2014年 04月 03日 ( 2 )

夢をかなえよう

毎日の、お題目の報告に、嬉しいやら、心配やら
体だけは大事にしてくださいね
無理のないように・・・って

でも、それは間違い
どんなに辛くても、題目をあげきっていけば、必ず体も心も丈夫になるよ
無理と、顔晴るのは違うけど、みんなそうやって結果を出してきたんだもん

人生には、大きく変わる時が必ずある。と池田先生
今は大変かもしれないけど、大きく変えてくださいね
私も、そうしていきます
[PR]
by tomotiyoo | 2014-04-03 21:25 | Comments(32)

青春桜

http://www.youtube.com/watch?v=Q6U1R39EUfA

青春桜
作詞 :山本伸一・原治子
■作曲 :野田順子

一、ああ新世紀 時来たる
今ひらけゆく 金の道
春の曙 創価山 創価山
私のあなたの 青春桜

二、ああ黎明の 時今に
花の嵐に いやまして
天地に舞いゆけ 共々に 共々に
朝日に光れ 青春桜

三、ああ満天に 星仰ぎ
あなたと語りし あの誓い
いかに忘れじ この道を この道を
手に手をとりたる 青春桜

四、ああわが使命 果たさなん
集いて来たれ 生々の
永遠(とわ)の都に 爛漫と 爛漫と
※ 薫れ生命の 青春桜
(※以下くり返し)

何度も何度も、歌った歌である。
自分の使命を、自覚した歌である。

1978年(昭和53年)3月16日、立川文化会館で開催された「3・16」20周年を記念する青年部総会の席上、新女子部歌として発表された。
第一次宗門事件の暗雲が立ちこめ、僧侶の一方的な嫌がらせが始まっていた。
私が、高等部のころ常泉寺では、1階ロビーに1冊のノートが置かれていた。
その中には、池田先生への、中傷などが書かれていた。
法華講によるものだと思っていた。
私は、ペンで、応戦した。
まだ、学会と宗門に、何が起こっていたのか、私は分からなかった。
まさか、住職が、先生の恩を、仇で返すと言うような事をするとは、私には、想像がつかなかった。

そして今、世界広布新時代開幕の年を迎えた。
未だに、宗門からの縛られた信仰をしている方も、いるのであろうか?
私達は、自由を勝ち取ったのだ。
旧時代閉幕の人は、このブログにはいませんよね。(笑)
[PR]
by tomotiyoo | 2014-04-03 06:32 | Comments(47)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ