2014年 07月 30日 ( 1 )

「世界一の生命哲学を学ぶ」

王地に生れたれば身をば随えられたてまつるやうなりとも
心をば随えられたてまつるべからず
撰時抄P287

ユネスコが「世界人権宣言」(1948年)の20周年を記念して編纂した「語録 人間の権利」にも
収録されています。

たとえ、この身が従えられようとも、わが正義の心は断じて従えられることはない━命をとして
民衆救済に立ち上がられた大聖人の戦う魂は、いかなる権力をもってしても、押さえつけることはできなかったのです。

池田名誉会長の指導から
たとえ一時は権力の鉄鎖に縛られるように見えても、不撓不屈の闘争を貫き通す。
最後には、いかなる鉄鎖も断ち切って、この現実世界に生命の勝ち鬨をあげる。
(「大白蓮華2010年8月号「勝利の経典「御書「に学ぶ」)

初級試験の範囲でもありますね

私のように 自由人に見えても 過去 それなりに随えられると感じる出来事はありました
そして 自分で自分を縛ってしまうような事
させられ信心も そんなところかもしれませんね
信心は あくまでも 権利
一番苦労した人が一番幸せになれる信心
さあ 今日も張り切っていくよ



[PR]

by tomotiyoo | 2014-07-30 00:00 | Comments(14)