2014年 06月 05日 ( 1 )

打ち出の小槌

随分前の話だが、ご本尊様を 打ち出の小槌になぞって 話をした人がいた。
二束三文の土地が、再開発などによって高く売れたとか、宝くじが当たったとか。
そんな話を聞いた母は、うちの打ち出の小槌は、どこにいちゃったのかしら?なんて馬鹿な話をしていた。

かつてドラマの中でつぶやいた言葉。
人の幸せを他人の尺度で測るな。
うまい事を言うもんだと思った。
ついつい言ってしまう事。
こうすれば ああすれば。
大きなお世話なのにネ。
桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿。

桜梅桃李。
個性を最大に生かしながら、生きていきたい。
[PR]

by tomotiyoo | 2014-06-05 00:00 | Comments(18)