真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

2013年 12月 29日 ( 1 )

カナダ

「1993年秋、池田先生は、モントリオールと、バンクーバーを訪れ、語る。
「美しいモントリオールに来てから、私は、写真も撮りました。
詩も浮かびました。
そして、おいしい空気もただで、いっぱい吸わせていただきました。
こんないい空気を吸っていれば、皆さんの頭脳が、すっきりと聡明であることも、当然だと分かりました。
何があっても楽しめる境涯。価値的なものの見方と知恵。
すべての悩みを打開していける力。それは「自分自身を磨く」ことで開かれる。
それが「人間革命」である。それが、「一念三千の実践」である。
カナダの皆さまは、どうか、だれよりも「聡明な人生」即「幸福な人生」となっていただきたい。
何があっても動じない、何があっても揺るがない。その人が王者なのである。
世界各国から、移民が集まり、多様な人々が暮らす、バンクーバー
池田先生は、詠(うた)った。
「いずこより 使命のままに 来(きた)りたる
  バンクーバーの 同志の強さよ」
バンクーバー宣言。
“快活に愉快に生きよ”
“誇りを持って生きよ”

「一人一人皆、個性がある。考え方も違う。文化の背景も違う。
習慣も違う。そうした差異を乗り越えていくには、まず、人間として、おたがいに仲良くなっていくことである。」
「法と言っても、人の振る舞いにあらわれる。
まず、人間として心を開いて、友情を結んでいく。そこから、「法」への
理解も生まれ、共感が広がり、信頼が深まる。
絶対にあせる必要はない。心広々と、悠然たる前進をお願いしたい」と
12/16・ 12/24・ 12/28 の聖教新聞より

私は、カナダへは、10年ぐらい前の夏、ニューヨークから、バスでナイアガラの滝を見に行きました。
夜は、スカイロンタワーに上り、昼間は霧の乙女号に乗りました。
今、トロントは、アイスストーム(氷雨の嵐)で、ちょっと大変な状況になっているようで、停電するところもあるようです。
最高気温マイナス12度で、太陽が出ると樹氷がキラキラ光って綺麗だそうです。
世界は広いけど、ネットがあれば、繋がれるね。
[PR]
by tomotiyoo | 2013-12-29 00:00 | Comments(20)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ