2014年 02月 19日 ( 1 )

同盟題目

是非読んでいただきたいブログの記事があります。
読んで、いいと思ったら、右側の創価学会と言うところをプチっと押してください

http://blog.livedoor.jp/ukifune1966/archives/37098062.html

私は、このブログの 新着記事が入った時は、いつも見させていただいてます。
いつも なるほど と思っていますが、今回は特に、同感できる内容でした。

私は、以前、同盟題目なる物は、信じていなかったんです。
なぜなら
答えは簡単。
自分がやっていなかったから・・・
私が、最低の人間だった時、こんな事がありました。
私が、折伏した人の奥さんは、まだ未入会で、心臓の大きな手術を受けることになる。
支部で、手術中、唱題会が行われた。
私も、会社を早退し、唱題会に参加した。
そのときの私の心のつぶやき。
私が出ないと、カッコつかないよね。
ひどいでしょ。
そういう奴なんです。私。
だから、本気で人を思って、お題目をあげた事なんて、あまりなかったんです。
ある日、いい先輩にめぐり合いました。
彼女は、お題目の人。
朝から晩まで忙しい中、年に何回か、10時間唱題をするそうです。
おととしの2月、地区で10時間唱題をしました。
その時彼女は、私が、お昼ご飯に誘ったので、その時間だけは、席を立ちましたが、それ以外は、ずっとお題目をあげていました。
そして、もう一人。
いつもおとなしくて、いるのかいないのか、分からないぐらいの、私より少し年下の婦人部さん。
当日、風邪を引いてて、顔を赤くして、皆がもう帰って寝なといわれてもがんばって、9時間座りっぱなしでした。
すごーい、
へー。この地区って、すごい人がいる。
先生も、お題目を上げた人にはかなわないって、おっしゃっているけど、ホント、かなわないって 思いました。
私も、随分と祈られてきたのだろう。
そしていつからだろうか?
人のことを、真剣に祈れるようになったのは・・・
だから、今は、自信をもって言えます。
「あなたの事、祈ってるよ。」って。
[PR]
by tomotiyoo | 2014-02-19 00:00 | Comments(53)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ