2014年 10月 22日 ( 1 )

下から上を動かせ

これが牧口先生の指導であった。
先生は、強大な国家権力に対して、堂々と主義を主張された。
「下から上へ」変革の波を起こす。
これが民主主義である。
妙法の世界である。
皆、同じ人間だ。
生命は平等に尊い。
正義にに生きる庶民こそ、真の王者なのである。
(師弟の宝冠より)

牧口先生の事は このブログに詳しく載っています
ここをクリック

牧口先生の 死身弘法の戦いがあったからこそ 今 創価学会は 盤石なものとなっている
一方 宗門側は 権力の弾圧を恐れ『神札を受けるように」と言い渡す。

私が好きな牧口先生の言葉は
「よいことをしないのは悪いことをするのと、その結果において同じである」
です
最高のよいことは 折伏
折伏をしないのは 悪いことをするのと、その結果においては同じである とも 捉えられる
さぁ 折伏をしていこう!
[PR]

by tomotiyoo | 2014-10-22 00:00 | Comments(29)