3月16日は「広宣流布記念の日」です。
1958(昭和33)年のこの日、戸田第二代会長のもとに、男女青年部の精鋭6000人が集って「広宣流布の模擬試験」と呼ばれる式典が開かれました。
前年の暮れ、生涯の願業である会員75万世帯を達成した後、病の床にあった戸田第二代会長が、池田名誉会長(当時、青年室長)に「将来のために広宣流布の模擬試験、予行演習となる式典をしておこう」と提案して行われたのが、この式典でした。
これは、広宣流布の後事のいっさいを、次代を担う青年たちに託すために、広宣流布の成就を想定した模擬的な儀式を行うことを意味していました。

バトンを青年部に託す
12時40分、池田室長の司会で、式典が始まりました。 戸田会長は、急の知らせを受けて全国から馳せ参じた6000人の青年に対し、「われわれには広宣流布を断じてなさねばならぬ使命がある。それを今日、私は君たち青年に託しておきたい。未来は君たちに任せる。頼むぞ広宣流布を!」と叫びました。そして「創価学会は、宗教界の王者であります」と、戸田会長が生涯をかけた広宣流布の勝利の宣言をしました。式典は、戸田会長が、広宣流布のバトンを青年たちに託す儀式となったのです。
池田名誉会長は、「3.16」の意義について、次のように語っています
「3.16は、師から弟子への『継承』の日であり、『後継』の弟子が立ち上がる日である。その意味で、この日は、永遠の『出発』の日である」
(創価ネットより)

http://www.youtube.com/watch?list=RD2z3KiZyRdlc&v=2z3KiZyRdlc

携帯の無い時代、電話すら各家庭には、普及していなかったであろう。
貧乏人と病人の集まりと揶揄されていた学会員が、全国から集まるという事は、大変な事であったと思う。
師匠の下にはせ参じる、それこそが、学会魂というものではないだろうか。

わが地区では、この儀式に参加した方が、1名いらした。
その方は、元喜に、今も、折伏精神満々で、一昨年、元小学校の教師の方を、折伏されている。
折伏が、楽しくて楽しくて仕方が無いという、そのご婦人は、生涯青春である。
私も、年は老いても、「私達青年は」と、後継の人たちと共に、学会精神を学び合いたいと思う。
[PR]
by tomotiyoo | 2014-03-16 07:33 | Comments(72)