真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

2014年 07月 27日 ( 1 )

新しい世紀を創る青年の熱と力

総東京創価青年大会の最大の眼目は、池田先生の世界を継承する誓願でありました。
弟子の戦いに、池田先生はもったいなくも国技館視察という形で応えて下さいました。

その日は7月12日。

奇しきも57年前に事実無根の冤罪により大阪の地で拘留されていた先生の即時釈放を求めて、
約4万人が集った「炎の東京大会」と同じ日でありました。

4万人の青年が歓喜と誓いの歌舞

総東京創価青年大会に集った若人も実に4万人。

この不思議な一致を師匠は「総東京青年部の日」として 刻んでくださいました。
悪しき権力との闘争は青年部の永遠の使命であり、師匠を求める中でこそ、
本物の人材が躍り出ると確信します。

毎年巡り来る「7.12」

この日を自身の原点の日と定め、生涯に渡って師弟勝利の人生を全うしてまいりましょう!」

(総東京創価青年大会通信より)


青年大会の中で 一番心に残った言葉

誓いは果たしてこそ誓いである


私の女子部時代。
墨田区女子部に先生が揮毫してくださったのが

「誓光」

青年大会の中で 歌われた歌が大いなる希望。



大いなる希望 はここをクリック

わが墨田では 174人がこの大会に出演。
華陽リーダー120人が折伏の活動。
墨田区全体で、100世帯の弘教が実り全国第一位。
7.12が
「新時代 墨田青年部の日」 となる
[PR]
by tomotiyoo | 2014-07-27 00:00 | Comments(22)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ