真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

2014年 01月 04日 ( 1 )

平和

映画「永遠の0」を見たというコメントをいただき、私は、見ていないのですが、平和を考えるきっかけになればと思い、記事にします。

「今、世に騒がれている核実験、原水爆実験にたいする私の態度を、本日、はっきりと声明したい」「私の今日の声明を継いで、全世界にこの意味を浸透させてもらいたい」「核あるいは原子爆弾の実験禁止運動が、いま世界に起こっているが、私はその奥に隠されているところの爪をもぎ取りたいと思う」「われわれ世界の民衆は、生存の権利をもっております。その権利をおびやかすものは、これ魔ものであり、サタンであり、怪物であります」「(この)思想を全世界に広めることこそ、全日本青年男女の使命であると信じるものであります」と高らかに宣言しました(創価ネットより)
皆さんも、よくご存知である、戸田先生の原水爆禁止宣言です。

第三文明 1月号P52~
核時代平和財団会長 デイビッド・クリーガーさん

「核兵器廃絶のためになぜ活動をすべきかの12の理由
①私たちは、世界を変えることができる
⑥私たちは、核兵器によって引き起こされる全面殺戮(さつりく)の脅威を終わらせることができる
⑧私たちは、人間の慣習ともいうべき戦争を起こさない方向へ導くことができる
⑩わたしたちは、思いやりを行動に、そして行動を思いやりに込めることができる
⑫私たちは、核兵器廃絶を達成し未来の人たちへ安全な世界を残すことができる

あなたの選択

残酷な戦争に対して
あなたは声を上げたことが
ありますか

人間は選択する力を持っています
みなさんは、その選択をしたことが
ありますか

今までそうではなかったかもしれない
でも、これからはそうであって欲しい

私たちは共に世界を変えることができる
あなたはその選択をしたことが
ありますか」


もし私が、創価学会の信仰をしていなかったら、戦争を「仕方がないこと」と思っていたかもしれない。
私は、過去、自分自身の事を、「暴力的な平和主義者」と呼んでいた
そんな事は、あってはならないのだ。
言葉と行動が、一致しなくては、誰からも信用されない。
私自身が変わること。
そして、信頼される人になること。
まずは、これを目指そうと思う。

私にできる、平和は何か?
一人一人が、考えるきっかけになれば、幸せです。
[PR]
by tomotiyoo | 2014-01-04 00:00 | Comments(98)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ