真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

2014年 04月 15日 ( 1 )

”ダメだと思いながら信心を疑ってしまう事があります”と言う人に池田先生は━。
「大疑(大いに疑う事)は大悟(はっきりと理解する事)に通ずる。
”なぜ?と疑って”、実践し結果を見て、”確かだ!”
”大丈夫だ!”といって進んで行くのでしょう。
それをもって、分かっていくのではありませんか。
疑うこと自体は結構です。
煩悩は疑いですもの。
そこに、信心と実践があれば煩悩即菩提です」と指導した。
(2013年12月大白蓮華より)

私の先輩にも、かつて、「いつか化けの皮をはがしてやろう」、なんて、悪い事を思いながら、気がついたら、信心50年経っちゃった なんて人がいました。
その間、功徳も罰も、色々経験したようですが、自分自身が変わっていく様子を、周りの人は、ビックリしていたようです。

私自身は、ご本尊様を疑うことって、あんまりないんですね
というか、疑ってないってそう、思っていたんです
でも、時として、私には無理 できない そんな時があります
それって、それって、卑下だよね
卑下は仏法への違背
胸中の仏界への冒涜
ドキッとします
信じているつもり、やっているつもり
そんな落とし穴があるんですね
祈って祈って”できる”って、確信するまで祈りぬこうと思います
[PR]
by tomotiyoo | 2014-04-15 13:32 | Comments(7)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ