyoo at 2017-02-26 06:35
赤鬼の仏壇さん おはようございます
はじめます
Commented by 赤鬼の仏壇 at 2017-02-26 07:13 x
有難う御座いました。
Commented by tomotiyoo at 2017-02-26 07:43
ありがとうございました

akaoni さんに よろしく~
Commented by tomotiyoo at 2017-02-26 07:59
皆さん おはようございます

「勇気を出せば 一切が楽しくなる!
全てに勝っていける! 
題目を唱え抜き 勇猛精進の日々を!」

変換 嫌!唱えぬ気 って 出てきた~ (´・ω・`)ショボーン
からの (`・ω・´)シャキーン!

「勇猛精進し給え!
仏法は実行だよ。精進だよ。─牧口先生
学会は 行動第一」
決めて 祈って 動く!
祈るって どう動いて結果を出すか 智慧の行動じゃないかな~?
誓願勤行会だけが 誓願じゃない
今日は 何をしようかい?どこへ行こうか? 
誰に会おうか?何を話そうか?
広布のために 何ができるか?
朝の 唱題で決めていこう

「苦手な人と関わる中で人は自制し、成長し、発展─文豪(ゲーテ)
嬉しいね!
今日の記事とぴったりだ~\(^o^)/
さぁ 今日は 苦手な人のところに行こう!

あらら~ 8時になっちゃうぅ~
もう少し 早く起きないと あかんね~(笑)
8時から 始めます
Commented by tomotiyoo at 2017-02-26 08:58
ありがとうございました