真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

2014年 05月 16日 ( 1 )

「 ある意味では、『人間』とは、反省する動物とも言われるように、生きることの意味を問う動物であると表現することもできます。
一方では、日常生活のサイクルに身をゆだねながらも、他方では、そこに空しさを感じ、より自分を生かす道を考えるものです。

向上する意欲は、この「反省」という素朴な態度から、生まれるのではないでしょうか。
反省は、決して後悔や懐古趣味(かいこしゅみ)ではありません。過去を過去として振り返るのではなく、明日を開く自分自身を、みつめることです。

江戸時代中期の碩学(せきがく)である佐藤一斎の言葉に「春風を以って人に接し、秋霜(しゅうそう)を以って自ら慎(つつし)む」という有名な一句があります。
自分に対する厳しさを教えた名言であり、私も、この文句が好きです。
多少、道徳めいていますが、現代の慌(あわただ)しさのなかに、盲点となっているものを鋭く突いているように思えてなりません。

自分を見つめるということは、本当に、こわいことかもしれません。
むしろ、自分の心には帷(とばり)をおろして、なるべく自分でも見えないようにするほうが安心でもありましょう。
その間に、いつか若々しかった心も錆びついてしまい、醜いものとなっているものです。

たとえ、どんなにいそがしくとも、勇気のいることであっても、自身を反省し、磨いていく心のゆとりだけは、もちたいものです。

P454〜455より抜粋」

怖い怖い
[PR]
by tomotiyoo | 2014-05-16 00:00 | Comments(34)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ