5.3 おめでとうございます

随筆「新・人間革命」80


昭和5453日 獅子となりて 我は一人征く


1979年、すなわち昭和54年の53日——。


間もなく、創価大学の体育館で、“七つの鐘”の総仕上げを記念する、第40回の本部総会が行われることになっていた。

 本来ならば、その日は、私は、偉大なる広宣流布のメッセージを携えて、創価の栄光を祝賀する日であった。

 すべての同志が熱意に燃えて、楽しき次の目標をもち、至高の光を胸に抱きながら迎えゆく、歓喜の日であった。

 尊い広布の英雄たちが微笑(ほほえみ)をたたえ、共々に、珠玉の杯(さかずき)を交わしながら祝うべき日であり、大勝利の鐘を自由に打ち鳴らす日であった。

 しかし、嫉妬(しっと)に狂(くる)った宗門をはじめ、邪悪な退転者等の闇(やみ)の阿修羅(あしゅら)が、この祝賀の集いを奪い去っていったのである。

 午後2時から始まる総会の開会前であった。

 妬(ねた)みと滅びゆく瞋恚(しんに)の魂をもった坊主を乗せたバスが、大学に到着すると、私は、ドアの前に立ち、礼儀を尽くして、彼らに挨拶した。

 ところが、坊主たちは、挨拶一つ、会釈一つ返すわけでもなく、冷酷な無表情で、傲然(ごうぜん)と通り過ぎていった。

 学会伝統の総会も、いつものように、学会らしい弾けるような喜びも、勢いもなく、宗門の“衣の権威”の監視下、管理下に置かれたような、異様な雰囲気であった。

 ある幹部が後で言っていた。

「冷たい墓石の上に座らされたような会合であった」

 激怒した声が多々あった。

 会場からの私への拍手も、遠慮がちであった。

 また、登壇した最高幹部は、ほんの数日前の会合まで、私を普通に「池田先生」と言っていたのが、宗門を恐れてか、ただの一言も口にできない。

 私をどうこうではない。

 それは、強き三世の絆(きずな)で結ばれた、会員同志の心への裏切りであった。

 婦人部の方が怒っていた。

「どうして、堂々と、『今日の広宣流布の大発展は、池田先生のおかげです』と言えないのでしょうか!」と。

 私が退場する時も、戸惑いがちの拍手。

「宗門がうるさいから、今日は、あまり拍手をするな。

特に、先生の時は、拍手は絶対にするな」と、ある青年部の最高幹部が言っていたと、私は耳にした。

 恐ろしき宗門の魔性に毒されてしまったのである。

言うなれば、修羅(しゅら)に怯(おび)えた臆病者(おくびょうもの)になってしまったのである。

 しかし、私を見つめる同志の目は真剣であった。

声に出して叫びたい思いさえ、抑えに抑えた心が、痛いほど感じられた。

 体育館を出た直後、渡り廊下を歩いている私のもとに駆け寄って来られた、けなげな婦人部の皆様との出会いは、今も、私の胸に深く、くい込んで離れない。

 会合が終わり、特別の控室にいた高僧や坊主どもに、丁重(ていちょう)に挨拶をしたが、フンとした態度であった。

これが人間かという、そのぶざまな姿は、一生、自分自身の生命に厳存する閻魔法王に、断罪されることは、絶対に間違いないだろう。

 仏法は、厳しき「因果の理法」であるからだ。

 私は思った。

 宗門と結託(けったく)した、学会攪乱(かくらん)の悪辣(あくらつ)なペテン師たちは、これで大成功したと思い上がったにちがいない。

彼らは、「これで、計画は着々と準備通りに進んでいる。これでよし! これで完全勝利だ」と計算し、胸を張っていた。

 その陰湿(いんしつ)さと傲慢(ごうまん)さが、私には、よく見えていた。

 私は、ずる賢き仮装の連中の実像を、その行動から見破ることができた。この陰険(いんけん)極(きわ)まる、狡猾(こうかつ)な連中には、断固として、従ってはならない。いかなる弾圧を受けようが、「忍耐即信心」である。

 学会は、蓮祖の仰せ通りの信仰をしている。死身弘法の実践である。

柔和な忍辱(にんにく)の衣を着るべきである。

 学会に敵対する彼らは、蓮祖の姿を借りて、真実の仏の使いを道具にし、利用し、破壊しているのである。

 これが、恐ろしき魔性の荒れ狂った、現実の実態であった。

 あまりにも悲しく、あまりにも情けなかった。

 本来、宗教は、人間の幸福のためにあるものだ。

 それが、坊主の奴隷(どれい)になり、権威の象徴の寺院・仏閣の下僕(げぼく)になってしまうことは、根本的に間違いである。

 私は、重荷を、また一層、背負った気持ちで、皆と別れ、自宅には帰らず、神奈川文化会館に走った。

「今朝の新聞に、先生のお名前が出ていました」

 神奈川文化会館で、側近の幹部が教えてくれた。

 この3日付の読売新聞には、日米国民の「生活意識」調査の結果が掲載されていた。

 その中に、日本人が「尊敬する人物」に挙げた上位20人の第6位に、私の名前が出ているというのであった。

 上から、吉田茂、野口英世、二宮尊徳、福沢諭吉、そして、昭和天皇と続き、その次が私である。

「会長勇退」直後の53日に、このような記事が出たことに、私は不思議なものを感じた。

 また、同志の皆様が、懸命に私を応援してくださっているようにも思われた。

 数日後、ある識者の方からいただいたお手紙は、この調査のことを非常に驚かれ、こう結んであった。

「現存する人物では、民間人の第1位です。

 そして、日本の宗教界では、貴方、お一人だけです。

まさに宗教界の王者です。

どんなに、戸田会長がお喜びになるでしょうか!」

「大事には小瑞(しょうずい)なし、大悪を(起)これば大善きたる、すでに大謗法・国にあり大正法必ずひろまるべし」(1300頁)とは、日蓮大聖人の絶対の御確信であられる。

 誰が何と言おうが、私は私の信念で勝つことを決心した。

 そして、ただ一人、今まで以上の多次元の構想をもちながら、戦闘を開始した。

「獅子は伴侶(はんりょ)を求めず」とは、よく戸田先生が、私に言われた言葉である。

 一人、孤独(こどく)になった私は、無言のうちに、必ずや、真実の伴侶はついてくるであろうと信じていた。

 師弟の両者が一つの姿で、無限に戦い、舞い、走り、勝利しゆく。

私は、その新しき時代の、新しき伴侶を待っていた。

 神奈川の地は、世界に通じる港である。

 ここから、私は「一閻浮提広宣流布」との大聖人の御遺言を遂行する、決意を新たにした。

そして、「正義」という二字を書き記した。

 この意義を深く留めて後世に伝えてほしいと、側にいた数人の弟子に託した。 55日のことである。

 いったん帰京した私は、東京の開拓の新天地、第2東京の拠点の立川文化会館に向かった。

すでに、夕方近かった。 

別な世界を見る思いで、まさに沈みゆかんとする夕日の光景を、しばし呼吸した。

夕暮れの立川に着くと、その清楚(せいそ)な頬(ほほ)に頬(ほお)ずりしたいような、憧れの月天子が、顔を見せてくれた。

 私は一詩を詠んだ。

 西に 満々たる夕日    

 東に 満月 煌々(こうこうと)たり

 天空は 薄暮(はくぼ) 爽(さわ)やか  

 この一瞬の静寂(せいじゃく)

 元初の生命の一幅の絵画  我が境涯も又

 自在無礙(じざいむげ)に相似(そうじ)たり

 この日、511日の日記に記したものである。

 世界の創価学会は、太陽と同じく、太陽の生命で、永遠に転教を休むことなく、進みゆくことであろう!

 また、断固、勝っていくことであろう!

199951日付 聖教新聞】


これは どなたか分からないのですが ネットのコピペです

無断で ごめんなさい


当時私は、19歳

ニュースで、先生のご勇退を知る

内容は、全然知らされない

ただ、「寺にはいくな」 と

あれから 37年 紆余曲折があったものの 今 学会の庭にいられることに 感謝

今まで お世話になった 数多くの 先輩 友人 そして 両親に感謝

縁あるすべての人に感謝

本当に 本当に ありがとうございます









[PR]

by tomotiyoo | 2017-05-03 00:00 | Comments(24)

Commented by 凡ちゃん at 2017-05-03 00:38 x
自分のとこも、宗門問題のときは、親戚と疎遠になる事態に遭遇しても、それでも、「私は先生と同志を選ぶ。」と勇敢に戦ってくれた母がいたおかげで、今の私はこのように生きていられるのです。
母に感謝です。感謝してもしたりないくらい感謝です。
今日は創価学会母の日ですね。全ての創価の母たちに幸福(さち)を
Commented by tomotiyoo at 2017-05-03 05:13
凡ちゃん いつもありがとう

お母さんのお陰だね
いつも きつい事ばかり言って ごめんね
先生が 男子部には厳しく言ったように 本物になってほしいとの思いです
後継を 頼むね
Commented by tomotiyoo at 2017-05-03 05:14
おはようございます

はじめます
南無妙法蓮華経
Commented by tomotiyoo at 2017-05-03 05:42
赤鬼さん ごめんね
眠いから・・・
明日から 顔晴る~
Commented by Tommyの仏壇 at 2017-05-03 06:29 x
皆さんお早う御座います。
経も一日頑張りましょう。
はじめます。

赤鬼さんて、どなた??7
Commented by tomotiyoo at 2017-05-03 07:48
Tommyの仏壇さん おはよう
赤鬼さん もういないの?

ボチボチはじめます
南無妙法蓮華経
Commented by tomotiyoo at 2017-05-03 08:57
ありがとうございました
Commented by 凡ちゃん at 2017-05-03 11:06 x
ちよさんが悪意とかで言ってるのでは無いことはよくわかってますので大丈夫ですよ。

押入れの奥で埃をかぶっていたラジオを引っ張り出して来ました。
あいにく幸いなことに、テレビのNHKの1~3チャンネルの音声が聞けるやつだったので、ワイドFM機能で文化放送(FM91.6Mhz)を聞いてみました。
これ今までのAMよりかなり音いいですね。

・・・あ。9時から子供たちの科学の質問を専門家の先生たちが答える特番やってたのか・・・。
聞きたかった・・・。

(追加
なんで今日の11時40分のテレビ朝日で「世界が愛した絵本」をやらないんだろう?
と思ったら、今日は日曜日じゃなかったんだ(笑))
Commented by tomotiyoo at 2017-05-03 16:12
凡ちゃん よかった(^^♪

曜日の感覚無くなるね(笑)
Commented by ゆりこ at 2017-05-03 16:18 x
ちよさんの記事、さっき気がつき
ました^ ^ 素晴らしい\(^o^)/
とてもよいタイミングで
記事になりましたね。

今月から地元の人革の勉強会(大学校)
を夜に開催してもらえるように
なりました。やっと参加できます。
(これまでフル勤務の婦人部は
誰も対象者になれなかったと
いうことか、、)
時間がないので、通勤中にKindleで
第1巻から人革を読んでますが、
お陰で朝から精神の方向性が決まり、
軌道にのる感覚がします。

この連休は、家が希望額で売れるよう、
しっかり祈ります(´∀`)
これも実証ですものね^ ^
Commented by ゆりこ at 2017-05-03 17:37 x
書き忘れた、、
パパさんが病気じゃなかったら
こんな支援もなかったですね。
なんでも意味があるし、
同じ境遇の方を助けたり、
励まされたりして、
広げていくのは大切だと思いました^ ^
Commented by Tommyの仏壇 at 2017-05-03 20:21 x
お知らせします。
今夜のバスでオらの地区の婦人部さん2人が、TOKYOに行きます。
事故鳴く帰ってこれるように応援しましょう。
応援しましょう

Commented by 凡ちゃん at 2017-05-03 21:52 x
婦人部の方々がんばってください。大勝利を応援してます。

ラジオ良かったですね
(聞き逃した人は、インターネットのラジコのタイムフリー機能などを使ってください)

ゲストのフジワラの原西さんが、まだ小さいお子さんに肩叩きをしてもらって、全然力が無くて効果が無いのですが、我が子がこういう思いでこういうことをしてくれた。ということに感動して元気が出る。と言っていました。
そして、前半の子から母へ編が終わって、後半の母から子編で
子供が小さい頃に肩叩き券をもらって、使ってないまま今まだある。という、ある母の話に、原西さんは「娘さんが結婚するときが来たら、結婚式前日に、その券を使ったら思い出に残る日になると思います。」と言っていたのが印象的でした。
Commented by tomotiyoo at 2017-05-03 22:05
ゆりこさん こんばんは

今月から地元の人革よかったね\(^o^)/
うまく 通勤時間などを 利用して お勉強 お勉強(^^♪

バカボンパパの病気で 輪が広がりつつあります
宿命を使命に ですね

家の事 私も祈るよ
東京大勝利も よろしくね(o^―^o)ニコ
Commented by tomotiyoo at 2017-05-03 22:07
Tommyの仏壇 さん 有り難い事です
先日も 東北から 関西の方まで いらしてました
無事故を祈ります
おかえりになりましたら よろしくお伝えください
Commented by tomotiyoo at 2017-05-03 22:11
凡ちゃん こんばんは

ラジオ聞いてないけど よさそうですね

肩たたき券 懐かしいな~
私は 軽かったので 背中に乗ってあげました
嫌々やった時 骨を折ってしまいました (´・ω・`)ショボーン
まぁ 今 信心で頑張っているから 許してもらえるよね\(^o^)/
Commented by Tommyの時計 at 2017-05-04 06:02 x
皆さんお早う御座います。
経も一日頑張りましょう。
経からオらは仕事
はじめます。
Commented by tomotiyoo at 2017-05-04 06:42
Tommyの時計さん おはよう
ちよの目覚ましも 今日からお仕事 お仕事
はじめます 南無妙法蓮華経
Commented by ハピネス at 2017-05-04 06:42 x
おはようございます。
はじめます。
南無妙法蓮華経
Commented by Tommy at 2017-05-04 07:15 x
ありがとうございました。
Commented by ハピネス at 2017-05-04 07:50 x
ありがとうございました。m(_ _)m
Commented by tomotiyoo at 2017-05-04 07:51
ありがとうございました
Commented by tomotiyoo at 2017-05-04 07:59
3人で はじめます
南無妙法蓮華経
Commented by tomotiyoo at 2017-05-04 09:08
3人揃って ありがとうございます