2013年 11月 26日 ( 1 )

受け取り方は、それぞれ

10月17日の名字の言 抜粋
「自分が思ったことを、他者も同じように受け取るとは限らない。
小さな意識の差が、やがて、いさかいに発展する場合もある。
事を大きくした原因の一つは、対話の欠如にあろう
真情を率直に語り合う言葉の不足は、理解の芽を摘み、猜疑心を育て、人間不信へとつながる
腰を据えて、思いを言葉にする。
そこに信頼は生まれる。」と

私の思いを、文章に託しているつもりではいるが、どれだけ伝わっているのかは、コメントでしか、知りえない。
私は、基本、会うことが大事だと思っている。
でも、会えない人もいる。
メールが、うまく届かない場合もある。
ブログをはじめて、友情の輪が広がった。
旅行も、諦めかけていた私だったが、また、どこにでも行こうと思えば行けるような、境涯になりたいと思った。
私自身、ひきこもり気味の頃、あるブログに大きな希望をもらった。
今は、更新されていないようだが、そこには、先生の詩が、たくさんあった。
どれだけ、励まされたことか・・・
今でも感謝している。
私も日々励ましを贈れる自身でありたいと思う。
[PR]
by tomotiyoo | 2013-11-26 13:33 | Comments(6)