真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

2014年 03月 13日 ( 1 )

風の強いある日の事。
どこにも行けそうもないし、こんな日は、電話でご機嫌伺いでもと思い、携帯を取り出した。
「あ」 「い」 と、なり、久々 ここに電話してみよう。
バカボンパパが、まず話す。
○○ちゃん 元喜?
今どこに住んでるの?
へーそうなんだ
仕事は
ふーん がんばってるね 
また今度ゆっくり会おうよ

ちょっと代ってよと私

もしもし ○○ちゃん 元喜そうだね
ご本尊様は、ちゃんとしてるの?
あーそう 安心した
会合は出てる?
そう がんばってるんだ
じゃあまたね

と、電話をきった。

ちよ)○○ちゃん 何の仕事してるって言ってた?
バカボンパパ)保険だって
ち)えー あの○○ちゃんが保険?
 さっき、信濃町がどうとか言ってたけど
バ)仕事場が、信濃町だって
ち)やだー それって、○○さんじゃないの?
人違いだよー

慌てて、電話をかけなおす。
ち)ごめんなさい 同じ名字の人がいて・・・すっかり、昔の、部員さんと間違えました。
○○さん)いえいえ 激励のお電話いただいて ありがたかったし、嬉しかったです。

この方、以前都議選の際に、千葉県から応援で来て頂いた幹部の方でした。
選挙を頼みに、飲み屋さんにも、付き合ってくれました。
ご本尊様ちゃんとしてるかなんて、普通聴きませんよね。
その方、相変わらず元喜そうで、ちよちゃんらしいなと思って、話してました。だって。
今となっては笑い話だけど、超恥ずかしかったです。
久々に思い出したから、また電話してみよう。
[PR]
by tomotiyoo | 2014-03-13 05:00 | Comments(79)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ