2014年 11月 09日 ( 1 )

①白か黒か両極端で考えてしまう。

自分の置かれた状況は、「良い」と「悪い」の2種類しかないと

考えてしまう状況です。

選択肢がほかにあることに気がつきません。


②悲観的

将来について悲観的な見方しかできません。

絶対に悪いことが起きると考えています。


③ポジティブなことに目をつぶる

自分の過去の数々の成功体験を否定する。


④証拠を見ないで感覚に頼る。

うまくいったという証拠があるのに、

なんだかダメなような気がして、

ついにはダメなんだと思い込んでしまいます。


⑤レッテルを貼る

自分や他人に確証もないレッテルを貼り、

そういう人なんだという思いで凝り固まってしまいます。


⑥過大・過少評価をする

自分や他人を評価するときに、

ネガティブな点を過大評価し、ポジティブな部分を

過少評価してしまいます。


⑦自分の認識にフィルターをかける

全体を見ないで、小さなミスにばかり注目してしまいます。


⑧他人の考えを邪推する

まわりの人が考えていることを、

自分の思い込みだけで信じてしまいます。


⑨個人的な問題として受け止めてしまう

相手の行動がネガティブなのは自分のせいだと

思ってしまいます。


⑪しなければならないと思いがち

自分や相手の行動や意見に対して、

こうあるべきとか、こうしなければならないという

強い観念を持っています。


⑫悪いところしか見ない

自分は暗いトンネルの中にいて、

なかなか光が見えないと思ってしまいます。

昔の私 ほとんど あてはまっていたような・・・
人は 変われますよ
今は 暗いトンネルの中でも 出口の無い トンネルはありませんから


[PR]
by tomotiyoo | 2014-11-09 00:00 | Comments(11)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ