真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

2013年 10月 27日 ( 2 )

自己紹介

遅れましたが、簡単に自己紹介したいと思います。
東京生まれの東京育ち。
でも、江戸っ子ではないんです。(たまにエロっ子?)
ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の養父と2人暮らし。
バツイチ。子供なし。
不可能を可能にする信心で、親子で喧嘩しいしい、活動しています。

テンプレート どうしてう○こ?って
ホントはキティちゃんが大好きなんだけど、出てこなくて、これを見た時、「私にぴったり」ってそう思いました。
昔友達にもらった、まことちゃんのコーヒーカップ。
中にう○こが入ってて、とっても気にいってました。
母が、旅行のお土産に買ってくれた灰皿は、和式トイレの形。
ふたがついてて、やっぱりなかには、う○こが・・・・
目標ははっきり 信心はスッキリ
スッキリすること、大事ですよね

自称 永遠の未来部。
そして、元不良学会員。
好きな言葉 平和、同苦、友情
好きな動物 猫
好きな御書 書ききれません

今は、まともな学会員目指しています。
こんな変わった私だけど、これからも宜しくお願いします。
[PR]
by tomotiyoo | 2013-10-27 22:56 | Comments(2)

聖教新聞PR版より

「未来を常に見つめて進むのだ
人生は過去に囚われるものではない。
いな
囚われてはいけない。」

池田先生の言葉に、今日も勇気づけられる


特集はいじめと向き合う

私の、大好きな夜回り先生こと水谷修さんが載っていた
友人にあげてしまったので、手元にないが、「いいんだよ」という本がとってもよかった
水谷さんの講演で購入したものだ。
彼の講演は、涙なしでは聴けない。
以前夜の街で知り合った少女たちを思い出すからだ。
病院の近くで、彼女たちと出会った。
入院患者もいるし、ここでしゃべってたら、迷惑になるよ。
よかったら、うちに来ないかと、話しかけた。
素直に私の誘いにのった彼女たち。
当時、我が家は個人会館をやっていた。
その一室に、彼女たちを連れてきた。ただ、話がしたかった。
1人の少女が言う。おばちゃんとこ、学会だね。うちもそうだよ。
聴くと、中学の時の同級生で、全員高校生だと言う。
夜中の2時過ぎである。
家には居場所がないのだと。
そして、1人の少女には、リストカットの痕が。
私は、何も言わず彼女を抱きしめた。
生きてね。何があっても、生き抜いてね。
あえて名前も聞かなかった。今はどうしているかわからない。
もう一度会えたら言いたい。
おばちゃん 元気で生きているよ。と
[PR]
by tomotiyoo | 2013-10-27 00:00 | Comments(2)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ