2013年 11月 20日 ( 2 )

誕生日

おめでとうくれた方々 ありがとーーーーーー

いつものように、御書を読んでいると、母から電話が
「おめでとう 何が欲しい?」
「笑顔が欲しい」
「なにー?」ちょっと耳が遠いい。
「え が お」
「アハハハハ」
「来月、M子の、お祝いを一緒にしてくれればいいよ」
「わかった」
というわけで、M子は、もう、任用試験に受かったつもりで、お祝いしてと、私におねだりをしているのである。
母はと言えば、去年の本尊お取替えのお祝いをまだしてあげていない。(M子は、遠隔地です)

今日、御書を読んで、感じた事(如説修行抄P504)

なんじら いかばかり うらやましく おもわんずらん いちごを
汝等何計うらやましく思はんずらん、一期を
すぐることほども なければ いかに ごうてきかさなるとも
過ぐる事程も無ければいかに強敵重なるとも・
ゆめゆめ たいすることなかれ おそるるこころ なかれ たとい
ゆめゆめ退する心なかれ恐るる心なかれ、縦ひ
くびをば のこぎりにて ひききり どうをば ひしほこをもって
頚をば鋸にて引き切り・どうをばひしほこを以て・
つつき あしにはほだしをうって きりをもって もむとも
つつき・足にはほだしを打つてきりを以てもむとも、
いのちのかよわんほどは なむみょうほうれんげきょう
命のかよはんほどは南無妙法蓮華経・
なむみょうほうれんげきょうと となえてとなえ しにしぬるならば
南無妙法蓮華経と唱えて唱へ死に死るならば
しゃか たほう じゅっぽうのしょぶつ りょうぜんえじょうにして
釈迦・多宝・十方の諸仏・霊山会上にして
ごけいやくなれば しゅゆのほどに とびきたりて てをとり
御契約なれば須臾の程に飛び来りて手をとり
かたにひきかけて りょうぜんへ はしりたまわば にせい にてん
肩に引懸けて霊山へ・はしり給はば二聖・二天・
じゅうらせつにょは じゅじのものを ようごし しょてん 
十羅刹女は受持の者を擁護し諸天・
ぜんじんは てんがいをさし はたをあげて われらをしゅごして
善神は天蓋を指し旛を上げて我等を守護して
たしかに じゃっこうどの ほうせつへ おくりたもうべきなり
慥かに寂光の宝刹へ送り給うべきなり、
あらうれしや あらうれしや
あらうれしや・あらうれしや。

昔、聖教新聞に、仏法ではうらやむと言う言葉はないと、書いてあったように記憶している。
でも、その当時の私は、人を羨んでばかり。
そして今日「うらやましく」って書いてあるー。
でもそのあとがすごい。
何があっても南無妙法蓮華経だって。
うんうん 私も嬉しい.
そんな1日でした。
[PR]

by tomotiyoo | 2013-11-20 23:55 | Comments(19)

座談会 楽しかったよ

昨日は、友人Sさん宅で、座談会。
まずは、歌
養父と二人で、ふみきり超えてを歌いました。
ネットで知り合った、友人が、ユーチューブで載せてくれている、私が作った昔の地区歌です。
その後、創価ネットの、ロートブラッドさんの動画。
そして、お茶とお菓子で、懇談。
次回は、出向いてくれると、言ってくれました。
楽しかったよ。
応援のお題目 ありがとうございました。

※「ジョセフ・ロートブラット(Sir Joseph Rotblat, 1908年11月4日 - 2005年8月31日)は、ポーランド・イギリスの物理学者で平和活動家。

ポーランド生まれ。ワルシャワの実家はポーランド全国で荷馬車運送業を営んでおり裕福であった。彼は大学入学資格(バカロレア)を取得していなかったが、入学するのに大学入学資格の必要のないポーランド自由大学へ入学し1932年に物理学の修士号を取得、後にワルシャワ大学に移って1938年に物理学の博士号を取得し同大学物理学科フェローとして勤務。
1935年に死去していたマリア・スクウォドフスカ=キュリー博士(キュリー夫人)のポーランド関係者のパリにおける人脈とリヴァプール大学のジェームズ・チャドウィック博士の口利きにより、1939年春よりサイクロトロン研究のためパリに滞在。ロートブラットはポーランドに大型サイクロトロンを建設する構想を練っていた。パリ滞在中にナチス・ドイツがポーランドに侵攻したため故郷へ戻れなくなった。たまたま病気のためパリへ同行できずワルシャワに残っていた婚約者の女性はナチスに虐殺され、ロートブラットは一生独身を通した。後にイギリス国籍を取得した(ポーランドとイギリスの二重国籍)。ラッセル=アインシュタイン宣言に署名した11人の科学者の一人であり、パグウォッシュ会議の会長を務めた。

マンハッタン計画に参加したが、ナチス・ドイツに原爆の開発能力がないことが明らかになると、原爆開発はもはや不要であるとして完成前に脱退した

1995年にパグウォッシュ会議と共にノーベル平和賞受賞。

彼は生涯自らポーランド人であるという意識を強く持っており、亡命ポーランド人たちのコミュニティーに暮らしてポーランド語を話し、自らのことを「私はイギリスのパスポートを持っていますが、ポーランド人です。」と言っていた
ジョセフ・ロートブラット(Sir Joseph Rotblat, 1908年11月4日 - 2005年8月31日)は、ポーランド・イギリスの物理学者で平和活動家。


彼は生涯自らポーランド人であるという意識を強く持っており、亡命ポーランド人たちのコミュニティーに暮らしてポーランド語を話し、自らのことを「私はイギリスのパスポートを持っていますが、ポーランド人です。」と言っていた

著書(邦訳)
『地球平和への探求』(共著:池田大作、潮出版社、2006)」
ウィキペディアより
[PR]

by tomotiyoo | 2013-11-20 00:12 | Comments(15)