2014年 11月 12日 ( 2 )

女子部の日 おめでとう

時代は違うけれど 女子部のお手本のような人が 昨日の聖教新聞に載っていた方だ
生命の恋人たちを 抜粋してみようと思う
P135
「つまり彼女は、ものごとをつとめて明るく解釈する。
生きていく上で暗い壁にぶつかっても、必ず光のさす面を見つけだす。
障害の中から突破口を、絶望の中から希望を、制約のなかから可能性を、いつもうつむかずに
探りあてるのである。
 一見、それはただの楽天家の生き方と似ている。が、彼女は決して楽天家ではない。
計画のたて方は細心で綿密だし、その実行は一分のすきもなく運ぶ。
だから生まれつきのんきな性格というのとは全然違う。
むしろ本来はそれと逆の性格を、身につけた明るい哲学が支えているのだ。 
 いいかえれば、「明るく変わった」のではない。
自分で自分を「明るく変えた」のである。
生きるよろこびは自然に内面からふきだしたのではない。
彼女はきびしい思索と実践によって、生きるよろこびがたたえられている内面の鉱脈、
人によっては一生気づかずにすごす自分自身のなかの泉を、ついに掘り起こすことができたのである。」

私にとって 一生涯のお手本の人だ
ちっとも近づけないけれど 目標は高くてもいいよね

私の去年の記事は ここを クリック

女子部の人は あまり見ていないかも知れないけれど わが青春に悔いなしと思える
女子部時代を送っていただけるよう 心から祈ります
[PR]

by tomotiyoo | 2014-11-12 07:17 | Comments(38)

相談

Commented by saki at 2014-11-12 07:00 x

おはようございます
皆様に相談があります



私にはお付き合いして1年二ヶ月になる自営業の彼56歳がいます。バツ2、1番下の息子が5歳、元奥さんが息子を引き取ってます。このような事情から、彼は結婚や事実婚ができないそうです。事情を知らずに付き合いはじめたので、この問題でとにかくケンカを繰り返してきました。私の地獄界の命が爆発、彼の友達ともケンカし、彼の友達付き合いに参加できなくなりました。
9月末に100万遍を達成してから、彼の友達とのケンカ半年、きれいに解決しました。

それと同時に、職場の上司から結婚前提の交際を申し込まれ、専業主婦が理想らしく、俺のご飯を作って待ってて欲しいと言われました。私の家のローンの話も、奥さんの家のローンを払うのは当然とのことで。
彼がいる話はしましたが、結婚できない状況。上司は自分との事を考えて欲しいと。

そして、彼に正直に報告しましたが、結婚の約束も事実婚の約束もしてくれません。
それでも、3年後ぐらいには一緒に暮らす事を目標にする約束になりました。
今は別れたくない気持ちはわかりますが、できない約束はしない。気持ちを汲み取ってくれませんでした。

天秤状態、ゆれてます
そして昨日、上司に
私は創価学会だから、いづれは創価学会の活動を一緒にしてもらえる人と一緒になりたい。
今の彼は創価学会嫌い、でも何年かかっても説得はする気持ち。
あなたが創価学会を知り、いづれは入会し一緒に活動してくれるなら彼と別れることにしたい
大まかに創価学会の事を説明しました。

上司は今の時点で創価学会の件は理解したとのこと。
もっと創価学会の話は聞きたいし、考えたいと言いだしました。

、、、
一緒になれない創価学会嫌いの彼

結婚前提の創価学会理解に前向きな上司

どうしたらいいかわからなくなりました。

皆様の意見、お願いします。
[PR]

by tomotiyoo | 2014-11-12 07:16 | Comments(60)